生きもの」タグアーカイブ

雪虫

北海道で遅い初雪のニュースが流れた日(11月14日)の翌日、博物館の駐車場に雪虫が飛んでいたので、そっと手に止まらせてみました。 雪虫とは、主に北海道で初雪の頃に飛ぶ虫として呼ばれていますが、関東地方などでも雪とはあまり … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 雪虫 はコメントを受け付けていません。

立冬の風景

11月7日は二十四節気の立冬です。 とは言え、まだ冬の足音は遠くの方にあるように思える穏やかな一日でした。 それでも、博物館の駐車場のサクラは期待どおりに美しい紅葉の落ち葉で地面を埋めてくれています。 今年は台風のせいな … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 立冬の風景 はコメントを受け付けていません。

森の変化と生きもの

この5 年ほど続く博物館周辺の樹林でのキアシドクガの大発生は、森にいろいろな変化と影響をもたらしています。 5月から6月に開花するミズキは、キアシドクガの幼虫によって花芽ごと食べ尽くされてしまうため、ここ数年、秋に実る果 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 森の変化と生きもの はコメントを受け付けていません。

秋の林道の植物

前回、秋の林道に咲くキク科の植物をご紹介しました。 同じ日に見ることができた、キク科以外の植物をご紹介します。 まずは、秋の林道のリンドウ・・・ つまらないダジャレで始めてしまいましたが、曇り空だったので花が開いていませ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 秋の林道の植物 はコメントを受け付けていません。

秋の林道はキク科の花盛り

10月26日、緑区のある林道へ植物調査に出かけました。 この時期はキク科の花盛りです。ひときわ目立ったのはこちら、アワコガネギク(別名 キタタニギク)です。 ちょうど咲き始めのようで、日当たりの良い法面で咲いていましたが … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 秋の林道はキク科の花盛り はコメントを受け付けていません。

今週末の生きものミニサロンは!

今週10月27日(土)は、毎月恒例の生きものミニサロンを行います。 今回のテーマは、「ドングリいっぱい!」 文字どおり、博物館の周辺では今、たくさんのドングリが地面に落ちています。丸いドングリ、細長いドングリ・・ ドング … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 今週末の生きものミニサロンは! はコメントを受け付けていません。

動物も活発な秋の河原

先日(10月20日)、カワラノギクの開花状況を調べるために訪れた相模川の河原では、昆虫や鳥も活発に動き回っていました。特に昆虫は冬を前に最後の発生のピークを迎えたり、繁殖活動が盛んになっています。こちらはマユタテアカネ。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 動物も活発な秋の河原 はコメントを受け付けていません。

カワラノギク開花

今年は度重なる台風の通過・接近で、河原が大きく荒れています。いや、河原とはそもそも荒れているのがあたりまえでした。そんな環境を利用して生育する相模川の絶滅危惧種、カワラノギクの開花状況を緑区の相模川の河原へ確かめに行って … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | カワラノギク開花 はコメントを受け付けていません。

際立ってきた秋の色

博物館のまわりでは、まだかろうじてツクツクボウシが鳴いていますが、心なしか声も小さく、持続時間も短いように感じられます。ここ数日すっかり秋めいてきて、真っ先に紅葉して落葉するサクラの枝がだいぶ寂しくなり、そのぶん地面がに … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 際立ってきた秋の色 はコメントを受け付けていません。

木の年齢がわかるとき

9月末に日本海を縦断した台風25号は、関東地方に暴風をもたらしました。その影響で博物館周辺の樹木にも大きな損害が生じ、そのうちの1本、駐車場のハリエンジュ(別名ニセアカシア)が傾いてしまったため、緊急措置として伐採されま … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 木の年齢がわかるとき はコメントを受け付けていません。