月別アーカイブ: 2021年2月

シリーズ「相模原ふるさといろはかるた」で見る名所紹介㉚ 的祭

的祭の 豊作占う 田名八幡宮 (まとまちの ほうさくうらなう たなはちまんぐう) 中央区田名の鎮守である田名八幡宮では、毎年1月6日に的祭(まとまち)が行われます。 この祭は、境内に設置された大きな的に3歳~5歳の4人の … 続きを読む

カテゴリー: ふるさといろはかるた, 考古・歴史・民俗 | タグ: , | シリーズ「相模原ふるさといろはかるた」で見る名所紹介㉚ 的祭 はコメントを受け付けていません。

色々な石展④ 「黒色の石」コーナー

閉会した開館25周年企画「色々な石展」について、今回は、4「黒色の石」コーナーを紹介します。 前回までの記事はこちらから。 1「色々な石」コーナー 2「透明な石」コーナー 3「白色の石」コーナー 4「黒色の石」コーナーの … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 色々な石展④ 「黒色の石」コーナー はコメントを受け付けていません。

2月星空情報③

先日(2月13日夜)の地震、びっくりしましたね。 相模原市内では停電が発生した所がありました。 皆さまは大丈夫でしたか。 博物館は、おかげさまで特に被害はありませんでした。 翌日、プラネタリウムの機器点検をしましたが、こ … 続きを読む

カテゴリー: 天文 | タグ: | 2月星空情報③ はコメントを受け付けていません。

冬と春の交錯

2月22日は日中の気温がぐっと上がり、4月並みとなりました。そんな中、相模川の河原でヤマアカガエルの卵塊(らんかい)を見つけました。 ただし、ヤマアカガエルはもともと1月下旬から2月にかけて最初の産卵をするカエルなので、 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 冬と春の交錯 はコメントを受け付けていません。

「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No48・三月節供)

3月3日は三月節供で、女児の誕生と成長を祝うひな祭りが行われ、女の子が生まれると初節供としてひな人形などが親戚から贈られます。これらの人形は、2月中の縁起の良い日に座敷に飾り、3日を過ぎるとすぐに片付けることが普通でした … 続きを読む

カテゴリー: 民俗むかしの写真, 考古・歴史・民俗 | タグ: | 「写真で見る相模原~昭和・平成の生活と民俗~」(No48・三月節供) はコメントを受け付けていません。

色々な石展③ 「白色の石」コーナー

閉会した開館25周年企画「色々な石展」について、今回は、3「白色の石」コーナーを紹介します。 前回までの記事はこちらから。 1「色々な石」コーナー 2「透明な石」コーナー 3「白色の石」コーナーの展示の様子です。 石英( … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 色々な石展③ 「白色の石」コーナー はコメントを受け付けていません。

展示室のちょっと珍しい風景

この写真、今日の常設展示室(自然・歴史展示室)の一角の風景ですが、ちょっと不思議な感じですね。 段丘崖のジオラマの前に立つドレス姿の女性、はく製の並んだ展示ケースの前でカメラを操作する男性。 実はこれ、東京音楽大学の学生 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館 | タグ: , , , , , , , | 展示室のちょっと珍しい風景 はコメントを受け付けていません。

エナガは巣作り真っ最中

2月19日、緑区のある緑地で調査を行っていると、エナガが目の前に飛んできました。口に何かを加えています。 これは、巣材です。樹皮などに着いていたコケ類などを運んでいます。エナガはほかの野鳥に比べて繁殖期が早く始まります。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | エナガは巣作り真っ最中 はコメントを受け付けていません。

樹名板の裏のクモ

樹木の名前を表示した「樹名板」。冬にはこれをめくって裏側を見るのがちょっとした楽しみになります。 一面についている白いものは越冬中のクモが紡ぎだした糸。中にいるのは大抵フクログモの仲間やアリグモなどです。 薄いシートの下 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 樹名板の裏のクモ はコメントを受け付けていません。

ヤドリギも待っています!

博物館お隣の樹林地にはエノキが多くあります。その1本に、こんなこんもりとした植物が取り付いています。 ヤドリギです。「宿り木」と漢字があてられるとおり、寄生植物です(生物名に「やどり」と付く場合はたいてい寄生生物です)。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ヤドリギも待っています! はコメントを受け付けていません。