活動報告(2020年度)

Pocket

女性部総会

 
令和3年3月24日(水) 市民会館あじさいの間にてソーシャルディスタンスをとるなど新型コロナの感染防止に気を配りながら実施しました。

午前の総会は、参加者25名(うち 会員13名)のもと令和2年度事業並びに決算報告、
令和3年度事業計画並びに予算(案)がともに承認されました。

昼食をはさんで午後は参加者も 35名になり3人の演奏者をお迎えし、南米アンデス地方の民族音楽「フォルクローレ」を中心に鑑賞しました。
この曲は外せない「コンドルは飛んでいく」から日本の歌謡曲のアンデス風の「また君に恋してる」まで幅広く13曲を楽器の開設なども取り入れながらの熱演で、会場からの手拍子も起こるなど一体感のある楽しい演奏会となりました。

今年度は新型コロナにより計画通りの活動ができませんでしたが、来年度は日常に戻って多くの会員の方々とも顔を合わせられることを信じて楽しい企画を考えたいと思いますので、皆さまのご参加を心からお待ちしております。

相身連歩行訓練会

3月13日(土)当協会が加盟する相模原市身体障害者連合会主催により参加者20名(うち当協会は8名)により市の福祉バスを利用して実施されました。

天気予報により当日の悪天候が報じられ 2日前の夕方に急遽予定していた横須賀ソレイユの丘から都内の江戸東京博物館に変更になりました。
当日は予報通りの天候でしたが 雨の強い時間帯は車中や施設内での歩行訓練を兼ねた鑑賞などで あまり気にすることもありませんでした。

江戸東京博物館では常設展だけでなく企画展「市民からのおくりもの2020―令和元年度 新収蔵品を中心に―」のほか日替わりのイベントも行われており 今日は伝統ある「かっぽれ」の初日で演奏と歌唱に合わせた踊りを鑑賞することができました。
また特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」も行われており 神話を裏付ける数々の遺品などを見ながらイヤホンガイドでの解説により古代人の生活感などを想像することができました。

楽しみの昼食は新型コロナにより館内で食べるところがなく 各自3時間半の滞在時間内にバス車中での昼食となりましたが 往路の途中で積み込んだ横浜崎陽軒のお茶付きシュウマイなどのおかずとご飯タップリ弁当をゆっくり堪能することができました。

もうひとつの楽しみであるお土産は 館内にはないものがあり、ほど近い両国駅周辺のお店や行き帰りに休憩をとった海老名サービスエリアで夕食のおかずも含めて買い出し?と思えるほど大量に購入した人も見られました。

気配りのある感じのいい運転手さんと道中でずっとガイドをしてくれていた説明上手のバスガイドさんにも恵まれ 感染予防をしながらも閉塞感のある日常から解放された気分で一日楽しむことができました。
来年こそ日常に戻って 気兼ねなく大勢の仲間と顔を合わせられることを願わずにはいられません。

日本橋 かっぽれ 人力車
電話ボックス 住宅 住宅の間取り図 古今の海岸線と河川
エジプト展 女王のスフィンクス像(胸像) 王と妃を描いた梁 穀物盤 ミイラ化の際取り出した内臓を納めた容器
女性のカルトナージュ棺 ミイラを納めた石棺 女性の人型棺・内棺 シャブティ像と棺形のシャブティボックス
有翼の女神 ナイルの神の像(上半部)
プタハメスの墓のピラミディオン 三匹の魚とロータスを描いた浅皿
崎陽軒HPより

崎陽軒HPより

FMさがみ「市民活動 hot リポート」出演

  
3月9日(火) 朝9時5分から放送された

竹中通義モーニングワイド内の「市民活動 hot リポート」として

さがみはら市民活動サポートセンターの登録団体活動紹介コーナーがあり、八代会長と市川副会長が出演しました。

会長から協会の現状や活動内容の要点をうまくまとめてお話いただきました。

その中でさりげなく行政へのひとことや点字ブロクによる「ことばの道案内」などもアピールしていただきリスナーさんにもわかりやすかったのではと思います。

また竹中パーソナリティから視覚障害者への声掛け方法を問われ いきなり腕をつかむなどしないで肩をトントンと軽くたたいてから「何かお手伝いできることはありますか?」と言ってもらうといいとお伝えしました。

10分足らずの時間にもかかわらず 初めてのスタジオからの生放送ということで緊張するかと思っていましたが

竹中パーソナリティのプロならでわの誘導により あまり緊張することもなく無事終了することができました。

どなた様でも少しでも当協会に関心をお持ちになられた方がおられましたら 以下の問い合わせ先にお気軽にご連絡いただくことを心からお待ちしております!!

[お問い合わせ先]
相模原市視覚障害者協会
会長 八代 義男
電話 042-756-6004
または
副会長(事務局)  宇都木 茂
電話 042-777-1288
E-mail soushikyou-jimu@jcom.home.ne.jp

FMさがみtwitterに紹介されていますこちらから

第9回相模原市視覚障害者福祉大会

令和2年11月29日(日)市民会館にて関係者など約60名と多数の参加のもと開催しました。
当協会の恒例重要事業でもあり新型コロナの感染防止を第一として様々な感染防止策を図りながらの実施となりご来賓をお迎えすることはひかえさせていただきました。

第1部は 主催者挨拶などにつづき、前年度の本会で決議し市などへ要望した11分野の項目について、市のとりまとめ部署のご来場による回答の説明をしていただいたのち、希望者による意見具申も行いました。

続いて本年度の大会決議(案)の朗読を、市高齢・障害者福祉課および高齢・障害者支援課のご出席いただいている中で行い、原案通り全会一致で採択されました。

引き続き第二部の午前の部として、
教養講座 テーマ「百人一首を味わう ーー イケ面貴公子の恋」と題して、
     講師  福島県立視覚支援学校教諭 渡邊寛子 氏により、
詠まれた年代・歴史的背景や人物像・現代風の解釈説明などにより、難しく思われた和歌を面白く理解できた人も多かったのではないでしょうか。

その後豪華な?弁当が出席者全員に配られ、食事と歓談により交流を深めました。

午後の部のアトラクションとして、
「クリスタルマンドリナーズ」の皆様によるマンドリン演奏が行われました。

6人の小グループながら、まもなく94歳を迎えられるとのことだが年齢を感じさせない若さをもった方など個性あふれるメンバーが集結されており、演奏だけでなくトークにも癒しと元気をもらうことができ、
知っている曲も沢山あり口ずさんだり手拍子で参加するなどで大いに楽しむことができました。

今回の大会は新型コロナ流行中という、現境下なかなか会うことのできない人などとの久々の交流を深めることができ、記憶に残る一日となりました。

開式前の会場 会長挨拶 前年度要望の回答等説明 意見具申 大会決議(案)朗読
教養講座・渡邊氏 弁当 クリスタルマンドリナーズ 演奏中の会場① 演奏中の会場②

「秋の社会見学」(マザー牧場・東京湾観音)

令和2年11月18日(水) 新型コロナの収束が見えない状況ではありましたが、開催を望む声もあり感染防止を十分に図りながらの実施となりました。
小春日和というよりもやや汗ばむような好天の中、総勢19名参加により開催しました。

マザー牧場では羊やあひるなどによるアトラクションや餌やりなどで子供にかえったような無邪気な姿を見せる人もいました。
東京湾観音は思っていたより大きくて高さ56メートルの頭部まで314段の階段を上った健脚もいました。

【行程表】
市民会館発 →首都高速 大黒パーキングエリア→マザー牧場→東京湾観音→海ほたる→市民会館→橋本駅まえ

当初予定していたマザー牧場での「羊の人形作り」体験は中止されていて実施できなくなりましたが、晩秋の一日を大いに満喫し明日への活力を得ることができました。
案内上手のバスガイドさんと運転上手のバス運転手さんにも大いに感謝します。

次回の社会見学は令和3年2月に予定していますので大勢の参加をお待ちしております。

入り口の案内板 写真撮影用のボード 牧場内の移動バス
アヒルの大行進① アヒルの大行進② アヒルの「大行進③
羊の大行進① 羊の大行進② 羊の大行進③
アグロドームショー(ヤギの挨拶) アグロドームショー① アグロドームショー② アグロドームショー③
東京湾観音① 東京湾観音②(横から) 東京湾観音③(胎内仏)
宇佐美政衛夫婦像 東京湾観音最上階 観音様の前で集合写真

第1回ほっと・サロン

令和2年10月21日(水) 市民会館第2中会議室にて開催しました。

今年度最初のほっと・サロンでしたので、午前午後通してそれぞれの近況をお話しいただいたり、これからの研修テーマについて話し合ったりしました。

初めて参加してくださった方、お久しぶりな方など、会員14名、付き添い10名と多数の方に参加していただくことができました。

新型コロナによる新しい生活様式を意識しながらも皆さんお元気そうで顔を合わせて会話ができにぎやかな集まりになりました。

次回は来年1月を予定しておりますので多数の参加をお待ちしております。

令和2年度通常総会

令和2年6月28日(日)実施については新型コロナウィルス感染防止のため、書面議決とすることになりました。

全ての議案について、過半数の賛成をもって原案通り可決されました。

相模原市身体障害者連合会定期総会

 令和2年5月30日に開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響で書面決議となりました。

会員の 皆様から当協会会長に一任いただいていた議決権を行使し、全ての議案について原案通り可決されました。