活動報告NO.4

山口さんから頂いた藤野の野菜を持って、西門にある「ノヴィーニェこども食堂&こども寺子屋」さんにお邪魔しました。
夏休みに入った事からなのか、40名近いお母様やお子さまたちが、しらっしゃいました。
こちらでは12:00~13:30外部評価こども食堂
13:30~15:00がこども寺子屋として開催されていらっしゃいます。
どちらも無料で行われています。
お料理はバイキング形式で、代表のトニー・ジャスティスさん自らが調理したものを、提供していらっしゃいます。
味付けもお子さまにも食べやすい優しい味付けとなっており、好きなものを好きなだけ選んで食べられるのが特長です。
ボランティアで、参加せれている那須さんも、こどもたちの笑顔とお母さん方とのコミュニケーションが、何よりのやりがいと言うか、励みになるとおっしゃられていました。

「ノヴィーニェこども食堂・こどもさんを運営しているのはNPO法人アフリカヘリテイジコミティの理事長トニー・ジャスティスさんです。
トニー・ジャスティスさんはアフリカのガーナ出身で,20年以上日本に暮らしていらっししゃいます。
 
トニー・ジャスティスさんのメッセージです。
 
私はアフリカのガーナ出身で,20年以上日本に暮らしています。これまで,本当にたくさんの方々に助けられ,支えられてここまでやってきました。そんなお世話になった日本の皆さまへ,何か自分にできるかたちで恩返しがしたいと思い,アフリカヘリテイジコミティを立ち上げ,活動をはじめました。
 
活動のひとつは,私のルーツであるアフリカの文化を伝えることです。日本では,まだアフリカの文化について,よく理解されているとは言えません。アフリカには,伝統的に伝わるすばらしい文化<アフリカヘリテイジ>がたくさんあります。
 
そのすばらしさを少しでも日本の皆さまに知ってもらい,理解を深めてもらうことは,日本の将来の発展にもつながっていくことと思いました。
 
そこで,アフリカヘリテイジコミティではアフリカ文化やアフリカにルーツをもつ世界の国々の文化 をテーマにしたフェスティバルを定期的に開催しています。
特に,日本の未来を担う子供たちには,こうしたイベントでの異文化体験を将来に役立てて,グローバル化する世界にでて活躍していってもらいたいと思ってい
ます。
ノヴーニェ子ども食堂&こども寺子屋さんではボランティアさんも募集しています。
ノヴーニェ子ども食堂&こども寺子屋さんのホームページ:http://kodomo.novinye.com/
チラシ1チラシ2ポスター調理一覧1JPG調理一覧2調理一覧3お食事ノヴィーニェ子ども食堂&こども寺子屋1ノヴィーニェ子ども食堂&こども寺子屋2山口さんの野菜(トマト)山口さんの野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です