投稿者「博物館」のアーカイブ

月に因んだ名前のクモ

昨日9月13日は中秋の名月、そして今日14日は満月だそうですが、今日たまたま月に関係ある名前のクモを見つけました。 その名もカグヤヒメグモ(学名:Parasteatoda culicivora)。 博物館の外柵にぶら下が … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 月に因んだ名前のクモ はコメントを受け付けていません。

白露を過ぎても猛暑・・植物野外調査(9月11日)

季節的には秋なのですが、今週は連日猛暑が続いています。そんな中、相模原植物調査会のみなさんと緑区の奈良本峠方面へ調査へ行きました。目的は、県内ではほとんど確認例の無い樹木がこの地域で見つかったという情報があるからです。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 白露を過ぎても猛暑・・植物野外調査(9月11日) はコメントを受け付けていません。

ジョロウグモが繁殖期

最近、博物館周辺のジョロウグモの網でオスとメスが同居しているのをよく見かけるようになってきました。 こんな感じです(小さくて模様が地味なのがオスです)。 オスが複数いる場合もあります。 オスがメスの網に侵入して、交接(ク … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ジョロウグモが繁殖期 はコメントを受け付けていません。

研修生日誌(9月7日)

こんにちは!9月2日から相模原市に研修生としてお世話になっている者です。 今日(9月7日)は一日、博物館の仕事について勉強させていただきました。 お昼頃には「生きものミニサロン」に参加し、ジョロウグモを観察したほか、ヘク … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | タグ: | 研修生日誌(9月7日) はコメントを受け付けていません。

とうとう開花、アメリカネナシカズラ

博物館で系統保存のために栽培中の絶滅危惧植物カワラノギクには、アメリカネナシカズラという外来のつる性寄生植物がとりついています。絶滅危惧種とは正反対の属性を持つそんなものをなぜ生やしているのかと言うと、アメリカネナシカズ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | とうとう開花、アメリカネナシカズラ はコメントを受け付けていません。

考古分野の博物館実習(前編)

6日間ある分野別の博物館実習のうち、考古分野も前半が終了しました。 考古分野の実習では、遺物の資料整理や鉄製品の保管処置、フィールドワーク、相模原縄文研究会(考古ボランティア)との普及事業の企画打合せなどを行いました。 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 学芸員のひとりごと, 考古・歴史・民俗 | タグ: , | 考古分野の博物館実習(前編) はコメントを受け付けていません。

チャイロスズメバチ

いつも色々な昆虫が集まってくるクヌギの木。 ふと気がつくと見慣れないハチが。 チャイロスズメバチです。 腹部は黒くて縞模様はなく、頭や胸も赤茶色をしているという、ちょっと見た目が変わったスズメバチです。 生態も変わってい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | チャイロスズメバチ はコメントを受け付けていません。

受講者募集中!花の観察と植物画

植物を観察する方法の基礎である「スケッチ」を学びませんか? 毎年実施している植物学教室「花の観察と植物画」を今年も10月5日(土)と12日(土)に実施します。 講師は植物画家の豊田路子さんです。 和やかで楽しい雰囲気の中 … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 受講者募集中!花の観察と植物画 はコメントを受け付けていません。

尾崎咢堂記念館にて資料公開「戦後の日記帳」を開催中!

8/31(土)より博物館所管施設の尾崎咢堂記念館ロビーにて、尾崎咢堂関係資料紹介「戦後の日記帳」を開催しています。 今回展示している主な資料は、昭和20年、21年、22年、24から25年の日記帳で、咢堂の四男行輝の孫尾崎 … 続きを読む

カテゴリー: 尾崎咢堂記念館, 考古・歴史・民俗 | タグ: , | 尾崎咢堂記念館にて資料公開「戦後の日記帳」を開催中! はコメントを受け付けていません。

出てきたのは意外なクモ

カタハリウズグモの網があったので「一応、写真を撮っておこう」というくらいの気持ちで撮影していると… 網の白い渦巻き(隠れ帯)の部分からぎこちない動きでクモが出てきました。 が、どう見てもウズグモの仲間ではありません。 頭 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 出てきたのは意外なクモ はコメントを受け付けていません。