関係団体

Pocket

《興味のある情報をCD等で得たい方へ》

相模原市録音奉仕会ひばり」活動案内 ・ 2018年2月

【製作発行 相模原市録音奉仕会ひばり】

*目次
 初めてお聞きになる方へ
 声の広報さがみはら 
 さがみはら市議会だより 
 広報 健康さがみはら 
 ライブラリー情報 
 福祉のしおり 
 ひかり  
 本棚  
 ポシェット  
天声人語・余録   
リーディング・サービス  
 ミニ情報 「健康」 「市民文化財団ニュース・ムーヴ」 

「朝日新聞 歌壇・俳壇」 「相模経済新聞」 「連協機関紙 わ」  
 相模原市視覚障害者協会のご案内 
 終わりに  

初めてお聞きになる方へ

「相模原市録音奉仕会ひばり」は、相模原市内の視覚に障害のある方や高齢の方などに
印刷された情報をCDに録音してお届けしているボランティアグループです。活動は1978
年(昭和53年)に始まりました。
私たちが公共機関から委託され製作している発行物や独自で製作している発行物など活
動をご案内しています。どうぞご活用ください。
 私たちはCDをお聞きになる方を読者とお呼びしています。
発行している各CDはご希望の方に定期的にお送りします。
CDは基本1枚で、費用は無料です。郵袋という専用の袋に入れて郵便でお届けします。
CDは繰り返し使いますので返却をお願いしています。
聞き終わったCDを郵袋に戻し、宛名カードを裏返してお近くのポストに投函して下さい

お聞きになりたいものがありましたら、「終わりに」で申し込み方法をご案内していま
すのでご利用ください。

「声の広報さがみはら」

「声の広報さがみはら」は 相模原市から毎月1日と15日に発行・配布される「広報さ
がみはら」を録音してお届けします。内容は市の情報や案内、催し、募集、スポーツガ
イド、ウェルネス通信など、生活に必要な情報やお知らせです。問い合わせ先の電話番
号も入っていますので、是非ご活用ください。
尚、相模原市は緑区・中央区・南区の3区にわかれているため、15日号には、全市版の
あとにお住いの区の区版が録音されています。併せてご利用ください。

「さがみはら市議会だより」

相模原市議会発行の「さがみはら市議会だより」の音声版をお届けします。
「さがみはら市議会だより」は、3月・6月・9月・12月の各定例会議の後と、臨時会議
が開催されたとき臨時に発行されます。内容は、定例会議の報告、総括質疑、各委員会
からの報告、一般質問などです。
少し堅い内容のものですが、質問者と答弁者が掛け合いをするなど、わかりやすく聞い
ていただけるように工夫しています。

「広報 健康さがみはら」

 一般社団法人 相模原市医師会発行の「広報 健康さがみはら」を音声化
 したものです。奇数月に発行しています。
 医療情報(病気・薬・栄養のこと)や医師・薬剤師・保健師などによる
 講演会のお知らせを、お伝えします。
 また4コマまんがで、テーマの内容を楽しく、わかりやすくお届け。
 その他、休日・夜間に具合が悪くなった時の診療案内もしています。 

ライブラリー情報

「相模原市立視覚障害者情報センター」から年3回(5月・9月・1月)に発行される
「ライブラリー情報」を音声化しているものです。点字図書・録音図書を紹介していま
す。このCDをお聞きになって借りたい図書があるときは、直接
電話042-769-8275へ お申し込みください。

福祉のしおり

毎年相模原市が発行している「障害のある方のための福祉のしおり墨字版」の中から視
覚障がい者に必要と思われる情報を抜粋し音声化した「福祉のしおり録音版」です。
相模原市役所 障害政策課からの委託で製作しています。

ひかり

録音奉仕会ひばりがオリジナルで発行しているCDです。
「ひかり」の特徴は、読者が参加するコーナー「ご一緒しましょう」があり、読者の声
が聞こえてくることです。
「ひかり」製作担当のメンバーが企画。河原で芋煮会、横浜でシーバスに乗る、県立公
園に出かけるなど、読者とご一緒したときの様子を紹介しています。
そのほかに「ポエム」「話題あれこれ」「地名いろいろ」「自由席」「読物万華鏡」「
川柳」「美人の日本語」などのコーナーで構成されています。
約60分 年6回 隔月で発行しています。
相模原市視覚障害者協会からのお知らせも入っています。

本棚

オリジナルで発行のCD雑誌「本棚」
毎回異なったテーマに沿って本を探し、あらすじや本文の一部を読みます。
話題の本や最近の本なども合わせて10冊をご紹介しています。そのほか
簡単な読み物ガイドとして、毎回5~6冊、芥川賞や直木賞受賞作なども
その都度ご紹介しています。昔話は一話完結で読んでいます。
約60分、年6回 隔月で発行しています。
相模原市視覚障害者協会からのお知らせも読んでいます。

ポシェット

オリジナルCD「ポシェット」。
小さなバッグやポケットの意味の「ポシェット」は、暮らしの手帖・スポーツ雑誌のナ
ンバー・旅行読売・歴史街道などから面白そうな、役に立ちそうな記事を抜粋してお届
けします。約60分で年4回の発行です。

天声人語・余録

新聞の顔とも呼ばれる1面下コラムから、名文として名高い朝日新聞「天声人語」と毎
日新聞「余録」の同じ日付けをまとめて読んでいます。
同じ話題を取り上げてもそれぞれ切り口が異なりますから、その違いを味わうのも楽し
みのひとつです。
ちょっと聞き疲れたかなと思ったら一休み。毎回5句程紹介する毎日新聞の「仲畑流万
能川柳」も読者に好評です。
2週間分を約70分に収め、隔週発行。

リーディングサービス

 リーディングサービスとは、読者がお読みになりたい本などをCDに録音してお届けす
るサービスです。本や雑誌・取扱説明書など何でも受け付けます。
リーディングサービスの利用方法「録音図書」と「対面音訳」の2つを説明します。

①録音図書 デイジー図書といいます。

このデイジー図書はプレクストークやMP3対応のCDプレイヤーで聞くことができます。
プレクストークは日常生活用具給付の対象になっています。詳しくはお住いの区の障害
福祉相談課へお尋ねください。
デイジー図書は ・読みたいページがすぐ聞ける ・目次や索引から聞きたいところへ
すぐ飛べる ・1枚のCDに長時間分収録できる ・何回聞いても音質が変わらないなど
、多くの利点があります。
CD製作には、1枚100円のCD代金が必要です。
リクエストしてからCDが出来上がるまでには、本の内容やページ数によって異なります
が、およそ1か月から3か月ほどかかります。下調べや校正などを重ね、正確なものをお
届けするためです。ご了承ください。
リーディングサービスのリクエストは「相模原市立視覚障害者情報センター」で受け
付けています。依頼する本がお手元にある場合は、それをお持ちください。お手元にな
い場合は、受け付けの際、書名、著者名などをお伝えください。
相模原市立視覚障害者情報センターは、
〒252-0236 相模原市中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら2階 
電話:042-769-8275 です。
尚、申し込んだ本がすでに音訳されている場合は、相模原市立視覚障害者情報センタ
ーで借りることができますので、どうぞご利用ください。

②対面音訳

ご希望の本や新聞、テキスト、取扱説明書などを、読者の前で直接読みます。
1回につき2時間以内、複数の音訳者で担当します。
場所は、あじさい会館、市立図書館(鹿沼台) 相模大野図書館 橋本図書館 南保健
福祉センター などです。

※対面音訳ご希望の方は、
あじさい会館4階 ボランティアセンター内
相模原市録音奉仕会 電話042-759-3963 内線5586 または
相模原市立視覚障害者情報センター 電話042-769-8275に連絡するか、直接市立図
書館   042-754-3604 
相模大野図書館 042-749-2244
橋本図書館   042-770-6600
南保健福祉センター1階 南ボランティアセンター 電話042-765-7085
まで、お申し込みください。

ミニ情報

ミニ情報は、読者の方々が希望された 新聞の社説、健康欄、短歌・俳句など 自宅で
録音した6種類をCDで発行しています。内容を簡単にご説明します。

1 健康は 毎月1回お届けしています。朝日新聞やほかの新聞などから健康・医療に
関する身近で役立つ記事をご紹介しています。
2 市民文化財団ニュース ムーヴ  相模女子大学グリーンホール、杜のホール橋
本、市民会館ほかの催しや、募集・お知らせなどを毎月1回ご案内します。
3 朝日新聞 歌壇・俳壇は 朝日新聞の月曜日に掲載される「短歌・俳句」をまと
めて毎月1回お届けします。
4 相模経済新聞  毎月1日、10日、20日に発行。相模原市・近隣市町村の記事をお
届けします。(新聞は相模経済新聞社より無償提供)
5 連協機関紙「わ」は、NPO法人れんきょうから、年4回発行されている機関紙のCD
版です。連協とは相模原市障害児者福祉団体連絡協議会の略称です。

相模原市視覚障害者協会

相模原市視覚障害者協会をご紹介します。
主に市内にお住いの目の不自由な方々で組織されている団体で、略して相視協と呼ばれ
ています。会には、女性部と体育部があり、年間を通して各種スポーツ、文化活動を行
い、バス旅行などで会員同士の親睦を深めています。ぜひ、ご入会ください。
相視協は会長以下、各地域の地区役員で会を運営しています。
入会希望の方は、会長の八代義男さん 電話042-756-6004
または 宇都木 茂さん 042-777-1288
     伴瀬 美恵子さん 042-763-2625 
まで お問い合わせください。
相視協の様子はホームページでも知ることができます。相視協と相模原市点訳赤十字奉
仕団、誘導介助のささの会、相模原市録音奉仕会ひばりは共に助け合いながら活動して
います。

終わりに

私達の発行しているCDと活動をご案内いたしましたが、いかがでしたか?
一度でもお試しになりたいものがありましたら、ぜひご利用ください。
ご不明な点、お申込み、ご利用に関するお問い合わせは
〒252-0236 相模原市中央区富士見6-1-20あじさい会館ボランティアセ
ンター内相模原市録音奉仕会ひばり 電話042-759-3963 内線5586へご連絡ください

「相模原市録音奉仕会ひばり」活動案内一覧 ・ 2018年2月

《受託事業》

種目 活動案内
声の広報さがみはら 1日と15日に、それぞれCD1枚で発行
15日号には区版が入ります
市議会だより 3月・6月・9月・12月の定例会議の後と
臨時号 CD1枚で発行
広報健康さがみはら 奇数月発行
医師会から発行される情報のCD版
ライブラリー情報 年3回(5月・9月・1月)
相模原市立視覚障害者情報センターから発行される
情報のCD版 
福祉のしおり 年1回 相模原市が発行している「福祉のしおり」録音版CD

《自主事業》

種目 活動内容
ひかり 会のオリジナルCD 年6回隔月発行
読者が参加するコーナーもあります
相視協のお知らせが入ります
本 棚 会のオリジナルCD 年6回隔月発行
本のあらすじや本文の一部を読み、紹介
相視協のお知らせが入ります
ポシェット 会のオリジナルCD 年4回発行
暮らしの手帳、スポーツ雑誌、旅行読売など
記事の抜粋を読んでいます
天声人語・余録 会のオリジナルCD 隔週発行
朝日新聞「天声人語」、毎日新聞「余録」
毎日新聞「仲畑流万能川柳」

《ミニ情報》

種目 活動内容
健康 朝日新聞などの健康・医療に関する情報
毎月1回、CD1枚
市民文化財団ニュース「ムーヴ」 「ムーヴ」のCD版
毎月1回発行
朝日新聞 歌壇・俳壇 「短歌・俳句」をまとめて月1回、CD1枚
相模経済新聞 毎月1日、10日、20日発行 CD1枚
連協機関紙「わ」 NPO法人れんきょうから年4回発行される機関紙のCD版
◇リーディングサービス
録音奉仕会または相模原市立視覚障害者情報センターへ申し込んでください
① 録音図書・・デイジー図書
・希望の本を音声訳し、CD版に製作します
・リクエストしてから2~3か月かかります
・CD1枚に仕上げます
・1枚100円いただきます
② 対面音訳
・希望の本やテキスト、取扱説明書などを依頼者本人の前で読みます
・1回につき、2時間
・場所はあじさい会館・各図書館など

ご不明な点、お申込み、ご利用に関するお問い合わせは
〒252-0236 
相模原市中央区富士見 6-1-20 あじさい会館ボランティアセンター内 
「相模原市録音奉仕会ひばり」 電話:042-759-3963 内線5586へ