9月3日 白身魚のカシューナッツ和え

【9月3日の給食】

白身魚のカシューナッツ和え、チンジャオロース、タンタン麺スープ、もも&杏仁豆腐、ごはん、牛乳(896kcal)

カシューナッツは、独特の食感と甘みのある香ばしさが特徴で、中華料理やスイーツなどによく使われます。今日は、揚げた白身魚や野菜と和えて提供しました。

カシューナッツは、南米原産の「カシューナットノキ」に成る実の「種子」部分です。この果肉は「カシューアップル」と呼ばれ、その名の通り、りんごに似ています。カシューアップルは、果肉の中ではなく、果肉の“外”に種子を持ちます。まるで、枝に生った実の先端に「勾玉(まがたま)」がくっついたような姿をしていることから、「勾玉の木」とも呼ばれているそうです。

カテゴリー: 魚料理   パーマリンク

コメントは受け付けていません。