さがみはら地域ポータルサイト|SNS

日本海時代の祭典案内

第45回

2015年日本海時代の祭典

~原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)~

2015年9月18日(金)~20日(日)

in 福井県 小浜市

≪祭典概要≫

●開催日:2015年9月18日(金) ~20日(日)

●開催地:福井県 小浜市

●メイン会場・宿泊:きざき旅館 TEL0770-52-0342

       〒917-0086 福井県小浜市塩竃60

        http://www.ryokan.or.jp/inn/49590 または

        http://www.wakasa-obama.jp/Food/foodDetail.php?43 を参照願います。

●参加費用:現地の受付でお支払い下さい。

  2泊3日(5食付) 1泊2日(3食付) 1泊2日(3食付)
参加コース名 (9月18日~20日) (9月18日~19日) (9月19日~20日)
一般参加者 23,000円 13,000円 13,000円
学生参加者 20,000円 10,000円 10,000円

●スケジュール

 09/18 16:00~17:00 受付

 (金)  18:00~18:50 食事

     18:50~19:00 開会宣言

     19:00~19:30 基調講演(福井新聞小浜支社長 現在交渉中)

            「福島原発事故から後、地元市民の意識の変化は・・・」

     19:30~20:30 講演(明通寺ご住職 中嶌哲演氏)

           「現在の若狭原発の現状(高浜原発運転差し止め判決以後、等々)」

     20:30  懇親会(飲み物代実費)

 09/06 08:00  朝食

 (土)  08:45~ 自自由時間として小浜市周辺観光や小浜市北方のエンゼルライン(無料)

        で展望台まで行けば「なるほど国定公園になるべし」景色を堪能できます。

        また、ス-パー銭湯や地元の食事を楽しむのもよし、散策、入浴など。

     18:00  夕食

     19:00  福島県から関西(京都)の原発災害避難者による現状報告と質疑応答、その他

        「NPO法人なごみ」メンバー2名参加予定(氏名・年齢・性別等は現在不明です)

     20:00頃~懇親会(飲み物代実費)

 09/07 08:00  朝食

 (日)  09:00  小浜祭典の反省点その他

     10:30頃 解散

◆お問合せ窓口&参加申込み先:日本海時代の祭典・大阪事務局《 2015祭典担当 》まで

  ・榎本 潔 Email:k.eno@aioros.ocn.ne.jp     /TEL: 090-3846-5270

申込み締切り: 8月31日(月) まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《 知人・友人などお誘いあわせの上、奮ってご参加ください!! 》

◆◇◆ 主催:日本海時代の祭典 ◆◇◆

 

≪趣旨説明≫

 いまから10年前の2005年「水の道・エネルギーの道」をテーマに小浜市にて、「日本海時代の祭典」を開きました。

 関西圏の住民としては電力エネルギーの50%をしめる「原発」を無視することは出来ず短い時間でしたが、原発反対の立場である中嶌哲演氏と関西電力敦賀広報室さまから3名の社員をお招きして(討論会?)を開きました。(この間の関電社員参加要請ならびに小浜市民の参加については、かなりの困難な状況がありました)

 さて、4年前3・11の福島原発事故があり、現時点での廃炉作業工程の目途も立たない状況です。「原発立地の地元の方(小浜市民)と福島からの原発災害避難者、そして電力エネルギーの受給者としての私たち、立場の異なる三者」が改めて、原発を含むエネルギー問題を話し合うことに大きな意味がある。と考えて企画した次第です。

―この祭典では、原発反対意見が多数出ると予想しますが、社会に必要な電力エネルギーはどのような選択肢が良いのか? これを基本テーマとして、政治的な「原発反対集会」のかたちは極力避けたいと考えていますー

以下の意見は素人の疑問に過ぎません。専門用語・その他は正確で無いかと思います。

用語等の間違いはお許し下さい。出来れば「危険極まりない発電方式を、なぜ選択したのか?」 この思いに共感頂けたら、と願っています。

原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)

◆  しょせん湯沸し装置に過ぎない。

あの複雑で頑丈?そして高価な原子力発電所。もし震災を原因としての福島発電所の事故が原子力でなく、火力発電所でしたらとっくに復旧し、もう日本人のほとんどが忘れているのかも知れない。

電力を得る為に湯を沸かし、蒸気にしてタービンを廻す。この仕組みは家庭のガスコンロ上の薬缶と原理的には変わらない。唯、燃料の違いがあるだけです。頑丈なサイロ内で核分裂を起こし、「熱エネルギー」を利用しているのが原子力発電所。

◆  電気のために猛獣の背中に乗りますか?

人間は有史以来、馬や牛を家畜化し、乗り物や動力に利用してきました。ライオンやトラを乗り物に利用することは「猛獣使い」でも考えないでしょう。背中から振り落とされれば終わりです。

これまで私は「原子力発電」とは猛獣の背中に乗ることだと考えていましたが、最近は少し考えが変わりました。トラやライオンでは無く、未知なる生き物「ティラノサウルス(肉食恐竜)」の背中に乗っているのでは?

◆  「制御可能との過信」と安全保障のための選択?

「原子力発電」とは、科学に対する信頼がさせた錯覚(夢想)ではないだろうか?

故に人類は制御不能(極めて困難)な発電方式選択したと云えます。人類の科学技術に対する過信と思い上がりが招いた結果で、破滅への道。と私には思えますが・・・

もうひとつ「原子力発電」を導入した動機に「プルトニューム」確保がありました。

ご存じのように「プルトニューム」は核爆弾の材料です。「原子炉」を稼働することにより得られます。(副産物として)

―日本の安全保障を担当する政府首脳は、過去に「必要な選択と判断」したのですー

プルトニューム原爆の特徴は小型化出来ることです。日本には起爆(爆縮レンズ)させるだけの技術力とロケット(衛星打ち上げ)の運搬手段もあります。これは大きな「抑止力」です。(もしもの場合、核兵器を短期間で開発可能能力あり。が抑止力)

-そして、数百個・核兵器製造可能のプルトニュームは保有の筈です―

(安全保障に関しては、肯定の意見を持っていますが割愛します。またの機会に)

◆  原子力発電推進派の言い分

温暖化の原因である二酸化炭素が出ないとか、発電費用が他の方式に比較して安価であるとの「推進派・電力会社等」の意見がありますが、すべてマヤカシに過ぎない。

二酸化炭素は砂漠の緑化にて固着させるのがベストの選択(限りなく地球にやさしい)ですし、ドライアイス等を考えても固着は技術的に困難と思えない。

高濃度廃棄物の処理地の目途も立たない状況や、福島の解体工事・汚染除去、等々。山積みの課題。その行程表の作成能力もないのに、どの口が言っているのか・・・(怒)

事故処理・廃棄物処理・原子炉解体費用・地域住民への補償、等々。その総てを積算して、それでも「原子力発電は安上がり」なのですか?

◆  放射能・放射線はなぜ危険か

人間の細胞は日々新たに造られています。強い放射線はその細胞の設計図DNAをズタズタに破壊します。放射線を浴びれば細胞再生が不可能になり、人は生存できない状態に・・・。放射線は目に見えません。人類は「宇宙戦艦ヤマト」を造り、遥かマゼラン星雲・イスカンダルに「コスモクリーナー」(放射能除去装置)を貰いに行くしかありません。(冗談ですが)

◆  原子炉の再稼働問題

耐久年数を超えた「原子炉」が暴走すれば、間違いなく滅亡あるのみです。想定外で責任逃れ出来る話では無い。先日の電力会社の株主総会・幹部の発言は会社の利益と自己保身のみで、国民への安全対策や事故への責任感は、彼らの頭の中では「想定外」事項なのでしょう。

―電力会社幹部自身、その家族も日本人であり、普通の社会生活していることは間違いないのにー

結論を云えば、他の選択肢(火力・水力・太陽・地熱・バイオ等々)の発電方法もあるのに滅亡のリスクを抱えてまで「原子力発電」に拘る神経が解らない。

◆  危険を知る故の洗脳

私は以前より月刊雑誌を購入してきました。月刊誌だけでなく週刊誌でも巻頭グラビアに電力事業団の広告ページが必ずありました。作家・評論家・学者タレントがにこやかに「原発」の安全性をレポートしていました。別に莫大な広告費を使わなくても競争相手のいない「独占企業の電力各社」から電力を買わざるを得ないのに・・・?

今思えば、あのPRページは「洗脳教育・安全の刷り込み」でした。消費者は危険を薄々気づきながらも黙り込んでいました。また反対運動活動家や、その支持政党に拘わることへの反感もありました。―これは私だけの感想ではないと思えますー

電力を使い放題使い、その利便性を享受しながら「反対運動?」面はゆい思いもありました。しかしです・・・

◆  国民にとっての安全とは

阿部首相は安全保障法案(集団自衛権)を今国会で審議しています。(私は基本的に憲法改正を含めて賛成なのですが)

「国民の生命と財産を守る」ことが国家の最大責任なら、集団自衛権以上の関心と審議を「エネルギー政策・原子力発電」に向けてくれないものか・・・。

国民の安全と国土保全という国民生活の基盤は共通しているし、必ず起きる天災(地震・津波・噴火等)を考慮すれば、より重要と思えるのですが・・・

 ≪呼びかけ人≫

 東北 大野芳義(医師)

 関東 安達明(葬送の自由をすすめる会) 安達桂(年金生活者) 安達二良(派遣会社員)

    木下弘巳(新老人の会) 熊谷多江子(メディア・コーディネイター) 長谷川郁子(史の会)

    長谷川三郎(美術館学芸員) 檜山正子(セバ工房) 渡邊悟(The Cardman)

 関西 榎本潔(手づくり市主宰) 小吹岳志(オイコクレジット・ジャパン) 田宮常好(連句の会)

     松本誠(市民まちづくり研究所) 山口敏子(川柳フリーター)

以 上