報告」カテゴリーアーカイブ

収蔵品展「江戸から昭和の津久井」開会&「市民学芸員」大活躍!

7/22から収蔵品展「江戸から昭和の津久井~さまざな資料で見る郷土の姿~」が開会しました。この収蔵品展は、旧津久井郷土資料室にあった絵はがき、古文書、雑誌、ポスター、すごろく、民具や、相模湖がカヌー会場であった昭和39年 … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 報告, 考古・歴史・民俗 | 収蔵品展「江戸から昭和の津久井」開会&「市民学芸員」大活躍! はコメントを受け付けていません。

砂展展示解説6/25

企画展「砂展〜日本の砂・海外の砂〜」の展示解説を6月25日に行いました。 はじめに、相模川水系の川原の砂の元となる岩石について説明しました。 サハラ砂漠や南極の砂など、海外の砂に皆さんの関心が集まります。 神奈川県内の砂 … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | 砂展展示解説6/25 はコメントを受け付けていません。

雨ニモ負ケズ、市民学芸員研修~平塚市博~ & 市民学芸員を募集中!

6/21(水)に市民学芸員の研修として、平塚市博物館に行きました。平塚市博物館も当館同様に人文、自然、天文分野を扱った地域の総合博物館で、しかもボランティア活動が盛んな博物館でもあります。 午前中は平塚市博物館の学芸員か … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 報告, 学芸員のひとりごと | 雨ニモ負ケズ、市民学芸員研修~平塚市博~ & 市民学芸員を募集中! はコメントを受け付けていません。

いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう

6月18日に「いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう」を開催しました。 毎年恒例の普及事業ですが、今年度は企画展「砂展〜日本の砂・海外の砂〜」の関連事業として開催しました。 ボランティアとして相模原地質研究会と相模原青陵高校地 … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | いろいろな砂を顕微鏡で見てみよう はコメントを受け付けていません。

企画展「砂展」の展示解説を行いました

6月11日(日)に現在開催中の企画展「砂展~日本の砂・海外の砂~」の展示解説を行いました。 各コーナーの見どころやポイントなどを解説しました。 同じ相模川・桂川流域の砂でもよく見ると違いがあることに納得していただけました … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | 企画展「砂展」の展示解説を行いました はコメントを受け付けていません。

軍都さがみはら探訪~矢部から淵野辺周辺をめぐる~を開催!

5月28日(日)に軍都さがみはら探訪~矢部から淵野辺周辺をめぐる~を開催しました。 今回紹介した軍都関係にかかわる施設は、相模陸軍造兵廠(現在の在日米陸軍相模総合補給廠)と旧陸軍兵器学校です。 相模陸軍造兵廠は昭和13年 … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 考古・歴史・民俗 | 軍都さがみはら探訪~矢部から淵野辺周辺をめぐる~を開催! はコメントを受け付けていません。

1月26日は文化財保護デー!

数日前のことですが、博物館の大型バス用駐車場に消防車が・・・。 博物館で火事!?それとも何か事件が!? いえいえ、ご安心ください。 1月26日の文化財保護デーを前に、市の文化財を多く収蔵している博物館の状況について、消防 … 続きを読む

カテゴリー: 報告 | 1月26日は文化財保護デー! はコメントを受け付けていません。

桂川・相模川流域シンポジウム

昨日(11月27日)は緑区のソレイユさがみで第22回桂川・相模川流域シンポジウム「守ろう、つなごう かつら川・さがみ川の豊かな自然」(桂川・相模川流域協議会:主催、相模原市:共催)が行われました。 ちなみにこのプログラム … 続きを読む

カテゴリー: 報告 | 桂川・相模川流域シンポジウム はコメントを受け付けていません。

歴史講座最終日 愛川町小沢城跡への探訪

10/29(土)から3回にわたって開催した歴史講座-長尾景春の乱とその関連城めぐり-の最終日として、愛川町小沢城跡周辺を愛川町郷土資料館学芸員の山口さんに案内説明をしていただき探訪しました。 小沢城跡は高田橋の対岸にあり … 続きを読む

カテゴリー: 報告, 学芸員のひとりごと | 歴史講座最終日 愛川町小沢城跡への探訪 はコメントを受け付けていません。

今年も学びの収穫祭!!

今年も晩秋恒例の「学びの収穫祭」を11月19日、20日の二日間にわたり開催します。 博物館を拠点に活動するボランティアグループや、学芸員が活動に関わる中学校や高校の部活動、大学の研究室などが日ごろの調査研究の成果を発表し … 続きを読む

カテゴリー: 報告 | 今年も学びの収穫祭!! はコメントを受け付けていません。