[フリーな情報@みんなの掲示板] トピック

2019年10月19日
17:57

「MS ゴシック」と「MS P ゴシック」の違いについて

ykida

「MS ゴシック」とは:写真1

「等幅フォント」と呼ばれており、文字の幅が等しく設定されている。
表示時や印刷時に文字間隔が開きすぎたり、逆に詰まりすぎて見えたりする傾向があります。

均等割符や原稿用紙に記入する場合など、文字の間隔をそろえたいときは、等幅フォントが適しています。


「MS P ゴシック」とは:写真2

「P」の付くフォントは「プロポーショナルフォント」と呼ばれており、それぞれの文字に文字幅が設定されており、表示や印刷をする際は間隔が調整されます。

「i」「l」などの文字幅の狭い文字と、「m」「w」などの比較的文字幅の広い文字が隣合わせになった場合は、1つの文字ごとに間隔が自動調整されます。

プロポーショナルフォントを使用すると、体裁のよい文章が作成できます。

スポンサー

  • 相模法律事務所
  • バナー広告募集