月別アーカイブ: 2018年4月

水仙の色をした鳥

博物館のまわりの樹林地にしかけてあるセンサーカメラのメンテナンスをしに入ったついでに、カメラを持っていきました。なぜなら、この鳥が朝からさえずっていたからです。 キビタキという鳥で、英名をNarcissus Flycat … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | 水仙の色をした鳥 はコメントを受け付けていません。

生きものミニサロン「葉っぱ工作を楽しもう」を実施しました

本日4月28日は、毎月第4土曜日恒例の生きものミニサロンを実施しました。今回のテーマは、こちらです。 「葉っぱが動物に変身!?葉っぱ工作を楽しもう」です。上の写真は、案内看板にはわせたシュロの葉のカタツムリです。 こんな … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 生きものミニサロン「葉っぱ工作を楽しもう」を実施しました はコメントを受け付けていません。

カザグルマが咲きました!

カザグルマ(キンポウゲ科)は、神奈川県内では横浜市と相模原市にしか自生地が残っていない絶滅危惧植物です。4月27日、市内の自生地の1カ所へ行ってみました。すると、ほかの花と同様に2週間くらい早めに開花のピークを迎えていま … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | カザグルマが咲きました! はコメントを受け付けていません。

今週土曜日は生きものミニサロンやります!

今週土曜日(28日)は、毎月第4土曜日恒例の生きものミニサロンを行います。 今月のテーマは「葉っぱが動物に変身!?葉っぱ工作を楽しもう!」です。たとえばこんなものを作ります。 そして、葉っぱの扱いに慣れたら、こんなものも … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 今週土曜日は生きものミニサロンやります! はコメントを受け付けていません。

シナノキの住人

昨日(4月25日)は動物標本クラブのみなさんと野外調査の予定でしたが、朝から豪雨で中止。しかたないので、実習実験室で標本作製作業を行っていました。ところが、午後2時頃には日が射してきました。そこで急遽、市内某所の公園へ。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | シナノキの住人 はコメントを受け付けていません。

残念な発見

博物館周辺の樹林地に設置しているセンサーカメラは、これまでいろいろな動物たちの生息を確認してきました。哺乳類ではタヌキ、ハクビシン、イタチ、ネコ。鳥類ではフクロウ、ヤマシギなど、昼間歩き回っても目視確認しにくいものも捉え … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 残念な発見 はコメントを受け付けていません。

毛虫注意報(4月24日)

先々週からお伝えしていますキアシドクガの発生状況ですが、いよいよかなり目立ってきました。というのも・・ 昨年までよりだいぶ早めに発生したため、食草であるミズキがまだ若葉の状態なのに食い尽くされたものが多く、幼虫の多くが飢 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 毛虫注意報(4月24日) はコメントを受け付けていません。

植物画を描いてみませんか?

芸術的表現よりも、科学的な正確さが優先されるのが、生物画です。その中でも植物画は「ボタニカルアート」とも呼ばれ、科学的でありながら美術作品としても認識されている分野です。 今年度は6月2日と9日(いずれも土曜日)に、植物 … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | 植物画を描いてみませんか? はコメントを受け付けていません。

エビネ咲く(4月18日)

春雨の朝、博物館の中庭を見るとエビネの花が咲き始めていました。 毎年、大型連休直前に咲き始めるのですが、今年はエビネも少し早めのようです。雨に打たれた花はまだ少しうつむき加減ですが、週末にはしっかり前を向いて咲きそろうは … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | エビネ咲く(4月18日) はコメントを受け付けていません。

キアシドクガの脱皮

4月14日(土)、博物館大会議室で環境情報センター自然環境観察員制度の今年度第1回環境学習セミナーが行われました。平成13年度から続く自然環境観察員制度についての説明や、今年度も博物館のまわりの樹林で実施する「花ごよみ調 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: | キアシドクガの脱皮 はコメントを受け付けていません。