生きもの・地形・地質」カテゴリーアーカイブ

私はアオダイショウ(ヘビの写真あり)

今朝(7月13日)、出勤すると清掃担当の方が慌てたようすで呼んでいます。生物担当がこんな風に呼ばれる時はたいてい、招かれざるお客様が入館してきた時です。 果たして今日はこちらでした。 アオダイショウの幼蛇です。正面入口の … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 私はアオダイショウ(ヘビの写真あり) はコメントを受け付けていません。

ヒルガオ

博物館お隣の樹林地を囲っているフェンスに、アサガオのような花が咲いています。 ヒルガオです。こんな色と形の花は、春からふつうに畑や街路の植込みなどで見てきたのですが、上の写真の花は少し大きめです。春からよく見ていた少し小 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | ヒルガオ はコメントを受け付けていません。

コガタコガネグモ

これは、今年の6月21日に撮影した写真です。 体長5mmほどの小さなクモが、きれいな「かくれ帯」をつけています。 コガネグモの仲間の幼体です。 次は、今日(7月11日)に、ほぼ同じ場所で撮影した写真です。 体長10mm程 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | コガタコガネグモ はコメントを受け付けていません。

ちょっとこわい居候

これはチリイソウロウグモのオスです。 「イソウロウ」という名前の通り、他のクモの網に侵入して、餌をかすめとって暮らしています(これを「盗み寄生」といいます)。 まれに宿主のクモを捕食してしまう事もあるそうですが、この網の … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ちょっとこわい居候 はコメントを受け付けていません。

アナグマ?!

博物館お隣の樹林地に、センサーカメラを仕掛けています。赤外線を検知してスイッチが入るしくみのもので、体温のある哺乳類や鳥がカメラの視野を通過すると写ります(記録は動画形式です)。これまでも、フクロウやイタチなど思わぬ生き … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | アナグマ?! はコメントを受け付けていません。

養蚕日誌(7/6)透明まぶしのつくりかた

博物館で飼育しているカイコは、7割くらいが熟蚕となり、蔟(まぶし)へ移動中です。昨日から作り始めたものの一部を相模原市立博物館特製の透明まぶしに入れて、展示しています。 バックライトを当てて、幻想的な繭づくりのようすを見 … 続きを読む

カテゴリー: オカイコサマ | タグ: , | 養蚕日誌(7/6)透明まぶしのつくりかた はコメントを受け付けていません。

養蚕日誌(7/5)繭を作っています!

博物館で育てているカイコは今、熟蚕まっさかりです。熟蚕(じゅくさん)とは、5齢になって1週間食べ続けたカイコが、いよいよ繭をつくるために本格的に糸を吐きはじめた状態のことです。写真の下側が熟蚕で、上側はまだ熟蚕になってい … 続きを読む

カテゴリー: オカイコサマ | タグ: , | 養蚕日誌(7/5)繭を作っています! はコメントを受け付けていません。

クワの葉の上の虫 追加・・というより、真打ち登場!

前回のブログでクワの葉の上にいたアシナガキンバエとキマダラカメムシの幼虫をご紹介しました。今日はこれから降りそうな雨に備えて、多めに葉をとっていた時に見つけた虫のご紹介です。 スケバハゴロモの幼虫です!この時期、クワだけ … 続きを読む

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | クワの葉の上の虫 追加・・というより、真打ち登場! はコメントを受け付けていません。

クワの葉の上の虫

カイコの飼育も終盤となり、あと数日のうちに上蔟(じょうぞく=カイコを、繭をつくる場所へ移動させる作業)です。博物館に植えられているクワの木も、そろそろ不要な古い葉や枝を落として、夏の養蚕に備えようと枝打ちを行いました。猛 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | クワの葉の上の虫 はコメントを受け付けていません。

カタハリウズグモの出のう

昨日紹介したカタハリウズグモ、ちらほらと卵のう(卵が入った袋)を見かけてはいたのですが、今日、子グモがわらわらと出てきているのに出くわしました。 茶色っぽいちょっとトゲトゲしたのが卵のう、白いのが子グモ。体長は1mmある … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | カタハリウズグモの出のう はコメントを受け付けていません。