民俗むかしの写真」カテゴリーアーカイブ

民俗分野のフォトアーカイブをご紹介する連載のブログカテゴリーです

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No54・養蚕の祈願①)

本シリーズNo.50で彼岸に行われた念仏講、前回のNo.53では新築された家での家見(いえみ)念仏を紹介しましたが、地域のもっとも重要な産業であった養蚕のために女性が集まって講を行い、お祈りすることも各地で見られました。 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No54・養蚕の祈願①) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No53・念仏と地蔵)

職員ブログNo.50では、彼岸に行われた念仏講を紹介しましたが、実は念仏講は彼岸に行われるだけではなく、例えば、人が亡くなると、その家に集まって葬式念仏(とむらい念仏)を唱えるのは一般的なことでした。 そして、最初の写真 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No53・念仏と地蔵) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No52・サツマイモの苗床)

かつて正月から三月までは比較的畑での作業がない農閑期で、ヤマから落ち葉を掻いたり、家で藁細工などが行われました。そんな中、三月節供頃までにしなければならなかったのがサツマイモの苗床(サツマグラ)作りです。 サツマグラは、 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No52・サツマイモの苗床) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No51・地神講)

前回は、彼岸に行われる念仏講について取り上げましたが、このほかにも同じ信仰を持つ人々が集まって行う講にはさまざまなものがありました。 今回取り上げる地神講(じじんこう・じちんこう)はその名のとおり、土地の神・農業の神とさ … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No51・地神講) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No50・彼岸念仏)

3月の祝日である春分の日を中日として、その前後の3日間ずつの計7日間が春のお彼岸です。もちろん秋にも、秋分の日を中心とする彼岸があります。 彼岸には墓や寺参りをするほか、「入りボタモチに明け団子、中の中日小豆飯」などと言 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No50・彼岸念仏) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No49・資料の収蔵)

前回、三月節供に嫁の実家から贈られるオクリビナについて、博物館が保管している資料の写真を紹介しましたが、博物館には市民の皆様から御寄贈いただいた膨大な数の資料を収蔵しています。 次の写真は、博物館三階にある「生活資料収蔵 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No49・資料の収蔵) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No48・三月節供)

3月3日は三月節供で、女児の誕生と成長を祝うひな祭りが行われ、女の子が生まれると初節供としてひな人形などが親戚から贈られます。これらの人形は、2月中の縁起の良い日に座敷に飾り、3日を過ぎるとすぐに片付けることが普通でした … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No48・三月節供) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No47・藁仕事)

 節分や初午、職員ブログNo.37で紹介したヨウカゾウが終了すると、2月には特に目立った行事はなく、農業でも麦踏みなどがある程度で農閑期に当たります。  冬場の主な作業は、これも職員ブログNo.34で触れた山仕事とともに … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No47・藁仕事) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No46・初午)

初午(はつうま)は2月に入って初めての午の日で、今年は立春と同じ日の2月3日でした。その年によって、立春の前に午の日が来ることもありますが、その年は火事が多いとして、初午ではなく立春後の二の午(二回目の午の日)に行事を行 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No46・初午) はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No45・節分)

 節分は年越とか年取りの日と言われ、立春前日の暦の上でも重要な日です。通常は2月3日の節分が今年は124年ぶりに2日になるということで話題になっていますが、市内でも各家の年中行事として盛んに行われていました。    文化 … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No45・節分) はコメントを受け付けていません。