月別アーカイブ: 2016年4月

スズメとカラスの間のはずでは・・

春の河原や畑のまわりなどで並んで咲いていることがある、マメ科の野草。 花が1センチほどで大きめのカラスノエンドウ(別名ヤハズエンドウ)と、 3,4ミリメートルほどのスズメノエンドウ(下)です。 そしてこの2種の中間の大き … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | スズメとカラスの間のはずでは・・ はコメントを受け付けていません。

地質調査日誌4/24 山梨県山中湖村〜大月市

4月24日、日曜日。曇り時々雨。 山中湖と桂川の上流へ調査に出かけました.相模原地質研究会と首都大学東京の学生さんと一緒です. 山中湖は相模川・桂川の源流です. 山中湖の砂はほとんどが富士山の溶岩の破片でできているため, … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 地質調査日誌4/24 山梨県山中湖村〜大月市 はコメントを受け付けていません。

丹沢の麓

今日は相模原植物調査会のみなさんと、緑区の丹沢山麓へ絶滅危惧種の現況調査に行きました。沢沿いに山へ入ると、砂防堰堤の堆砂地に見事なカツラの木がありました。 スギの植林地を登り、目的の絶滅危惧種を探して急斜面をくまなく歩き … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 丹沢の麓 はコメントを受け付けていません。

エビネ見ごろです

博物館中庭に植えられているエビネが見頃です。 目立つところに咲くとあっという間に盗られてしまうため、自生のものはなかなか写真をアップできません。 博物館中庭のものは思う存分アップできます。 これから10日ほど、GWにかけ … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | エビネ見ごろです はコメントを受け付けていません。

タンポポ三昧

今日はお休みを利用して、緑区の藤野、相模湖方面へタンポポ調査に行ってきました。 この調査は、相模原市環境情報センターの自然環境観察員制度の全体調査で行われているもので、たくさんの調査員の方が担当を割り当てられて実施してい … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | タンポポ三昧 はコメントを受け付けていません。

新年度最初の生きものミニサロン!

今日は今年度に入って第1回目の生きものミニサロンを行いました。 嬉しいことにこのミニサロンのために来て下さった方、そして、これまた嬉しい、たまたま来館されて関心を持って下さった方と、楽しく濃密に自然観察しました。 まずは … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 新年度最初の生きものミニサロン! はコメントを受け付けていません。

河原の春

今日はお休み番だったので、相模川の河原へぶらりとお散歩しに行きました。 段丘崖の緑がとにかくきれいでした。 河原に多いヤナギが開花、結実して、柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる綿毛をたくさん飛ばしていました。春真っ盛りのしるし … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 河原の春 はコメントを受け付けていません。

鳥の羽根展に向けて4/21

今日は動物標本クラブの活動日でした。 そして同時に、「鳥の羽根 温かく、美しくまとうもの」に向けた準備作業も行いました。 これは、ハンズオン展示(触れる展示)のために、ヤマドリの本剥製を標本士のAさんに作っていただいてい … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | 鳥の羽根展に向けて4/21 はコメントを受け付けていません。

地質調査日誌4/20 相模原市緑区日連

4月20日、水曜日。晴れ。 昨日は相模原市緑区日連での調査でした. 小さな沢の中を礫岩と凝灰岩の分布範囲を調べるために歩き回りました. 写真の礫岩に見られる幾筋かの線は,断層運動により粉砕され粘土化された部分です.断層の … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | 地質調査日誌4/20 相模原市緑区日連 はコメントを受け付けていません。

オトシブミのゆりかご

博物館のコナラもすっかり展葉しました。 朝日を浴びて美しい新緑がまぶしく・・・ん?羽裏に何か黒いものが。 ぐーっと近づいてみると。 この特徴的な形は、ヒメクロオトシブミのメスです。羽裏に潜んでいることが多いのですが、日向 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | オトシブミのゆりかご はコメントを受け付けていません。