さがみはら地域ポータルサイト|SNS

トップページ

平成25年11月、相模原市の認定を受け「指定NPO法人相模原こもれび」となりました。

相模原市~木もれびの森~
関東では昭和40年以降、東京23区規模の平地林が開発により失われていくなかで、遺されてきた73haという広大な「木もれびの森」は、相模原市のみどりとふれあう拠点として誰もが容易に訪れ、憩い、癒され、楽しみ学ぶことができる市街地に囲まれた貴重な平地林であり、近郊緑地特別保全地区に指定し将来に亘って遺していくことが求められています。
しかし薪炭林は循環資源としての役目を終え、50年以上放置されたため衰退木も多くなり老いた高木の暗い森になっています。街の中にある森は明るく安全であることが大切です。