生きもの」タグアーカイブ

中庭の妖怪

毎年3月下旬になると、中庭に妖怪が現れます。 その名も、ヤブレガサ。芽生えのようすが、『百鬼夜行図』で有名な妖怪破れ傘に似ているところから名付けられたと言われています。さらに若い芽生えはこんな感じです。 もっと妖怪っぽい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 中庭の妖怪 はコメントを受け付けていません。

クサカゲロウ

館内にヒラヒラした虫が飛んでいたと、職員が捕まえてくれました。館外へ逃がす前に、写真を撮りました。 クサカゲロウです。チョウのような力強さが無く、ヒラヒラふわふわと飛ぶようすは、陽炎(かげろう)に由来する名にふさわしい昆 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | クサカゲロウ はコメントを受け付けていません。

企画展始まりました!

博物館の駐車場では毎年の恒例、紫色の花絨毯となるオオアラセイトウ(別名ショカッサイ)が咲き始めました。 そして、本日3月16日は考古企画展オープンの日です! 今年もさがぽんとおびのっちのコンビがお出迎え。 今日はクイズラ … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質, 考古・歴史・民俗 | タグ: , , , | 企画展始まりました! はコメントを受け付けていません。

博物館のまわりも花が続々・・

博物館のまわりでも、急ピッチで花が咲き始めました。 お隣の樹林内に咲く、ニガイチゴです。 こちらはシロバナタンポポ。西日本の花ですが、なぜか10年前くらいからぽつぽつと出始めて、ここ数年で目立って増えています。 早春のス … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 博物館のまわりも花が続々・・ はコメントを受け付けていません。

河原は春

3月12日、晴天の相模川の河原へ行きました。ヤナギは満開で、ミツバチがたくさん集まっていました。 成虫で越冬していたテングチョウが元気に飛んでいましたが、時々河原石の上でひなたぼっこ。 テングチョウの名の由来である顔の形 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 河原は春 はコメントを受け付けていません。

樹液酵母ふたたび

博物館駐車場で見られる、早春の風物詩のひとつが、樹液酵母です。昨年も壮大な酵母のコロニーの写真を掲載しました。 ところが、酵母のコロニーが発生していた木は昨年、度重なるキアシドクガの大発生で樹勢が弱まり、倒伏の危険が高ま … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 樹液酵母ふたたび はコメントを受け付けていません。

春までもう少し 仙洞寺山の植物調査

3月6日、緑区の仙洞寺山へ相模原植物調査会のみなさんと植物相調査に行きました。 調査地内の植物を、片っ端からリストアップしていく調査です。 もちろん、この季節だけでできるものではないのですが、この場所は暖かい時期にはヤマ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 春までもう少し 仙洞寺山の植物調査 はコメントを受け付けていません。

3/2 快晴の相模川探鳥会

3月2日(土)、公益財団法人かながわトラストみどり財団主催の探鳥会「早春の相模川でバードウォッチング」のご案内をしました。緑が濃く見える快晴の中、JR相模線の下溝駅から相武台下駅の区間の相模川を歩きました。 三段の滝広場 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 3/2 快晴の相模川探鳥会 はコメントを受け付けていません。

骨は語る

先日(2月17日)、あるご家族が博物館へお宝を持って来られました。 なんでも、市内中央区の斜面林内で骨を見つけたということで、それがなんの骨か知りたくてご来館されたのです。 中央区の斜面林内??ということでちょっとびっく … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 骨は語る はコメントを受け付けていません。

甘い汁

博物館お隣の樹林に伸びる木々の幹には、さまざまなつる植物が巻き付いてます。そのうちの一つ、キヅタのつるはしっかりと幹に張り付くように伸びます。 先日、林内での調査の都合があってキヅタのつるを切りました。すると、切り口から … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 甘い汁 はコメントを受け付けていません。