博物館収蔵資料紹介~婚礼

前回取り上げた正月行事は、毎年同じ日時に行われる年中行事ですが、人の一生の間に行われる人生儀礼にもさまざまなものがあります。今回は、その中でも女性の婚礼にまつわる資料を紹介します。

最初の写真は婚礼の際に着た打ち掛けです。第二次世界大戦後の間もない時期に、南区上鶴間から町田の地主の家に嫁入りした際に着られたもので、鶴が舞い、さまざまな草花が描かれるなど、華やかな装いです。                   

 

次の写真は、緑区相原から中央区上矢部に昭和14~15年(1939~40)頃に嫁入りした方が持ってきた着物の一つで、白い色をしています。意外に思われるかもしれませんが、かつて女性は自分の親(実家・婚家の両方)の葬式にはこうした白の着物を着ており、この写真の着物も喪服だろうとのことです。                   

 

和式結婚式では現在でも日本髪に結いますが、次の写真は、昭和17年(1942)に中央区淵野辺から南区下溝に嫁入りした方が使ったもので、上側は鼈甲(べっこう)製の櫛(くし)と笄(こうがい)・簪(かんざし)、下側も同じく櫛・笄(左)と簪(右)です。笄は髪型をまとめて髷(まげ)にさして飾り、簪も髪飾りで笄と組みで用います。                    

こういったものはその家で一番最初に結婚する人が買って、その後、姉妹が順番に使って一番最後に結婚した人がそのまま保管したそうで、この資料は昭和10年(1935)頃に、姉が結婚する際に町田の店から買ったとのことです。

 

また、この方からは、ご自分の結婚式で使った他のものも寄贈いただいており、次の写真の上側が角隠し(つのかくし)の布、左が末広(すえひろ)、右が筥迫(はこせこ)です。                

角隠しは花嫁の被り物で、布の真ん中を開いてとがった形にします。末広は花嫁が手に持つ扇子(せんす)です。筥迫は紙入れで、花嫁が着物からちょっと見えるようにして飾りものとして使います。

 

最後の写真は箱枕(はこまくら)で、以前のブログでも南区古淵から緑区下九沢に嫁入りした方の箱枕を紹介しましたが、この箱枕も髪飾りなどと同じく下溝の方が嫁入り道具の一つとして持参したものです。嫁入り道具には布団(ふとん)のほか、通常の枕とともに日本髪を結った時に使う箱枕の両方を持ってきました。                  

 

なお、この職員ブログで以前掲載していた「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」No.71「人生儀礼」では、結婚して初めて三月の節供を迎えた際にお嫁さんの実家から贈られた「おくりびな」なども紹介していますので、併せてご覧ください。

「人生儀礼」 https://www.sagami-portal.com/city/scmblog/archives/27135

カテゴリー: 考古・歴史・民俗 | タグ: | 博物館収蔵資料紹介~婚礼 はコメントを受け付けていません

生きものミニサロン「鳥の羽根についてくわしくなろう!」を実施しました

1月28日、毎月恒例の生きものミニサロンを実施しました。今回のテーマは「鳥の羽根についてくわしくなろう!」と題して、館内のエントランスで実施しました。

はく製を使って解説

ノスリやオオタカ、オシドリ、フクロウ、トラツグミのはく製を用意して、羽根の役割や形の特徴などについて解説しました。特に翼の羽根の中でも風切羽(かざきりばね)は、鳥が飛ぶために特徴的な形をしていて、見方に慣れると左右どちらの翼の羽根かわかります。

間近で見る機会が少ないはく製に、興味津々の参加者のみなさん

参加者のみなさんにそれぞれ1枚ずつ、鳥の羽根をお渡しして、左右どちらの翼の羽根か、考えてもらいました。

翼の羽根(フクロウの左翼の風切羽)

識別、確認していただいた羽根は、それぞれチャック袋に入れて持ち帰っていただくことにしました。
続いて、身の回りにある鳥の羽根や、それを使った道具などを紹介しました。まずは“赤い羽根”です。これは、ニワトリの体羽(たいう)を赤く染めたものです。

赤い羽根(ニワトリの体羽)

続いて、羽はたきす。これは、ダチョウの羽根でできています。飛ばない鳥なので、翼の羽根もまったく飛べる感じがしません。

ダチョウの羽根と、羽はたき 左の白い羽根は、翼の羽根

最後に、触り心地を体験してもらうために、フクロウとノスリのはく製の羽根をみなさんに「1回ずつだけ」触ってもらいました(もちろん、普段は手を触れることはできません)。フクロウの羽根のやわらかさに、みなさん驚かれた様子でした。
次回の生きものミニサロンは2月25日(土)に実施します。お楽しみに!

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 生きものミニサロン「鳥の羽根についてくわしくなろう!」を実施しました はコメントを受け付けていません

【満員御礼】尾崎咢堂記念館で山本五十六に迫る

1月22日(日)、近・現代史講演会「山本五十六と現代」を尾崎咢堂記念館で開催しました。
コロナ禍前は恒例行事だった近・現代史講演会ですが、令和元年以降は感染症拡大防止のため中止を余儀なくされていました。このため、本事業を委託している「尾崎行雄を全国に発信する会」と、3年ぶりとなる講演会が無事に開催されることを願いながら準備を進めてまいりました。

講演会の開催については、こちらのブログでも予告いたしましたが、当館ホームページやTwitter、広報さがみはら、市ホームページなどたくさんの場所でお知らせした甲斐もあり、楽しみにお越しいただいたお客様で開場後すぐに満員御礼となりました。

尾崎咢堂記念館の多目的室が満席状態となる盛況ぶりでした。

講師には、日本海軍戦史戦略研究所副所長を務め、ディレクターとしてNHK BS1番組「山本五十六の真実」の制作に携わった、海軍史家の渡邊裕鴻(わたなべ ゆうこう)氏をお招きしました。

講師の渡邊先生は三重県のご出身ですが、三重といえば本市緑区又野出身の郷土の偉人・尾崎行雄(咢堂)が14歳の時に移住し、第1回衆議院議員総選挙の際に立候補地となった尾崎行雄ゆかりの地でもあります。今回、尾崎の生誕地で開催となったことにご縁を感じつつ、約2時間たっぷりと講演いただきました。

講師の渡邊裕鴻氏

この講演会のメインテーマである山本五十六は、新潟県長岡市出身の旧帝国海軍軍人で、海軍大将を務めた人物です。
「やってみせ 言って聞かせて させてみせ 誉めてやらねば 人は動かじ」などの言葉を世に広めたことでも知られており、山本五十六が残した名言の数々を一度は耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。また、意外かもしれませんが、軍国主義が高まる中で国際平和を訴えて軍部を批判していた尾崎行雄とも、生前に交流を持っていたことが分かっています。

なぜ山本五十六は一貫して日米開戦に反対しながらも、真珠湾攻撃を立案したのかという視点は、その人物像を紐解く上で重要な手がかりのひとつです。
今回の講演会により、手記や写真から分かる歴史的事実や、遺族など周辺人物が残した聞き書きなどを通じて、平和を希求する思いと軍人としての立場との間で揺れ動いていた山本五十六という人物を知ることができました。
また、政治家と軍人という異なる身の上ではあるものの、反戦を掲げてそれぞれの立場で尽力した尾崎行雄と山本五十六のつながりについて、深く考える契機にもなりました。

カテゴリー: 報告, 学芸員のひとりごと, 尾崎咢堂記念館, 考古・歴史・民俗 | タグ: , , , , | 【満員御礼】尾崎咢堂記念館で山本五十六に迫る はコメントを受け付けていません

プラネタリウム ウィンターコンサートを開催しました!

1月25日、プラネタリウムウィンターコンサートを開催しました。これは、相模原市民会館で開催されている「ランチタイムコンサート」に出演している林愛実さん(フルート)、岡本梨紗子さん(チェロ)、原礼以菜さん(ピアノ)の生演奏を、プラネタリウムに映し出される満天の星や映像と共に楽しもうという贅沢なコンサートです。

「はやぶさ」の前で

満席となった会場で始まったコンサートの1曲目は、ジュピター(ホルスト作曲・組曲「惑星」から)でした。

木星をバックに演奏

ポピュラーからクラッシックまで、多くの人に愛される名曲が演奏されました。

幻想的な宇宙空間の映像とともに

コンサートの間には今晩の星空の解説が入り、雰囲気を盛り上げます。
幻想的なオーロラや宇宙空間の映像と、生演奏のコラボレーションに、会場のみなさんのため息が重なります。

オーロラも演奏を盛り上げます

プログラムの最後は、「瑠璃色の地球」。美しい青い星に思いを寄せながら演奏に聴き入りました。

              地球へ        Ⓒアストロアーツ 

アンコールを含めて8曲、約1時間のコンサートが終わる頃、外は夕暮れて月が出ていました。
ちょうど演奏者のみなさんがお帰りになる時、博物館駐車場の上には月と木星が見えました。そこで、天文担当の学芸員による臨時の観望会です!

臨時の星空観望会 正面の月の左上に、木星が!

ジュピター(木星)で始まり、木星の下で「お疲れさまでした」のご挨拶。スタッフも演奏者のみなさんも、笑顔で締めくくることができました。

カテゴリー: 天文 | タグ: , , , | プラネタリウム ウィンターコンサートを開催しました! はコメントを受け付けていません

ミニ解説① 家康の柩が通った相模原

先日のブログでもお知らせしたとおり、市立博物館1階エントランスにて、NHK大河ドラマ“どうする家康”関連ミニ展示「相模原にもあった!?徳川家康ゆかりの地」を開催中です。

このミニ展示では、今年の大河ドラマの主役・徳川家康やその祖先、重臣(おもだった有力な家臣)にまつわる実は身近な伝承地について、相模原市内を中心に紹介しています。
そこで、今回から数回にわたり、ミニ展示には収まりきらなかった「ゆかりの地」の魅力や、展示の裏話などをこちらのブログでお伝えしたいと思います。

博物館エントランスの一角で開催中です。

初代将軍として江戸幕府の礎を築いた徳川家康は、1616(元和2)年4月にその生涯に幕を下ろします。享年75歳、当時としてはかなり長寿でした。
家康は自身の死後、埋葬や葬儀、位牌を納める場所、一周忌にすべきことについて事細かに遺言しており、それに従って亡くなった翌年に久能山(くのうさん/静岡市葵区)から日光山(にっこうさん/栃木県日光市)へ柩(ひつぎ)を遷座(せんざ)します。南区新戸(しんど)の一里塚は、この柩を運ぶ道中に築かれたものとされています。

南区新戸の一里塚の標柱

江戸時代に編さんされた地誌『新編相模国風土記稿』には、この一里塚について「府中道の左右に相對す 高一丈、頂に榎樹ありしが寛政中枯槁す、元和三年神柩通御の時築立ありし一里塚なりと傳ふ…」とあります。
武蔵国(むさしのくに)の国府があった東京都府中市につながる府中道の左右に高さ約3メートルの塚が築かれ、その頂上に植えられていた榎(えのき)は寛政年間(1789~1801年)に枯れてなくなったことが記されています。(植物のエノキについてはこちらのブログで紹介しています。)
一里は約4キロメートルで、新戸の一里塚は久能山から日光山の長い旅路の道標の一つとして築かれたのでしょう。現在は記述にあるような盛り土は残っていませんが、標柱により一里塚の場所を確認することができます。

また、ミニ展示では霊柩(れいきゅう)遷座に関わる場所として、新戸の一里塚にも程近い座間市の宗仲寺を紹介しています。
宗仲寺は、家康の重臣の一人・内藤清成(ないとう きよなり)が自身の父である竹田宗仲(たけだ そうちゅう)の菩提寺(ぼだいじ)として1603(慶長8)年に開いた寺で、家康が生前に好んでいた鷹狩りの折に休憩所として立ち寄れるよう、清成が境内に御殿を建てたと言われています。

明治初期の宗仲寺境内図。鳥居奥の建物に家康の柩が入ったとされています。(本堂で撮影)

家康没後、霊柩遷座の際も宗仲寺は休憩所となっており、当時柩が入った御殿のものとされる欄間(らんま)が本堂内陣に現存しています。
このほか、家康ゆかりの宗仲寺には、家康がてずから植えたとされる銀杏(いちょう)の木や、拝領品と伝わる茶道具など見どころがたくさんあります。

ここまでは、家康の柩が通った相模原と近隣のゆかりの地を紹介してまいりましたが、ミニ展示では霊柩遷座の道のりについて、もっと遠く離れた地も紹介しています。
それが「絵葉書に描かれた霊柩遷座のまちなみ」のコーナーです。

期間限定のラインナップです。

このコーナーでは、2015(平成27)年3月に閉室した津久井郷土資料室から当館に移管された12,000点以上の絵葉書の中から、霊柩遷座に関係する場所をピックアップして展示しています。これらは全て、緑区若柳出身の郷土史家・鈴木重光(すずき しげみつ)氏が明治・大正・昭和にかけて収集した膨大な絵葉書コレクションの一部です。

絵葉書の展示については、資料保護の観点もありますが、一度に全ての絵柄を紹介しきれない…ということで、会期中の入れ替えを予定しています。
第1弾となる今回は、日光東照宮から家康の墓所や色鮮やかな陽明門、府中の大國魂神社、小田原城や西湘海岸、三島神社などの全10点です。2月初旬には第2弾に入れ替える予定ですので、ご興味がある方はお早めにお越しください。

そして、当初これらの絵葉書を所蔵していた津久井郷土資料室について詳しく知りたい場合は、自然・歴史展示室内で現在開催中の市史ミニ展示「津久井郷土資料室と雑誌『日本少年』」もあわせてご覧いただければと思います。

カテゴリー: おしらせ, 学芸員のひとりごと, 考古・歴史・民俗 | タグ: , , , , | ミニ解説① 家康の柩が通った相模原 はコメントを受け付けていません

県立相模原公園で野鳥の調査会

1月22日、県立相模原公園で野鳥の調査会を行いました。これは、相模原市自然環境観察員制度の野鳥部会が、市内の公園の鳥類相(生息している鳥のリスト)を明らかにするために年間通して行っている調査で、今年度は相模原公園と、隣接する相模原沈殿池を調べています。基本的に、野鳥部会の観察員が個別に行って調べていますが、年に何度か、勉強会を兼ねて調査会を開いていて、今回は博物館の学芸員が案内しました。

沈殿池での調査の様子

最初に登場したジョウビタキのメスです。くりくりした目がとてもかわいらしいですね。

ジョウビタキ

今年は冬鳥が少なめで、いつもの年なら公園内にたくさんいるツグミをほとんど見かけません。でも、沈殿池へ行くと、やっぱり定番のカモはいました。こちらはその中の1種で、オシドリです。

オシドリ

あまりの美しさに、観察員のみなさんも大喜びです。
カモの他にも、カンムリカイツブリやカワウなどの水鳥をしっかり観察してから、公園へ戻ります。途中、スズメの群れに出会いました。

スズメ

野鳥に関心を持ち始めると、最初はスズメを見ても「いつも見ている鳥」くらいにしか思いませんが、ベテランになるにつれて、スズメのかわいらしさを再認識します。いつも群れてチュンチュン鳴きながら騒いでいる姿は、やっぱりかわいいものです。
終盤、園内の水無月園(みなづきえん)では、モズが姿を見せてくれました。

モズ

全体的に鳥の数は少なかったものの、2時間余りで約30種を確認できました。
楽しく観察しながら野鳥の特徴を知ることができる調査会です。自然環境観察員に興味のある方は、エコパークさがみはら(相模原市立環境情報センター)へぜひお問い合わせください。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 県立相模原公園で野鳥の調査会 はコメントを受け付けていません

住宅展示場で本格お仕事体験!

以前、こちらのブログでもお知らせしましたが、1月15日(日)にキッズわくわくワークに出展しました。
「キッズわくわくワーク」とは、子どもたちが各分野の専門家から直接学び本格お仕事体験ができるイベントで、当館からは博物館学芸員体験として生物担当と歴史担当の職員が出張ワークショップを行いました。

出展ブースの様子

生物分野では、鳥の羽根の分類・整理方法について体験してもらいました。
少し難しい専門用語に苦戦しつつも、学芸員からのヒントをたよりにどの部分の羽根なのかを考え、自分で分類した成果をお土産に喜んで持ち帰る姿が見られました。
普段はなかなか外に出ない本物の鳥の剥製は大人気で、間近で観察したり、ふわふわの羽根をずっとなでたりしているお子さんもいらっしゃいました。

剥製も一緒に出張。たくさん子どもたちと触れ合いました。

歴史分野では、昔の文字、いわゆる「くずし字」に親しんでもらおうと、お蕎麦屋さんの暖簾(のれん)など身近にあるくずし字を紹介した後、くずし字で書かれた本物の掛軸を実際に取り扱うコースをご用意しました。
矢筈(やはず)棒という専用の道具を使って、ホワイトボードに設置したマグネットフックに掛軸を掛けたり、取り外したりしてもらいます。
小さなお子さんも職員の説明をよく聞いて丁寧に進めてくれていたのですが、博物館からやってきた本物の掛軸と聞いて、近くで見ていた付き添いの保護者の方も驚かれていました。

本物の掛軸にドキドキ…!

当日はお昼近くから午後にかけて雨が降るあいにくのお天気でしたが、日曜日の住宅展示場ということもあり、幼稚園年中~小学校6年生の総勢45名のみなさんにご参加いただきました。
いずれのお仕事体験も楽しんでもらえたようでしたので、これを機に学芸員という職業にもっと興味を持って、博物館にもたくさんご来館いただけると嬉しいです。

カテゴリー: 報告, 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質, 考古・歴史・民俗 | タグ: , , | 住宅展示場で本格お仕事体験! はコメントを受け付けていません

【開催中】市史ミニ展示 津久井郷土資料室と雑誌『日本少年』

1月15日(日)から、市立博物館の自然・歴史展示室 郷土の歴史コーナー内で市史ミニ展示「津久井郷土資料室と雑誌『日本少年』」を開催しています。

平成30(2018)年2月に完了した『相模原市史(※1)編さん事業ですが、その後も市史・町史編さん過程で収集した資料等を紹介することで、郷土の歴史や魅力をより多くの方に知っていただけるよう、年3回内容を替えてミニ展示を行っています。(以前の市史ミニ展示様子はこちらです。)
本年度最後を飾る市史ミニ展示は、かつて緑区中野にあり、惜しまれつつも平成27(2015)年に閉室した「津久井郷土資料室」と、その収蔵資料を代表して明治39(1906)年創刊の雑誌『日本少年』をテーマにしています。

郷土の歴史コーナー「旧清水家模型」近くで展示中

津久井郷土資料室は、緑区若柳出身の郷土史家・鈴木重光(すずき しげみつ)氏の収集資料をはじめとする津久井地域住民からの寄贈資料を展示・保管しており、昭和46(1971)年の開設以降、地域の資料館として親しまれていました。
閉室後、建物は取り壊されましたが、津久井郷土資料室が所蔵していた津久井地域の貴重な資料群は現在、相模原市立博物館に移管されています。

その収蔵資料の中でも、少年少女雑誌は1,200冊超の圧倒的な点数を誇っています。
とりわけ、本ミニ展示で取り上げている『日本少年』創刊号は、綴じ込み付録の絵葉書が切り離されておらず、日露戦争後の世相を強く反映した同号付録「凱旋歓迎鉄道遊戯(がいせんかんげいてつどうゆうぎ)」とともに良好な状態で色鮮やかに残っています。こちらは実物を展示していますので、ぜひご覧ください。

色鮮やかな実物資料は必見です

そのほか、別の号の『日本少年』と付録の実物や、実は蚕業(さんぎょう)取締所(※2)としてつくられた前身となる建物など、写真や解説パネルで詳しく紹介しています。
地域に愛された津久井郷土資料室の歴史と、雑誌から見える人々の生活の様子について、本ミニ展示をご覧になって知っていただければと思います。
開催期間は3月18日(土)までです。

※1 『相模原市史』は、博物館2階市民研究室や市内の図書館等でご覧いただけるほか、市役所行政資料コーナー(郵送対応可)、市内一部書店(相模原市書店協同組合加盟店)でお買い求めいただけます。

※2 養蚕業がさかんな津久井地域において、蚕の病気予防のための検査や、蚕糸業に関わる各種業者の管理監督を行うための施設。

カテゴリー: おしらせ, 考古・歴史・民俗 | タグ: , , , , , | 【開催中】市史ミニ展示 津久井郷土資料室と雑誌『日本少年』 はコメントを受け付けていません

はやぶさ2 ♯寄席、参加申し込みありがとうございました!

標記のイベントについては、博物館としては初めての「LOGOフォーム受付」をしてみました。
ネット環境がない方は引き続き電話申し込みでも受付しましたが、受付前に各種新聞でも取り上げられたこともあってか、第一部については開始数分で満席になるという盛況ぶりで、嬉しい悲鳴になりました。
第二部についてもお昼過ぎには満席となりました。

ちらし表面

みなさまの期待の大きさをひしひしと感じます!

残念ながら参加できなかった方も、第一部についてはリアルタイムで配信を、第二部についてもトーク部分については後日アーカイブ配信いたしますので、そちらでお楽しみいただけたらとおもいます。

また、当日の参加不参加に関わらず、事前に質問を受付しますので、ハッシュタグ #haya2_QA をつけてTwitterで発信をお願いします。
第一部については、YouTubeのコメント欄でも質問を受け付けます!

当日、良い事業になるよう準備を進めてまいりますので、どうぞお楽しみに。

※第一部、第二部あわせてご参加のみなさまは第二部のプラネタリウム観覧券を当日お早めにお求めくださいませ。何しろ第一部と第二部の幕間は30分ですので、この時間にみなさんが受付に殺到されると、時間通り始められない可能性があります。円滑な進行のため、ご協力のほどよろしくお願いします!

カテゴリー: おしらせ, 天文 | タグ: , , , , , | はやぶさ2 ♯寄席、参加申し込みありがとうございました! はコメントを受け付けていません

大夕張炭鉱の石炭

先日、市民の方から大夕張炭鉱の石炭をご寄贈いただきました。大夕張炭鉱はすでに閉山となっています。

この石炭は、大夕張炭鉱に勤務されていた寄贈者のご家族の方が炭鉱から持って来られたもので、大夕張炭鉱の閉山が決まり、存続を陳情するために国会を訪れたときに持参したものだそうです。おそらくは、「こんなに高品位の石炭が採掘できるのに、なぜ閉山にするのか」のような旨で陳情されたのではないかとのことです。

石炭は大昔の植物が湖底や海底に堆積して、それらが熱や圧力を受けて変化してできました。この標本に見られる水平方向の縞模様は植物が堆積したときの痕跡で、地質学的にも良好な標本です。

炭鉱から持って来られた経歴から、地質学的だけでなく歴史学的な観点からも重要な博物館資料です。

標本や資料に関わる情報や記録が多ければ多いほど、博物館資料として貴重なものとなります。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | 大夕張炭鉱の石炭 はコメントを受け付けていません