12月のカレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のコメント

各月の日記

非公開の日記

2018年
12月09日
12:00

柔道家、山下泰裕と審判秘話

2018.12.9の産経抄に載っていました。

203連勝で引退した柔道家、山下泰裕氏の最後の試合。

斉藤仁氏と争った昭和60年の全日本選手権決勝である。
中盤、強引に技を掛ける山下に、斉藤は返し技の投げで応じた。両者は崩れ落ち、山下の背中が畳を打つ。

 ▼主審の手は上がらない。山下が自分で倒れた、との判断だった。
主審は東京五輪無差別級銀メダルの神永昭夫氏である。
後に「やはり斉藤だったか」と漏らしたという。
技を認めるべきだったか、と。神永氏を悩ませたのは、競技者の生死を預かる審判の業(ごう)だろう。

 ▼映像機器の精度が高まり、審判は受難の時代にいる。とはいえ事あるごとに「詳しくは映像を」では白熱の勝負も冷める。

 ▼山下-斉藤戦の残された映像を見て驚く。山下の背中が畳を打つより早く、斉藤の手が山下の襟を放していた。
神永氏には見えていたのだろう。
あの一戦が「名勝負」として語り継がれている事実が、判定の正しさを裏付ける何よりの証拠である。
  • メディアの報道記事

スポンサー

  • 相模法律事務所
  • バナー広告募集