「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No62・文化財記録映画「神代神楽」)

前回の本ブログでは、神社などで行われてきた祭礼行事を紹介しましたが、祭礼で忘れてはならないものに神楽(かぐら)があります。今回取り上げるのは、昭和59年(1984)度制作の文化財記録映画第三作「相模原の神代神楽」です。もちろんすべての祭礼で神楽が見られたわけではありませんが、市内のいくつかの神社では式典の後に神楽が奉納され、祭礼をにぎやかに彩りました。

市内では中央区上溝に神代(じんだい)神楽を行う亀山社中があり、亀山家は江戸時代の中頃にはすでに神楽を行っていたと考えられ、専門の神楽師として、各神社の氏子からの依頼によって神楽を行ってきました。なお、ここでの神代神楽とは、仮面をつけ、セリフを言わずに神話を中心とした劇を演ずるスタイルを指します。

最初の写真は中央区田名八幡宮の神楽の上演です(9月1日)。市内の多くの神社には神楽殿があり、ここでも神楽殿で演じられる神楽を多くの観客が楽しんでいます。

 

映画では、本番だけでなく、舞台裏での準備の状況なども撮影されています。

神楽には多くの演目の中に登場する役があり、最初の写真は「三番叟(さんばそう)」で、舞台清めの意味で一番最初に舞われるものです。次の写真は、神々に交じって登場する二名の「もどき」です。道化(どうけ)役として、人を笑わせるようなおどけた動きをして、動作が決まっているそのほかの神々とは違って自由に振るまいます。

また、神楽師は神楽が行われる前の、拝殿などでの祭式の中で神前舞(しんぜんまい)も行っており、神前舞は面をつけずに舞います。

次の写真は、亀山家で映画の撮影をした際のもので、中央に三番叟、向かって左側のもどきとともに、右には太鼓や笛の囃子方(はやしかた)が見えています。さまざまな種類の囃子が舞台の上で演奏されます。


神楽を演じるためには多くの面や衣装が必要です。写真は、神々の役を演じる際にかぶる面のうちの一つで、ほかにももどきや動物などいろいろなものがありました。

映画では、一つ一つの演目をあらすじを追って紹介するよりは、上映の形式や身のこなしなどの所作(しょさ)、しきたりなどに重きを置いて撮影しており、そうした点から神楽を理解できるような構成となっています。

カテゴリー: 未分類, 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No62・文化財記録映画「神代神楽」) はコメントを受け付けていません。

企画展「相模原にオリンピックがくる」最新情報!

5/22から開催中の当館の企画展「相模原にオリンピックがくる」の最新情報をお伝えします。

6月上旬の世界選手権の好成績により、市内出身の白井  空良(しらい  そら)選手のスケートボード(ストリート)でのオリンピック出場内定が決まりましたので、市内ゆかりの選手コーナーに白井選手の紹介パネルとサインを追加しました。

スケードボード(ストリート)白井空良(しらいそら)選手の出場内定を紹介

真ん中奥が白井空良選手のサイン(左は水泳飛込の坂井丞選手、右は水泳競泳の小堀倭加選手のサイン)

6月上旬に企画展ホームページやチラシでもお伝えしていました企画展解説動画を撮影し、6月10日に当館ホームページ「ネットで楽しむ博物館」に公開しました。展示室の解説パネルには書いていない情報や、裏話などもありますのでぜひご覧ください。

「ネットで楽しむ博物館」

さて、6月11日に神奈川県より東京2020大会オリンピック聖火リレーの県内の公道走行中止が発表され、本市内2ルートの公道走行も中止になりました。

聖火リレー公道走行中止のお知らせを急遽作成

本市の聖火リレー2ルートも中止です

公道走行は中止になりましたが、当館では6/18から6/20の3日間のみ東京2020オリンピック・パラリンピック大会聖火リレートーチの限定公開を行います。公道で見ることができなくなった聖火リレートーチを、間近で見学できる貴重な機会ですので、ぜひご来館いただければ幸いです。

聖火リレートーチを間近でが見られるの6/18~20のみです

また、6/11から淵野辺駅そばの市立図書館でも、企画展の出張展示を開催しています。東京2020大会のPRや、1964東京オリンピックの当館収蔵資料の展示のほか、図書館では関連図書紹介やブックリストの配布などをしています。

図書館出張展示 
図書館ならではの関連図書展示もあります

図書館作成のブックリスト

 

企画展「相模原にオリンピックがくる」は7/4(日)まで開催中です。先着で来場記念品もありますので、ぜひご来館ください。

 

カテゴリー: おしらせ, 考古・歴史・民俗 | タグ: , | 企画展「相模原にオリンピックがくる」最新情報! はコメントを受け付けていません。

若いエナガのお食事

6月12日、博物館お隣の樹林地を歩いていると、エナガやシジュウカラの群に出会いました。つぶやくようなたくさんの鳴き声は、家族群です。巣立った若い個体がおぼつかない飛び方で木々の枝を飛び回っていました。そのうち、エナガの若鳥の1羽が頭上の枝にとまりました。

じっとこちらを見るエナガの若鳥

好奇心いっぱい、という眼差しでこちらを伺っています。直後、横の枝が気になる様子で、いろいろな角度から見ていると・・

矢印の先には・・

ひょいっと頭を近づけたかと思うと、枝の間に隠れていたシャクガの仲間の幼虫(いわゆる、しゃくとりむし)をつまみ出しました。

シャクガの仲間の幼虫を捕獲!

エナガにしてはちょっと大きめの食べ物なので、くわえる向きを何度か整えていましたが、そのうち上手に飲み込みました。

頭からもぐもぐと飲み込みました

飲み込んだ後、またこちらへ「たくさん食べたど~」と言わんばかりのドヤ顔を向けた後、さっと飛び去りました。

ドヤ顔を向けるエナガ

たくさん食べて、元気に育ってほしいですね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 若いエナガのお食事 はコメントを受け付けていません。

クマノミズキとミズキ

今、博物館駐車場で花盛りの木があります。

クマノミズキの花

クマノミズキです。クリーム色の小さな花が集まって咲きますが、今年は特に花つきが良く目立ちます。

花はクリーム色(ミズキは白色)

クマノミズキは、ミズキととてもよく似ています。クマノミズキの方が葉が若干細長いものが多いのですが、落ち葉だけを見ると見分けがつかないほどよく似ています。でも、このあたりで今の時期咲いているのは間違いなくクマノミズキです。なぜなら、ミズキは今、若い実がついてる状態だからです。

ミズキの若い果実

花期が、ミズキはゴールデンウィーク頃で、クマノミズキは梅雨の初め頃と大きくずれます。こうしたずれは生殖隔離と呼ばれ、ごく近縁の種類同士でも交雑が起きにくいことで、明確に種分化が進んでいるということになります。
枝の付き方や花の色など、他にもいくつかの区別点はありますが、遠目にはそっくりな両種です。でも、今が一番簡単に識別できる時期と言えるでしょう。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | クマノミズキとミズキ はコメントを受け付けていません。

おかいこさま飼育中 9日目 3齢に脱皮

給桑開始から9日目の6月10日、多くのカイコが脱皮をして、3齢になりました。こちらはまだ2齢の眠(みん)のカイコです。黒い2齢の頭が前の方へずれてきています。

脱皮前のカイコ

こちらは脱皮した3齢のカイコです。頭がベージュ色に変わりました。

脱皮後の3齢のカイコ

大方のカイコが脱皮するのを待って、夕方から給桑を再開しようと思います。

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: | おかいこさま飼育中 9日目 3齢に脱皮 はコメントを受け付けていません。

アナグマの親子

博物館お隣の樹林地にしかけてある赤外線感知式センサーカメラ(無人撮影カメラ)に、6月7日、アナグマの親子が写りました。

アナグマ(2021.6.7)左端が親で、右側3頭が子ども

親のアナグマ(左端)に比べるとまだ小さめの3頭の子どもたちが、元気に動き回っていました。昨年も7月に子連れの親子が写りました(その時は子どもは2頭でした)。野生動物の生息環境としては決して広いとは言えないこの樹林地で、アナグマが繁殖を繰り返していることがちょっと驚きですね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | アナグマの親子 はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No61・文化財記録映画「祭礼行事」)

今回、取り上げる文化財記録映画は、昭和63年(1988)度制作の第七作「相模原の祭礼行事」で、相模原地域の神社などで行われてきた祭礼や、その際に行われる芸能などを撮影したものです。本ブログでは、うどんや酒まんじゅう作りの回でも、祭りに伴うご馳走作りとして写真を掲載しましたが、ここでは中心となる祭礼行事を紹介します。

最初の写真は、緑区下九沢・九沢地区のお天王様(おてんのうさま)の山車(だし)です。市内でお天王様の祭りというと、中央区上溝や緑区中野が有名ですが、この夏祭りは各地で行われており、山車をひいたり神輿(みこし)をかついだりします。映画では上溝地区とともに下九沢の様子が撮影されました(7月23日撮影)。

 

お天王様の祭りの際に、山車に乗って祭りを賑やかに彩るのがお囃子(はやし)です。笛や太鼓の音とともにヒョットコやオカメ、獅子などがユーモラスに踊る姿は、祭りに大切なものと言えます。祭り囃子は各地で行われていますが、次の写真は市内でも古くから行われてきた所の一つとされる、中央区上溝・丸崎地区で撮影されました。なお、ここでは映画用として特別に部屋の中で撮影しています(7月24日)

 

また、夏場の民俗芸能として忘れてはならないのが三匹獅子舞です。現在、相模原では、緑区鳥屋(とや)・大島・下九沢と中央区田名で行われており、この写真は大島地区のものです。三匹の獅子とともに鬼も一緒に踊っています(8月27日)。

 

祭りでは、鳥居の横などに幟(のぼり)を立てますが、現在では機械で作業が行われます。南区磯部の御嶽(みたけ)神社では、当時、地域の人々が集まって人力で幟を立てていました。映画ではその様子も撮影させていただきました(8月28日)。

 

中央区上矢部の御嶽神社で行われるのが湯花(ゆばな)神事です。湯立てとも言われ、境内にすえた大釜で湯を沸かし、その湯を神職が笹で四方に撒きます。全国的に見られるものですが市内では珍しいとして取り上げられました(9月10日)。

 

祭りは、餅や魚・野菜などさまざまなものを神前に供え、式典後には人々もいただきますが、南区当麻・芹沢の三島神社では、祭りに大根を削って酢漬け(すづけ)した大根なますを作って食べます。写真はなますを作っているところで、祭り自体の名称も「なますまち」と呼ばれ、ほかにも例えば神社の祭りにもかかわらず寺の住職も祭りに参列するなど、特徴的な内容となっています(11月6日)。

 

最後の写真は、中央区田名の的祭(まとまち)に関わるもので、的祭は1月6日に子どもが大きな的に矢を射る行事として有名です。映画では、もちろん祭礼当日とともに、的や弓矢作りの様子も撮影しています。この的作りは的踏み(まとふみ)と言い、作る家が決まっています(12月19日)。

 

以上、映画の内容にあわせて紹介してきましたが、このほかにも映画に撮影されている祭礼行事があり、また、撮影に至らなかったものもあります。地域の中に、こうしたさまざまな祭礼行事が見られるのを示すことを主な目的とした映画と言えましょう。

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No61・文化財記録映画「祭礼行事」) はコメントを受け付けていません。

おかいこさま飼育中 7日目 頭が黒いのは2齢まで

給桑開始から7日目の6月8日。昨日(7日)朝までにほぼ脱皮を終えました。大きさも1cmを越えています。1週間で4倍ほどの体長に!

体長1cmを越えた2齢のカイコ(6月8日朝)

こちらは脱皮殻(だっぴがら)です。葉の上に古い皮膚を固定し、前に進みながら靴下をずるずると脱ぐように脱皮をします。

脱皮殻

脱皮したカイコは2齢になり、またモリモリとクワの葉を食べています。

2齢のカイコ

2齢までのカイコの大きな特徴は、頭部が真っ黒なことです。

頭が黒い2齢のカイコ

3齢からはベージュ色の頭部になります。2齢の期間は短くて、3日弱です。ということは、明日には2回目の眠(みん)に入ります。黒い頭のカイコも、あと数日で見納めです。

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | おかいこさま飼育中 7日目 頭が黒いのは2齢まで はコメントを受け付けていません。

天使のらせん階段?

通勤途中の歩道に、ひょっこりとネジバナが咲いていました。

路傍に咲くネジバナ

芝生や街路樹の植込み、庭先などに普通に咲くので、“雑草”のカテゴリーに入ってしまいますが、ラン科に分類される、正真正銘の野生ランです。拡大すると、ゴージャスな花!ネジバナとは、らせん状に咲く花にちなんだ種名です。ちょっと味気ないというか、単純すぎるというか・・。

拡大すると、まぎれもなくランの花です

以前、植物好きのある方がこの咲き姿を見て「ネジバナなんて風情(ふぜい)の無い名前ではかわいそうだから“天使のらせん階段”と呼びたい」とロマンティックなことを言いました。

美しいらせん状の花序(かじょ:花の集まり)

しかし、まわりにいた現実主義的な人から「天使は翼を持って飛べるから、階段なんか使わないよ」と言われて、ロマンティストはがっくり肩を落としていました。
天使が登るかどうかは別としても、整然と並ぶこの花を見ていると、いろいろと創造力がかき立てられますね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 天使のらせん階段? はコメントを受け付けていません。

おかいこさま飼育中 5日目 1回目の眠に入っています

給桑開始から5日目、カイコのほとんどが1回目の眠(みん)に入りました。眠とは、脱皮前に新しい皮膚を内側に作っている時期で、1日~1日半ほど、食べずにじっとして動かなくなる期間です。

眠に入っているカイコ(6月6日朝)

安定の良さそうなところに腹足(ふくそく:幼虫時代だけにある腹にある足)を固定し、胸と頭を少し持ち上げるようにして静止します。眠なのか、単にお腹がいっぱいで休んでいるのかは、頭が少し前にずれているのでわかります。

古い頭の殻が前へずれているのが眠のしるしです

新しい大きな頭が、古い頭の殻(から)を前に押し出したようになっています。
今日から明日にかけて脱皮し、2齢になります。脱皮するとすぐにまたモリモリとクワの葉を食べるのですが、脱皮した順にクワをあげていくと、成長の差が広がって不揃いになってしまうため、大方のカイコが脱皮をするまで、給桑はおあずけとなります。

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | おかいこさま飼育中 5日目 1回目の眠に入っています はコメントを受け付けていません。