月別アーカイブ: 2018年12月

離れがたい冬

博物館のお隣の樹林内では今、赤い色が目立ちます。 赤いと言っても、毎冬見られるマンリョウの果実の赤ではありません。 冬も本番というのに、コナラの紅葉が目立っているのです。 コナラは例年ならとっくに紅(黄)葉して葉が落ちて … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 離れがたい冬 はコメントを受け付けていません。

ゴミグモのサイン

今朝、見つけたゴミグモの幼体。 普通なら直線状についているはずのゴミリボンが、L字型に曲がっています。 おそらく網が一部が壊れて、修復したらこんな形になってしまったのでしょう。 ゴミグモは幼体で越冬します。「越冬」という … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | ゴミグモのサイン はコメントを受け付けていません。

元気なつる植物

博物館お隣の樹林内の、すっかり葉の落ちた落葉樹林ではちょっと目を引くこんなようすが見られます。 幹に大量の葉をまとっています。中には、塊が垂れ下がっているものも。 これは、テイカカズラというつる性の樹木で、林内のコナラや … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 元気なつる植物 はコメントを受け付けていません。

キジョランとアサギマダラ

先週12月19日に植物調査を行った緑区の小倉山で、こんなふうにまん丸の穴があいた葉をたくさん見ました。 葉の植物はキジョラン(ガガイモ科)で、市内では低山の林内でふつうに見られる植物です。それにしても、ずいぶんときれいな … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | キジョランとアサギマダラ はコメントを受け付けていません。

星のキラキラストラップ作り、みんなの笑顔もキラキラ!

何かクリスマスっぽいイベントを・・・ということで、七夕のときには千代紙バージョンで作った星のストラップを、今回は 「星のキラキラストラップ」と名付けてワークショップを開催することに。 出来上がりは・・・ クリスマスイブの … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館 | 星のキラキラストラップ作り、みんなの笑顔もキラキラ! はコメントを受け付けていません。

生きものミニサロン クリスマスリースをつくりました!

12月22日(土)は、毎月恒例の生きものミニサロンを実施しました。今回のテーマは「自然の素材でクリスマスリースをつくろう!」です。 屋外で広々と材料を広げてクラフトを行いたかったのですが、今日はパラパラと雨模様。そこで、 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 生きものミニサロン クリスマスリースをつくりました! はコメントを受け付けていません。

『神奈川県植物誌2018』が完成!

神奈川県は、生物相(ある地域の生物リストやその生息状況)が、全国の都道府県の中で最もしっかり把握されているという自負があります。それは植物、鳥類、昆虫類、菌類など、さまざまな分類群ごとにそうした生物相(生物誌)が作られて … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 『神奈川県植物誌2018』が完成! はコメントを受け付けていません。

ムササビからのプレゼント

12月19日、緑区の小倉山(標高327.2m)へ相模原植物調査会のみなさんと調査へ行きました。 市域では珍しい、照葉樹の多い林の中を、いつもながら山道だけでなく、急斜面を登り下りしながら希少種の生育状況などを確認しました … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ムササビからのプレゼント はコメントを受け付けていません。

今週末は、生きものミニサロン!

今週土曜日(12月22日)は、毎月恒例の生きものミニサロンを実施します。 今回のテーマは「クリスマスリースを作ろう!」です。博物館のまわりにもたくさん生えている、クズやアケビのつるを使って、リースの土台を作ります。 その … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 今週末は、生きものミニサロン! はコメントを受け付けていません。

全国科学館連携協関東ブロック会議を開催しました。

相模原市立博物館は数年前から、全国科学館連携協関東ブロックの幹事となっており、年に一度、関東ブロックの加盟館を対象としたブロック会議を開催しています。 昨年度は八王子市のコニカミノルタサイエンスドームを、今年度は府中市の … 続きを読む

カテゴリー: 報告 | タグ: | 全国科学館連携協関東ブロック会議を開催しました。 はコメントを受け付けていません。