いよいよ来週末!学びの収穫祭

今年も「学びの収穫祭」の季節がやってきました!
博物館を拠点に活動するボランティアグループや、学芸員が活動にコミットする学校の部活動や大学の研究など、さまざまな年代やグループのみなさんが、日頃の研究・活動成果を発表する場です。

今年のポスター

11月16日(土)、17日(日)の二日間にわたり、口頭発表会(16日)、展示発表会、ワークショップ、講演会など盛りだくさんです!

昨年の口頭発表のようす

プログラム(暫定版)はホームページに公開されています。
どなたでも参加できますので、ぜひお気軽にご来場ください。

昨年の展示発表のようす

今年はちょっと趣向を変えてこんなイベントも行います!

バードおじさん

「バードおじさんの環境マジックショー~私たちの暮らしと生き物とのつながり」
環境問題について考えるマジックやクイズを交えた、楽しいショーです。17日(日)11時から大会議室で行います。申込み不要ですので、こちらもぜひお誘い合わせの上ご来場ください!

カテゴリー: おしらせ | タグ: , , | いよいよ来週末!学びの収穫祭 はコメントを受け付けていません。

特定外来生物の野鳥

先週、博物館お隣の樹林地で、鳥類標識調査を実施しました。これは、標識調査の資格を持った人(バンダー)がカスミ網で野鳥を捕獲し、足環(あしわ)を付けて放鳥するものです。その足環が今後、どこかで回収されると、その野鳥の移動や生きた年月が明らかになるもので、環境省が山階鳥類研究所に委託して行う専門的な調査です。

足環が付けられたシジュウカラ

その調査の中で、こんな鳥が捕獲されました。ソウシチョウです。

ソウシチョウ

とても美しい鳥ですが、じつはこの鳥は外来種。しかも、在来の生態系に大きな影響を及ぼす可能性があることから、法律で特定外来生物に指定されています。
ちょうど同じタイミングで、もう1種類の特定外来生物も捕獲されました。

ソウシチョウ(左)とガビチョウ(右)

右がガビチョウです。どちらも飼育されていたものが逃げたか、あるいは意図的に放されたと考えられています。
特定外来生物といっても、彼らに悪意があってこの樹林にいるわけではありません。人間の身勝手な行為によって、本来の生息地ではない場所で生きていかざるをえないのです。
間近で見ていると、私たち人間の業というか、罪というか、そんなものを突きつけられている気分になりました。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 特定外来生物の野鳥 はコメントを受け付けていません。

一番小さな野鳥

連休最終日の11月4日、博物館お隣の樹林地で野鳥の調査をしました。すると、こんな鳥を見つけました。

キクイタダキ

キクイタダキといいます。この鳥には一つの称号?があります。それは「日本で一番小さな野鳥」です。
全長(嘴から尾の先まで伸ばした状態で)10センチメートル。スズメの3分の2くらいしかありません。込み入った木の枝の中をせわしなく動き回ることが多いため、どうにか撮影できた1枚が上の写真です。
今年はドングリの結実が良くないものの、エノキが豊作のようです。ほかにもこの時期の果実などを求めて集まるいろいろな野鳥を観察したので、また少しずつご紹介していきたいと思います。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 一番小さな野鳥 はコメントを受け付けていません。

JAXA特別公開 開催中!

11月2日は博物館のお向かいのJAXA相模原キャンパスの特別公開が行われています!

ポスター

博物館も会場の一つとして、トークイベントやワークショップなどが行われているため、たくさんの来館者をお迎えしています。
今年はスタンプラリーの景品交換所が博物館のエントランスになっています!

スタンプラリーの景品交換所は正面入口すぐ

小惑星探査機「はやぶさ」の初号機の実物大モデルがみなさまをお迎えしています。

はやぶさ初号機実物大モデル

相模原キャンパスは16時30分まで、博物館会場は17時までとなっています。
駐車場が大変混み合っておりますので、お車でお越しの際は十分時間に余裕をもってお越し下さい。

カテゴリー: 今日の博物館, 天文 | タグ: , , | JAXA特別公開 開催中! はコメントを受け付けていません。

秋空が似合う渡り鳥

10月28日、市内の相模川でちょっと珍しい鳥を見ました。
クロハラアジサシという鳥で、関東周辺では繁殖や越冬はしていません。秋の渡りのシーズンに、たまに姿を見せてくれる鳥です。相模川では何年かに一度くらいの頻度で見られます。

クロハラアジサシ

数羽から、多いときは40羽以上の群れが見られたこともありますが、今回は10羽がかわるがわる橋の灯りの上にとまって休んでいました。
すると、ちょっと羽色の異なる個体が飛んできました。

クロハラアジサシ(夏羽)

これも同じクロハラアジサシですが、夏羽です。
この時期に夏羽はなかなか見られないのですが、秋空を背景に飛ぶ姿は息をのむような美しさでした。

冬羽、あるいは若鳥(左)と夏羽(右)

これからまた、遙か遠く、おそらく南西諸島から南アジアなどの越冬地へと向かって旅立つことでしょう。しばしの休息、栄養を補給しながらゆっくり過ごしてほしいですね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 秋空が似合う渡り鳥 はコメントを受け付けていません。

秋深まり、カマキリ弱る

博物館の建物の脇に、カマキリがいました。
体が大きめなのと、翅(はね)の色合いから、オオカマキリかチョウセンカマキリだろうと考えつつカメラを近づけました。

威嚇する元気のないカマキリ

暑い季節なら、カメラを近づけると前足の鎌を立てて威嚇してきます。オオカマキリとチョウセンカマキリのわかりやすい識別点は、前足の付け根の間の色なので、威嚇ポーズで前足をこちら向きに立ててくれると識別できるのです。でも、もはや威嚇する元気は無さそうです。顔だけはこちらに向けるのですが、前足はだらんとしたままです。
ならばと、さらに近づいてお顔のアップを撮らせてもらいました。

こちらを向いているかのような眼の中の黒い点

カメラ目線!?
いやいや、カマキリの大きな眼は複眼なので、瞳孔はありません。こちらを向いているように見えるのは偽瞳孔(ぎどうこう)という現象で、複眼の構造上、光が反射しない部分が黒くなり、それがこちらを向くように移動して見えているのです。
弱々しいカマキリをあまり刺激するのもためらわれたので、結局、種の識別はできませんでした。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 秋深まり、カマキリ弱る はコメントを受け付けていません。

生きものミニサロン「旅するタネのヒミツ」を実施しました!

10月26日、毎月恒例の行きものミニサロンを実施しました。今回のテーマは、「旅するタネのヒミツ」。さまざまな工夫で親株から離れた場所へ運ばれるタネ(果実)のしくみを観察しました。まずはこちら。

ケチヂミザサの果実は、ねばねばの液でひっつきます

博物館お隣の樹林地で、ケチヂミザサを観察。ケチヂミザサは、ねばねばした液で動物などにひっつく、「ひっつきむし」のひとつです。果実の採集には、特製の「ひっつきむし採集器」を使いました!

当館特製!ひっつきむし採集器

ケチヂミザサとヌスビトハギが採れました!

そして、トウカエデの下へ。このところの台風で枝がしなり、ちょうど手の届くところに果実が実っていました。

トウカエデの果実

これは、果実がプロペラの構造になっているので、クルクル回転しながら風に乗って落ちます。
そのようすを再現する簡単な工作もしました。

工作した空飛ぶタネモデルを実際に飛ばしてみました

ニワウルシの果実の回転も複雑なのでそれを真似たモデルもつくりました。

上がニワウルシモデル、下がカエデモデルです

ほかにも、風に乗るガガイモの美しい果実や、トゲトゲしいオオオナモミの果実なども観察しました。
このところの悪天候から一転、今日は清々しい秋晴れの中、楽しくミニサロンを行うことができました。来月は11月23日の実施です。申込み不要ですのでぜひお気軽にご参加ください!

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 生きものミニサロン「旅するタネのヒミツ」を実施しました! はコメントを受け付けていません。

わぉ!な生きもの写真コンテスト 入賞作品写真展を開催中です!

10月19日から、「第4回わぉ!な生きもの写真コンテスト 入賞作品写真展」を1階エントランス(自然歴史展示室入り口付近)で開催しています。

この写真展は、公益財団法人日本自然保護協会とソニー(株)の共同プロジェクトである「わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト」が主催するフォトコンテストの、昨年度の入賞作品を展示するものです。

日常の中で出会った生きものたちとの「わぉ!」な出会いをとらえた写真は、見る人を思わず笑顔にしてしまう作品ばかりです。

気に入った写真にシールで投票するコーナーもあります。

11月17日(日)まで開催していますので、ご来館の際はぜひお立ち寄りください!
なお、明日(10月23日は祝日の翌日のため休館となります。ご了承ください。

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | わぉ!な生きもの写真コンテスト 入賞作品写真展を開催中です! はコメントを受け付けていません。

赤と黒

“赤と黒”というと、あまりにも有名な、19世紀のフランスを舞台としたスタンダールの小説のタイトルですが・・
植物の世界では、秋の深まりを象徴する色の組み合わせです。例えばこちらは、クサギの果実。

クサギの果実(黒い部分)とがく(赤い部分)

熟した果実を、星形の萼(がく)が強調しています。種子を運んでくれる鳥に対して熟したことを示すサインとなります。
こちらはサンショウです。果実は香辛料として利用される際には乾燥してさらに粉にしますが、熟した当初はこんな鮮やかな“赤と黒”です。

サンショウの果実

もうひとつ、トキリマメです。なんだかロボットの目のようですが、こちらは鞘(さや)が赤く染まって口を開け、黒い果実を強調しています。

トキリマメ 赤い部分は鞘

赤く熟す果実もありますが、黒は鳥にとって、よりジューシーな色のサインなのでしょうか。それをご丁寧に赤い背景まで作って目立たせる、お見事な植物の進化ですね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 赤と黒 はコメントを受け付けていません。

寒いのかな?

この1週間ほど、博物館の室内でよくこの昆虫を見かけます。

ブラインドに静かにとまるキマダラカメムシ

キマダラカメムシです。もともと相模原市内にはいない昆虫でしたが、西から徐々に分布をひろげてきた外来種です。数年前から博物館周辺でも見かけるようになり、昨年あたりからかなり目立ってきました。市民からの問い合わせもぽつりぽつり・・特にちょっと見慣れない亜成虫は、図鑑で調べても簡単には判明しません。

キマダラカメムシの亜成虫(昨年夏の写真)

今日(10月16日)は、2階窓際のブラインドにつかまっていました。カメムシの仲間が室内に入ってくるのは、越冬のためなのでしょう。でも、ほかのカメムシはもっと秋が深まってから入ってきます。

美しいカメムシと称されることもある、国内最大のカメムシ

もともと南方系の昆虫なので、やはり寒がりなのでしょうか。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 寒いのかな? はコメントを受け付けていません。