投稿者「博物館」のアーカイブ

フェンス際の劇場

博物館周辺の樹林地はフェンスで囲われています。当然、樹林の切れ目にあるので、陽当たりが林内よりも良いのです。そこではびこるのが、つる植物。 歩道の安全確保のために、遠からず抜き取られる運命にあるはずですが、とりあえず威勢 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | フェンス際の劇場 はコメントを受け付けていません。

第5のタヌキ

企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」は7月7日で終了しましたが、センサーカメラは今も博物館周辺の樹林地に設置しています。 企画展の途中から追加した展示パネルの一つに、博物館周辺に生息する4個体のタヌキの個体 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 第5のタヌキ はコメントを受け付けていません。

生物企画展が終了しました!

5月25日にスタートした生物企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」が7月7日をもって終了しました。 最終日となった7月7日は特にたくさんの来場者をお迎えし、1日で1100名を超えました! 観覧中の方の声に耳を … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: | 生物企画展が終了しました! はコメントを受け付けていません。

少し似ているけど違うクモ2種

初夏から夏にかけて、林縁部などに姿を表すシロブチサラグモ。 体長5mm程度ですが、よく見ると陶器やガラスのようなつやがあり、美しい種です。 浅いドーム状の網を張って、その下にぶら下がります。 実はこの時期、似たようなクモ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , | 少し似ているけど違うクモ2種 はコメントを受け付けていません。

7/7、企画展最終日、そして星のストラップづくりです!

今日、7月7日は、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」がいよいよ最終日です。今日17時までとなりますので、まだ間に合います!ご覧になっていない方はぜひご来館ください。 そして七夕でもある今日は、1階エントラ … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 7/7、企画展最終日、そして星のストラップづくりです! はコメントを受け付けていません。

脱皮中(オオカマキリ)

朝、オオカマキリの幼虫が脱皮するところを見かけました。 カマが見えないので、バッタの仲間のようにも見えます。 カマの部分が抜けて、カマキリらしい姿になりました。 脚でつかまらず、腹部の先だけでぶら下がっでいます。 脱皮し … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 脱皮中(オオカマキリ) はコメントを受け付けていません。

脱皮殻の観察(クモ)

節足動物は、体の外側を骨格で覆っているので、大きくなるためにはその骨格=殻を脱ぐ必要があります。それが脱皮です。 これはイオウイロハシリグモ(オス幼体)の脱皮殻。 とてもきれいに形が残っていたので、思わず拾ってきてしまい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 脱皮殻の観察(クモ) はコメントを受け付けていません。

貴重な昆虫標本

6月29日、昆虫の研究者が標本の閲覧に来られました。当館の動植物資料の中で一際古く、充実した標本群である「桐生亮コレクション」の中の標本が目的です。 この中から、現在は非常に希少な昆虫であるオオアオホソゴミムシの記録を確 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 貴重な昆虫標本 はコメントを受け付けていません。

初夏の水鳥調査

6月27日、市内緑区のダム湖で行われた水鳥の調査に参加しました。 雨が心配されましたが、穏やかな天候に恵まれて、カワウやアオサギなど、大型の水鳥の生息状況を中心に調査できました。冬と違ってカモ類はほとんどいなかったのです … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 初夏の水鳥調査 はコメントを受け付けていません。

地質学講座 最終回

6月22日は地質学講座の第4回でした。最終回でもある今回は、博物館での講義です。 第2回と第3回に行った野外観察会の振り返りと、相模野台地の成り立ちについて解説しました。 今回も多くの質問があり、参加者の熱意が伝わってき … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 地質学講座 最終回 はコメントを受け付けていません。