月別アーカイブ: 2016年1月

カザグルマに希望が見えた

今日は絶滅危惧植物カザグルマの保全について考える公開報告会「カザグルマを守る~関東圏のカザグルマはいま・・」を博物館で開催しました。 共催の公益財団法人相模原市まち・みどり公社と相模原のカザグルマを守る会のみなさんが午前 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | カザグルマに希望が見えた はコメントを受け付けていません。

職業体験(相模原中等教育校)

1月27日から今日、29日まで県立相模原中等教育学校の2年生4名が職業体験に来ていました。学校利用の対応や、エントランスの展示物の撤去作業など力仕事も体験。 生物資料の取り扱いでは、恒例の植物標本のマウント作業を植物調査 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 職業体験(相模原中等教育校) はコメントを受け付けていません。

関東圏のカザグルマは、いま

相模原にゆかりのある園芸植物クレマチスには、いくつかの原種が知られています。その中でも大輪の形質のもとになっていると言われるのが、日本在来種のカザグルマ(学名Clematis patens C.Morren et Dec … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ | 関東圏のカザグルマは、いま はコメントを受け付けていません。

大阪の底力と展開力を見る

今日は昨日の兵庫ひとはく(人と自然の博物館)に続き、大阪市立自然誌博物館を訪ねました。 ここは市民のパワーと研究者のインテリジェンス、そしてNPOの組織力がガッチリと組み合わさってたくさんの刺激的な活動を展開し続けている … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 大阪の底力と展開力を見る はコメントを受け付けていません。

兵庫で研修

今日は兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく)で「自然史標本情報の発信に関する研究会 フリーソフト「R」を使った自然史情報の統計処理入門」というタイトルの研修会があり参加しました。 いかめしいタイトルですが、膨大な自然史標本 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 兵庫で研修 はコメントを受け付けていません。

砂を顕微鏡で見てみよう

今日は実習実験室で「砂を顕微鏡で見てみよう」を開催しました. ボランティアとして相模原地質研究会と相模原青陵高校地球惑星科学部の皆さんにご協力いただきました. 日本各地の砂やサハラ砂漠の砂,南極の砂など,32か所の砂を顕 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 砂を顕微鏡で見てみよう はコメントを受け付けていません。

繭うさぎづくり

今日の博物館はいろいろなイベントで大賑わいでしたが、その一つ、繭うさぎづくりが地階の大会議室で行われました。 市民学芸員のみなさんによる手ほどきでたくさんの方がチャレンジしてくれました。 自慢の作品と記念写真! 中身も欲 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 繭うさぎづくり はコメントを受け付けていません。

「火山灰コレクション」「大地のつくりと変化」展示解説

今日は,開館20周年記念展と学習資料展の地質分野の展示解説を行いました. 最初に,開館20周年記念展で展示されている「火山灰コレクション」の解説から始めました. 火山灰ごとに特徴が異なることを見ていただき,各地の地層に含 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 「火山灰コレクション」「大地のつくりと変化」展示解説 はコメントを受け付けていません。

飛ばしてみた!ミニサロン

昨日の予告どおり、今日の生きもの大好きミニサロンは風に乗って飛ぶ植物のタネを観察しました。 ニワウルシの果実(上の写真)は、高速でくるくると回転しながら落ちていきます。 トウカエデの果実は、種子を軸にヘリコプターのロータ … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 飛ばしてみた!ミニサロン はコメントを受け付けていません。

明日のミニサロンは・・飛ばします!

明日は毎月第四土曜日恒例の生きもの大好きミニサロンの日です。 でも、予報では雪かも! ということで、室内で実施します。こんな植物の・・ モデルをつくってみます。これは、ウリカエデの雌花です。 手元にウリカエデの果実の標本 … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ | 明日のミニサロンは・・飛ばします! はコメントを受け付けていません。