[フリーな情報@みんなの掲示板] トピック

2021年05月07日
16:16

ポスト5Gの未来図、次世代通信「6G時代」に飛翔する企業

ykida

5Gの100倍の通信速度、覇を競う日本企業
総務省は2020年6月に、2030年代の実用化を目指して「Beyond 5G(=6G)」に向けたロードマップを公表した。

6Gはアクセス速度が5Gの100倍、
「超多数同時接続」は5Gの10倍、
「超低消費電力」は現在の100分の1が目標となっているようだ。

これらを達成する上で必要かつ日本が強みを持つ企業とは?
SBI証券によると
1位:NEC <6701.T>
2位:アンリツ <6754.T>
3位:村田製作所 <6981.T>
4位:レーザーテック <6920.T>
5位:東京応化工業 <4186.T>
6位:ニコン <7731.T>
7位:santec <6777.T>
8位:ソニーグループ <6758.T>

を挙げている。

コメント

1番~1番を表示

2021年
05月07日
16:21

1: ykida

しかし、(Kenneth Research)の調査レポートによると

技術力では勝る面があるものの、「市場展開」という点では日本勢は出遅れ、基地局シェアでいえば、市場における主要企業の中にカウントされているのはNEC <6701.T> のみとなっているという事です。

いつもマーケット戦略で負けてしまう日本企業に頑張ってほしいものです!!!

1番~1番を表示

スポンサー

  • 相模法律事務所
  • バナー広告募集