さがみはら地域ポータルサイト|SNS

News

2013/11/21 – 障害福祉サービス事業所シェーンのホームページをリニューアル・オープンいたしました。ぜひご覧ください!

どうしたら障がい者の人を雇用できるのだろう? その疑問を解決するために職場実習をしてみませんか!

  • 精神疾患の主な発症時期は思春期から成人期といわれ、学業や就職といった社会経験を積む時期に治療中心の生活を送っていることが少なくありません。なかには就職やアルバイトの経験がなく、自分にどんな仕事があっているのか、働くこと自体をイメージできない方もいらっしゃいます。
  • 職場体験事業では、精神障がい者が仕事を体験することにより、自分に合った業務を発見し、働くことへの動機づけを高めてもらうことを目的にしています。
    また、実習を受け入れる企業にも精神障がい者と一緒に働くことを体験してもらい、将来的に雇用を考える参考にしていただきたいと考えています。
  • 2013年度で企業の法定雇用率が2.0%になり、2018年度では精神障がい者の雇用が義務化されます。
    企業に精神障がい者と一緒に働くことを体験してもらい、雇用における心配を解消してもらう事業であり、精神障がい者に企業等での実習を体験し、働くことの意欲や自信を高めてもらう機会でもあります。
  • ともに会シェーンでは職場体験事業に力を入れております。
    詳しくは相模原市職場体験事業まで