日別アーカイブ: 2018年7月10日

ちょっとこわい居候

これはチリイソウロウグモのオスです。 「イソウロウ」という名前の通り、他のクモの網に侵入して、餌をかすめとって暮らしています(これを「盗み寄生」といいます)。 まれに宿主のクモを捕食してしまう事もあるそうですが、この網の … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ちょっとこわい居候 はコメントを受け付けていません。

アナグマ?!

博物館お隣の樹林地に、センサーカメラを仕掛けています。赤外線を検知してスイッチが入るしくみのもので、体温のある哺乳類や鳥がカメラの視野を通過すると写ります(記録は動画形式です)。これまでも、フクロウやイタチなど思わぬ生き … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | アナグマ?! はコメントを受け付けていません。