投稿者「博物館」のアーカイブ

博物館の花(予告編)

博物館の中庭では、こんなつぼみがニョキニョキと立ち上がってきました。 エビネのつぼみです。野生ランとして有名な花ですが、市内では生育地が減っている上に盗掘に合いやすく、野外で見るのが難しい花の一つです。 ゴールデンウイー … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: | 博物館の花(予告編) はコメントを受け付けていません。

ジグモ

博物館近くの公園で、ふと目に留まったのはジグモの住居。岩に袋状のものが張り付いていて、地中に続いています。 もしかしたら子どものころ、ジグモの住居を釣り上げて遊んだ記憶をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。 釣り上げ … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ジグモ はコメントを受け付けていません。

激しい縄張り争い

昨日(4月17日)の野外調査の折、野みちを歩いていたら下の方からキョッ!キョッ!と強い不規則な声が聞こえてきました。 声の方向を見ると、なんと、5メートルほど先の地面の上でオスのウグイスが2羽、取っ組み合いのケンカをして … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 激しい縄張り争い はコメントを受け付けていません。

春真っ盛りの植物調査

4月17日、緑区のいろいろな場所へ、相模原植物調査会のみなさんと絶滅危惧植物の生育状況調査に行きました。 県内でもわずかな自生地しか残っていないオキナグサ(県:絶滅危惧1A類)は、あるお宅の裏山でひっそりと残っています。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 春真っ盛りの植物調査 はコメントを受け付けていません。

クマバチの季節

春の日差しが強くなってきて、博物館のまわりでもクマバチが飛び始めました。 ロシアの作曲家リムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」という楽曲があります。細かい音符がうねるように続くメロディーは、オスの飛行のようすを表している … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | クマバチの季節 はコメントを受け付けていません。

今年はツバメの巣!

4月14日(日)、相模原市立環境情報センターで今年度最初の自然環境観察員制度環境学習セミナーが行われました。 博物館ではこの制度発足当初から調査活動に関わってきましたが、実はその初年度の平成13年に行われたのが、全体調査 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 今年はツバメの巣! はコメントを受け付けていません。

フデリンドウだけではなく・・

このところ、フデリンドウの開花にはしゃいでたくさん写真をアップしてきましたので、ほかにもたくさん咲いている植物の写真もアップしなくては不公平、ということでご紹介します。まずは、フデリンドウよりもずっと低く地面にぺったり張 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | フデリンドウだけではなく・・ はコメントを受け付けていません。

枝?いえ、針金にも似てました(マネキグモ)

この頃急に暖かくなって、博物館周辺で見られる生き物も急に増えてきました。 写真は、マネキグモ幼体。今シーズンは初めてお目にかかります。 林の縁などで、数本の糸を張った簡単な網を張るクモですが、体の形や模様が木の枝にあまり … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , | 枝?いえ、針金にも似てました(マネキグモ) はコメントを受け付けていません。

キアシドクガの発生と天敵による捕食(毛虫の拡大写真あり:閲覧注意)

4月9日、春まっさかりの樹林地で、フデリンドウや、訪花昆虫のビロードツリアブの写真を撮っていました。 風が少し強めだったものの、たくさんのビロードツリアブが飛んでいて、飛翔中の写真なども撮ることができました。 そして、ま … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | キアシドクガの発生と天敵による捕食(毛虫の拡大写真あり:閲覧注意) はコメントを受け付けていません。

臨時の生きものミニサロンを実施しました!

4月6日、咲き始めたフデリンドウをご紹介するために、通常は第4土曜日に実施している生きものミニサロンを臨時で実施しました。 昨日のブログを見て来て下さった方もいて、小さくて可憐なフデリンドウをたっぷり観察しました。 とり … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 臨時の生きものミニサロンを実施しました! はコメントを受け付けていません。