6月のカレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のコメント

各月の日記

非公開の日記

2019年
06月01日
12:57

脈拍が急に低下するのは?

知人が急に脈拍38となり、救急センターへ。

脈拍が急に低下すのは?

国立循環器病センターによると、次のように説明されています。

脈拍が1分間に50以下になると徐脈と呼ばれ、40以下になると息切れや、めまいなどの症状が出やすくなります。

また、100以上の場合を頻脈といい、突然、脈拍が120以上になる場合は病的な頻脈の可能性があります。頻脈になると動悸(どうき)や息切れのほかに、時に胸痛やめまい、失神といった症状が出ることがあります。

脈拍は、主に心臓の働きに左右されるため、異常があるときは心筋梗塞、狭心症、心房細動、心筋症、心筋炎や心臓弁膜症などの心臓の疾患を疑う必要があります。また、貧血、更年期障害、自律神経失調症、バセドウ病などでも脈拍に異常が生じることがあります。

ということで、原因は様々のようです。

異常を感じたときは早めに受診をしましょう。
  • 健康・生活

スポンサー

  • 相模法律事務所
  • バナー広告募集