玄関から20歩の自然 その29 セミの旅立ち

梅雨が明けて、近所のセミの声がだいぶ騒がしくなってきました。
通常、関東地方南部の平地なら、7月初旬のニイニイゼミに始まり、梅雨明け前後にアブラゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミ、そして8月に入ってツクツクボウシ・・といった順番で鳴き始めるのですが・・近年、セミの羽化の時期が変化してきているように感じられます。今年はニイニイゼミが遅く、アブラゼミとあまり変わらず、ヒグラシやミンミンゼミも同時くらいになりました。なぜそうなっているのか、もっと時間をかけて見ていかないとわかりません。全国的に記録をしっかりとっておくことが重要ですね。
さて、8月2日の夕方、博物館の駐車場の地面を歩くアブラゼミの幼虫を見つけました。

地面を歩くアブラゼミの幼虫

ヨイショヨイショと歩いて、サクラの幹の根元にたどり着くと、迷わず登り始めました。

サクラの木の幹を羽化場所に選んだようです

おそらくあと数時間も経たずに羽化を始めることでしょう。
抜け殻はこれからの季節、あちらこちらにくっついていますが、動いている幼虫を見つけるのはなかなか難しいものです。蚊の襲来を覚悟しつつ、夕方6時から7時の間くらいに、抜け殻の多い場所を探し回ると見つけられるでしょう。土の地面がある公園や緑道などでも見つけられます。羽化前の幼虫はとてもデリケートなので、決して触らないようにして、追い掛けてみて下さい。夜8時過ぎまでがんばって観察を続けると、羽化を観察できます。下の写真は昨年撮影したもので、アブラゼミの羽化の様子です。

重力を使って羽化します

全身が抜ける直前に頭を上げて、今度は翅(はね)を重力で伸ばします

緑がかった乳白色が神秘的です

セミの羽化は、身近な場所で観察できる生命の神秘です。近くの公園へライトを持ってぜひ出かけてみて下さい。

カテゴリー: 玄関から20歩の自然, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 玄関から20歩の自然 その29 セミの旅立ち はコメントを受け付けていません。

シリーズ「相模原ふるさといろはかるた」でみる名所紹介⑭ ㋕

家族で行こう 青根の 緑の休暇村

緑区青根の道志川沿いに青根緑の休暇村はあります。
キャンプ場施設である「青根キャンプ場」、温泉施設の「いやしの湯」、宿泊施設の「緑の休暇村センター」などを中心に、コテージやテニスコート、音楽ホールである「やまびこホール」も併設した、自然の中で活動的に過ごすための一大拠点です。

農林省(当時)の自然休養村事業の一環として昭和51年(1976)に休暇村整備事業が着手され、昭和55年(1980)6月に休暇村事業の中心施設の休暇村管理センター(現、緑の休暇村センター)が開所されました。

昭和61年(1986)、合唱曲「遙かなる友に」が道志川沿いのキャンプ場で生まれたことを記念する「遙かなる友に」歌碑が建立され、除幕式には「合唱の里」宣言が採択されました。作詞・作曲者の名前をとり、磯部俶(いそべ とし)記念道志川合唱祭が毎年9月に行われています。

平成6年(1994)には、合唱館「やまびこホール」も開設され、合唱の里の機能が充実します。

さらに、平成17年(2005)5月には、絵札に描かれている温泉施設「いやしの湯」が開館します。

また、「遙かなる友に」歌碑の隣、沢沿いには「沢水枯渇 痛恨の碑」という碑も建てられています。これは、宮ケ瀬ダム建設に伴い道志導水路(トンネル)が開鑿(かいさく)され、沢水が枯渇したことを嘆いて、平成14年(2002)に設置されたものです。

令和元年10月の東日本台風(台風19号)による国道413号の通行止め(令和2年3月解除)などもあり、さらに新型コロナウィルス蔓延のため、いやしの湯及び休暇村センターは、令和2年3月2日から休館を余儀なくされ、6月19日にようやく再開しました。青根キャンプ場も6月1日から通常営業に戻っていますが、どちらもソーシャルディスタンスを守っての営業ということで、入場者を制限する形での営業になっています。
また、令和2年度の道志川合唱祭も中止が決まっています。

そんな残念な状況ですが、自然の中で味わうバーベキューやキャンプ、コテージやテニス、源泉かけ流しの天然温泉に違いはありません。逆に、少なめの人数で、ゆったり味わえるチャンスなのかもしれません。ぜひ、ご確認の上、お出かけください。
  青根キャンプ場(キャンプ施設) 042-787-1380
  緑の休暇村センター(宿泊施設) 042-787-2215
  いやしの湯(温泉施設)     042-787-2288

*このかるたは当館のボランティア「市民学芸員」が2017年に制作したものです。
*このかるたは相模原市立博物館にて貸出し可能です(現在は当面の間、貸出しを休止しております)。
*貸出しの詳細やその他このかるたに関心のある方は、博物館までお問い合わせください(042-750-8030)。
*貸出し使用時には感染症予防のため、事前・事後の手洗い・消毒などを必ず行ってください。

カテゴリー: おしらせ, ふるさといろはかるた | タグ: | シリーズ「相模原ふるさといろはかるた」でみる名所紹介⑭ ㋕ はコメントを受け付けていません。

人吉植物標本レスキュー 洗浄作業開始

7月の豪雨災害で被災した人吉城歴史館所蔵の植物標本レスキュー作業を、7月31日から本格的に始めました。
フェイスシールド、マスク、ニトリル手袋で防備した相模原植物調査会のみなさんが、慎重に標本の束を開封します。

慎重に開梱

まずは泥のかぶり方が一番ひどい状態のものを仮洗浄します。

泥のかぶりかたがひどいものを洗浄

比較的泥が少ないものも、水をたっぷり含んでいるので、大切な標本ラベルがはがれていたりします。これが標本と離ればなれになってしまうことは絶対に避けなくてはいけないので、一番神経を使うところです。

泥をかぶっていなくても水のダメージが甚大です

絵筆を使って慎重に泥を洗い落とします。

集中力のいる作業です

こうして洗った標本を一つずつ水を切り、温風乾燥機に入れて乾燥します。これでとりあえずはカビの増殖を防げますが、まだ泥を含んでいるため、状態が悪いものはさらに洗浄と乾燥を行います。くるまれた新聞紙を含めて、届いているもの全てを完全に人吉市へお返しするため、標本のカケラ一つも見落とさないように集中して作業しています。
相模原植物調査会のみなさんは、2011年の東日本大震災の時にも陸前高田市立博物館の津波被災標本のレスキューを行いました。その時の作業を思い出しつつ、お互いに作業手順を確認しながら進めています。半世紀以上前の貴重な学術資料を後世に残すための作業、これからしばらく続きます。

カテゴリー: 未分類, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 人吉植物標本レスキュー 洗浄作業開始 はコメントを受け付けていません。

かいこごっこ

7月1日のブログで、博物館の近くにある、大野村いつきの保育園の年長さんたちがお散歩の途中いつも来館して、カイコを観察してくれている様子をお伝えしました。そして、お散歩から帰ってカイコのお絵かきをしたり、かいこごっこをしているので、その作品などを見せていただくお約束をしていたところ、今日、持参してくれました。

よく観察したことがわかる作品です!

上の写真はカラーコピーされたものですが、お一人ずつ自分の作品(実物)を紹介しながら見せてくれました。
そしてこちらは、かいこごっこで、カイコに変身した様子!あまりのかわいらしさに感激してしまいました。

カイコになりきり!(画像を一部加工しています)

今日も羽化の動画をたっぷりと見たり、自然・歴史展示室の養蚕の道具を見たりして、博物館を楽しんでくれていました。

今日もいろいろと観察!

せっかくのみなさんの作品を、できれば展示したいと先生にも相談しているところなので、もしかしたら来館された皆様にご披露できるかもしれません。お楽しみに!

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: | かいこごっこ はコメントを受け付けていません。

ヤマシロオニグモ

博物館周辺で見つけたクモ。比較的大きく、色彩は地味。いかにも「クモ」という見かけです。

ヤマシロオニグモ

ヤマシロオニグモのメス。体長15mmほどで、平地の樹林などで見られます。この個体は、茶褐色に黒い斑紋がありますが、中には大きな白い斑紋を背負っているものなどもいて、模様の変異が多い事で知られています。
このあたりでは、同じ位のサイズのオニグモ類としてヤエンオニグモを良く見かけるのですが、腹部前端の形状が異なるので、見分けがつきます。

ヤエンオニグモ。腹部前端の「肩」の部分が尖っている。オニグモなどと共通の特徴。ヤマシロオニグモは「肩」が丸く、似た種にイエオニグ、コゲチャオニグモなどがある。

ヤマシロオニグモは特段珍しい種ではなく、博物館周辺の環境であれば普通にいるだろうと常々思っていたのですが、ようやく出会う事ができました。

次の写真はヤマシロオニグモを正面からアップで撮ったものです。長い毛がたくさん生えていること、8個ある目のうち正面にある4個の位置が良く分かります。クモが苦手な人はクリックしない方が良いと思いますが、興味のある方は大きい画像でお楽しみください。

正面から見たところ。クリックすると拡大します。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ヤマシロオニグモ はコメントを受け付けていません。

玄関から20歩の自然 その28 メタリック!

昆虫の中には時々、妙に鮮やかな金属光沢を持つものがいます。身近な昆虫の中で代表格は、キンバエでしょう。
ただ、あまりにもイメージがよろしくないので、今回はこんな昆虫を紹介します。

アカガネサルハムシ

アカガネサルハムシです。庭に植えられたブドウの葉や、フェンスにからみつくエビヅルの葉の上などにいることがあります。小さいのでちょっと見つけにくいのですが、遠目に見てもキラリと光るので、目が慣れてくると結構見つけられます。

葉の上でおとなしくとまっていることが多い

こちらもメタリックな輝きでは一歩も引かない、アシナガキンバエ。冒頭に紹介したキンバエと名前は似ていますが、分類上はまったく別のグループに属するハエです。

アシナガキンバエ

樹木の多い公園などでも見られますが、アシナガキンバエも小さくて、よく飛び回るので見つけるのはちょっと難しいかもしれません。
メタリックではありませんが、博物館のまわりのミズキ林ではこんな昆虫も見られています。

エサキモンキツノカメムシ

ハートマークを背負う虫、エサキモンキツノカメムシです。
雨模様が続きますが、それだけに雨がやんでいる日中は昆虫の動きが活発になり、こんな虫たちを探しやすくなります。

カテゴリー: 玄関から20歩の自然, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 玄関から20歩の自然 その28 メタリック! はコメントを受け付けていません。

玄関から20歩の自然 その27 蒸し蒸しの梅雨空もムシたちには快適

今日(7月28日)も梅雨空が続いています。湿度が高くて人間には不快ですが、昆虫たちにはとっても快適な気候のようです。7月に入ってから急に大きく成長してきたオオブタクサをよく見ると・・

オオブタクサ

アオバハゴロモが羽化してとまっていました。左の白いモジャモジャは幼虫です。

アオバハゴロモ 左が幼虫、右が成虫

こちらは、近い仲間のベッコウハゴロモ。翅(はね)の模様がなかなか渋いですね。

渋い模様のベッコウハゴロモ

どちらも蛾と間違えられることが多いのですが、大きな分類ではカメムシ目(もく)に属し、セミに近いグループです。
アオバハゴロモのモジャモジャな幼虫も不思議な姿ですが、ベッコウハゴロモの幼虫はさらに奇抜です。

お尻に白い飾りをつけたベッコウハゴロモの幼虫

お尻に白い飾りをつけたようで、なんともユーモラス。おまけに、ぐるぐるお目々。

目がぐるぐる・・

アオバハゴロモやベッコウハゴロモの幼虫が付けている白いものは、お尻付近から出すロウ状の物質だそうです。なぜこんなものを付けているのか・・おそらくカムフラージュの一種なのでしょうが、詳しいことはわかりません。
庭木や街路樹、フェンス沿いなどに普通に見られる昆虫なので、探してみて下さい。顔をよく見ると、セミに近いということがよくわかるはずです。

カテゴリー: 玄関から20歩の自然, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 玄関から20歩の自然 その27 蒸し蒸しの梅雨空もムシたちには快適 はコメントを受け付けていません。

ヒルガオ

二十四節気の大暑に入っているというのに、まだまだ梅雨空が続きそうです。
5月のこのブログで、コヒルガオを紹介しました。その時に、ごく近い仲間のヒルガオも過去の写真を使って紹介しましたが、その写真と同じ場所でヒルガオが咲き始めました。「コ(小)」と付かないだけに、花も少し大きめです。それにしても、雨粒がちょっとおしゃれですね。

ヒルガオの花

博物館近くのフェンスにからみついていて、ここの株は真夏に咲きます。春の終わり頃から咲くものもありますが、コヒルガオよりも少し花期が遅く始まるのも特徴のようです。
コヒルガオとヒルガオは、実は識別がとても難しいということを前回のブログでも書きました。一番のポイントとなるのは、花のすぐ下の柄がつるっとしているのがヒルガオです。

ヒルガオの花の柄。ひだが無くつるっとしている

下の写真はコヒルガオで、柄にヒダがついています。

コヒルガオ 柄にひだが見える

葉や、花を支えている2枚の苞葉(ほうよう)という部分が比較的大きくて、先が丸いというのもヒルガオの特徴なのですが、コヒルガオと共に個体差が大きくて、それだけでは識別できません。

ヒルガオの葉 この株はあまり典型的な形ではない

今、コヒルガオもヒルガオもあちらこちらのフェンス沿いや、街路樹の植え込みなどで花を咲かせています。歩道でついつい立ち止まり「どっちかな?」と見比べてしまうのですが、あまり熱中していると通行の邪魔になるし、不審者になってしまうので気をつけています。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ヒルガオ はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No.19・うどん作り)

前回は夏場のごちそうとして「酒まんじゅう」を取り上げましたが、相模原は畑作地帯として、冬場に非常に多くの大麦や小麦を作っていたことを紹介してきました。このうち、大麦は米と混ぜて麦飯として食べ、小麦は粉にして「酒まんじゅう」のほかにも、うどんなどとしてたくさん食べられました。

 市域では、そば粉で打ったものではないうどんのことも「そば」と呼び、日常的に食べるほか、自宅で行われた結婚式でも「そばぶるまい」などと言って来客にうどんをたくさん振る舞いました。このように、うどんは普段の生活から結婚式などのハレの場でも欠かせないもので、特に、かつての毎日の夕食はほとんどうどんが食べられていました。

 次の写真は、昭和63年(19880)7月に緑区下九沢で、文化財記録映画「相模原の祭礼行事」撮影時のものです。前回の酒まんじゅう作りとともに撮影され、小麦粉に水や湯を入れてこね、麺棒で伸ばして包丁で切ったものを釜で茹でています。

 
 上の写真ではうどんを伸ばし、切るのに手で行っていますが、次第にうどん作りの機械(製麺機)を使うようになり、ある家では昭和4年(1929)頃に買ったと言います。この機械では生地を薄く伸ばして切ることができ、機械で作ったうどんを初めて出したところ、手打ちと違って太さが均一な麺なので何かおかしい、と言われたという話も残っています。

写真(平成8年[1996]11月・南区下溝)では製麺機で麺を切り、小麦粉をこねるのに使うコネバチの回りに掛けています。こうすれば麺がくっついたりせずに茹でる際によく、台所に持っていくのも運びやすくなります。

 最初にかつては日常的にうどんを食べていたことを紹介しましたが、暑い夏場には茹でた麺を、水でさらして冷たくして汁に付けて食べる「あげそば」、反対に冬は野菜などと一緒に麺を煮込んで温かくした「にこみ(にごみ)」が作られました。
両者の麺の作り方としては同じですが、あげそばは、茹でた後に水でさらすというようにひと手間かかる上に、野菜と煮ることもなく小麦粉だけで作るため、にこみに比べてどうしても一食分の粉を多く使い、少しぜいたくという感じもあったと言います。

 写真は上がにこみ、下があげそばです。上は製麺機でのうどん作りと同じ時の平成8年[1996]11月、下は同年4月の撮影で、両方とも南区下溝の同じ家で作っていただきました。

 こんなにうどんをたくさん食べていたと聞いて少し驚かれましたか。このほかにも、例えば、あげそばの上から暖かい汁を掛ける「ぶっかけ」や、野菜と煮込むのでなく茹でた麺をそのまま椀に取って食べる釜揚げうどんのような「ひきずり(だし)」と呼ばれる食べ方があり、麺ではなく、小麦粉をお好み焼きのように焼いた「やきもち」もありました。
 こうしたいろいろな食べ物の作り方や食べる機会、また、それにまつわるさまざまな伝承や話の中にも、地域の興味深い歴史や文化を伺うことができます。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No.19・うどん作り) はコメントを受け付けていません。

令和2年の標本レスキュー開始

7月23日、博物館にずっしりと重い段ボール箱が2箱届きました。
これは、7月4日に熊本県の球磨川の水害によって被災した、人吉城歴史館所蔵の前原勘次郎植物標本の一部です。

被災標本が入ったダンボール箱

収蔵庫が2メートル以上浸水し、納められていた資料のほとんどが水没してしまいました。
当館では平成23年にも、東日本大震災の津波被害に遭った陸前高田市立博物館の植物標本のレスキュー(洗浄と乾燥など)を行いました。作業にあたった相模原植物調査会のみなさんと、そのノウハウと技術を生かそうと、今回もレスキューに参画することにしました。
箱を開けてみると、完全に水没していたようで、たっぷり水を含んだ上に泥がかなりかぶっています。

中には水をたっぷり含んだ植物標本が

現地の報告によると、被災した標本は約33,000点、ダンボール箱にして数百箱になるようです。全国各地の博物館や大学、植物園などがレスキューに名乗りを上げ、分散して作業を進めています。

標本をはさんだ新聞紙が歴史的な資料であることを物語ります

標本の多くが70年以上前に採集され、学術的に極めて重要な標本です。カビ対策など作業者の安全をはかりながら、慎重に洗浄作業を進めていこうと思います。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 令和2年の標本レスキュー開始 はコメントを受け付けていません。