クモ」タグアーカイブ

コガタコガネグモ

これは、今年の6月21日に撮影した写真です。 体長5mmほどの小さなクモが、きれいな「かくれ帯」をつけています。 コガネグモの仲間の幼体です。 次は、今日(7月11日)に、ほぼ同じ場所で撮影した写真です。 体長10mm程 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | コガタコガネグモ はコメントを受け付けていません。

ちょっとこわい居候

これはチリイソウロウグモのオスです。 「イソウロウ」という名前の通り、他のクモの網に侵入して、餌をかすめとって暮らしています(これを「盗み寄生」といいます)。 まれに宿主のクモを捕食してしまう事もあるそうですが、この網の … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | ちょっとこわい居候 はコメントを受け付けていません。

カタハリウズグモの出のう

昨日紹介したカタハリウズグモ、ちらほらと卵のう(卵が入った袋)を見かけてはいたのですが、今日、子グモがわらわらと出てきているのに出くわしました。 茶色っぽいちょっとトゲトゲしたのが卵のう、白いのが子グモ。体長は1mmある … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | カタハリウズグモの出のう はコメントを受け付けていません。

いつも渦巻きというわけでもありません

水平に張った円網に、渦巻き模様の白い飾り。 写真は博物館周辺でもよく見られるカタハリウズグモです。 クモは渦巻の下にぶら下がっています。 この渦巻き模様のように、網につけられた白い帯状のものを「かくれ帯」とか「白帯(はく … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | いつも渦巻きというわけでもありません はコメントを受け付けていません。

小さなマネキグモ

写真は、マネキグモの幼体です。 体の大きさは、足先まで含めて2mmくらい。 まるで踊っているように見えますが、実は両方の第1脚で1本ずつ糸をつかみ、第4脚2本で1本の糸を保持しています。この「Y字」スタイルは、大人になっ … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 小さなマネキグモ はコメントを受け付けていません。

机の周りに来るクモ

机で仕事をしていると、視界の隅にピョンピョンと飛び跳ねているクモ見かけることがよくあります。 ハエトリグモの仲間です。   アダンソンハエトリ(オス) 名前からしてかっこいいですが、黒地に白い模様が目を引きます。   ミ … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 机の周りに来るクモ はコメントを受け付けていません。

毒グモではありません

先日、カバキコマチグモという、ススキの葉を巻いて中に潜んでいるクモを「外来種ではないが、毒性がある種」としてご紹介しましたが、今日はこちら。 ちょっとわかりにくいですね。ススキの葉を2枚合わせてあります。 中を覗くと、何 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | タグ: , | 毒グモではありません はコメントを受け付けていません。

怪しい糸の主は

今朝、博物館のロビーからふと外を眺めると、ふとクモの糸が目にとまりました。 この時期、まだ小さな幼体が多いのに、あの太さの糸を張るのは、もしや… 近くに行ってみると、思った通りアオオニグモがアオキの葉にシート状の網をつく … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | タグ: | 怪しい糸の主は はコメントを受け付けていません。

あれ?初登場?(ヨツデゴミグモ)

今朝の通勤路で。 垂直円網に「の」の字のような白帯(かくれ帯)。網の中心には体長3mmほどのクモ。ヨツデゴミグモです。腹部後端に4つの突起がある事から名付けられました。 特に珍しくない種ですが、ここで見かけるのは初めての … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | タグ: | あれ?初登場?(ヨツデゴミグモ) はコメントを受け付けていません。

久し振りの顔ぶれ(クモ)

この頃天気が安定しませんが、どんどん春らしくなっているのは確かなようで、朝の通勤路でもクモをよくみかけるようになりました。 今朝、見かけたのはサガオニグモ(お食事中)。確か一昨年に見ただけです。円網を張るオニグモの仲間で … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと | タグ: | 久し振りの顔ぶれ(クモ) はコメントを受け付けていません。