5月9日あこうだいのから揚げ 野菜あん

【9日の給食】
あこうだいのから揚げ 野菜あん、青菜ともやしの塩炒め、すき焼き煮、甘夏みかん、ごはん、牛乳(858kcal)

今日はデザートに「甘夏みかん」を出しました。「甘夏みかん」は、正式名称「川野夏橙(かわのなつだいだい)」といいます。今から80年以上前、大分県津久見市の農園で夏ミカンとして植えられていた樹の中から発見されました。果実の大きさは400~500グラム、果皮は厚く、夏ミカンと同じような風味ですがやや酸味が弱く甘みが強い果物です。

カテゴリー: 魚料理 | コメントは受け付けていません。

5月8日ホキのアーモンド揚げ

【8日の給食】
ホキのアーモンド揚げ、ナポリタン、ごま入りコールスロー、オニオンスープ、パイン&ナタデココ、ごはん、牛乳(844kcal)

今日は「ナポリタン」が出ました。イタリアのナポリには「ナポリタン」はなく、日本発祥の食べ物なのは知っていますか?「ナポリタン」は横浜にあるホテルの総料理長が考案したといわれています。そのホテルでは、ドリアやプリン・ア・ラ・モードも考案されたそうです。

カテゴリー: 魚料理 | コメントは受け付けていません。

5月7日黒酢de酢豚

【7日の給食】
黒酢de酢豚、青のりポテト、麻婆春雨、ごはん、牛乳(891kcal)

今日は、酢豚に「黒酢」を使用しました。黒酢が他の酢に比べて「健康に効果的」と言われているのは、身体の代謝に欠かせないアミノ酸を豊富に含んでいるからです。そのアミノ酸の含有量は、穀物酢が100ml当たり約50~80mgに対し、黒酢は約600mgと圧倒的です。

カテゴリー: 肉料理 | コメントは受け付けていません。

5月2日まぐろのかりんとう揚げ

【2日の給食】
まぐろのかりんとう揚げ、新じゃがといんげんのソテー、磯辺煮、豚肉とこまつなのしょうが炒め、柏餅、ごはん、牛乳(890kcal)

今日は「端午の節句」給食でした。端午の節句では、菖蒲の葉を飾ったり、柏餅や粽(ちまき)を食べたりします。給食でも「柏餅」を出しました。
「柏餅」は、上新粉などで作ったもちを柏の葉で包んだものですが、なぜ、柏の葉を使うのか、わかりますか?
柏の葉は、新芽が出てから、古い葉が落ち、葉が無くならないので、そのことが「子孫繁栄」と考えられ、縁起がよいとされているからです。

カテゴリー: 魚料理 | コメントは受け付けていません。

5月1日鶏肉のごまから揚げ

【1日の給食】
鶏肉のごまから揚げ、彩り野菜のチーズサラダ、生揚げの中華あん、じゃがいもと玉ねぎのみそ汁、清見オレンジ、ごはん、牛乳(877kcal)

今日の汁物は「新玉ねぎ」を使った「じゃがいもと玉ねぎのみそ汁」でした。玉ねぎは一年中食卓に並んでいますが、「新玉ねぎ」は、4月から5月頃に出回ります。収穫後にすぐ出荷されるため、水分が多くて甘みが強いのが特徴です。

カテゴリー: 肉料理 | コメントは受け付けていません。