生きもの」タグアーカイブ

ヤマユリ開花

博物館の前庭で今、ヤマユリが開花しています。今年は花が少ないのでちょっと目立たないのですが、それでも15センチ以上もある大きな花は圧巻です。 ところで、博物館のように平らなところで咲いていると花が大きすぎて茎が支えきれず … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ヤマユリ開花 はコメントを受け付けていません。

フェンス際の劇場

博物館周辺の樹林地はフェンスで囲われています。当然、樹林の切れ目にあるので、陽当たりが林内よりも良いのです。そこではびこるのが、つる植物。 歩道の安全確保のために、遠からず抜き取られる運命にあるはずですが、とりあえず威勢 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | フェンス際の劇場 はコメントを受け付けていません。

第5のタヌキ

企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」は7月7日で終了しましたが、センサーカメラは今も博物館周辺の樹林地に設置しています。 企画展の途中から追加した展示パネルの一つに、博物館周辺に生息する4個体のタヌキの個体 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 第5のタヌキ はコメントを受け付けていません。

7/7、企画展最終日、そして星のストラップづくりです!

今日、7月7日は、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」がいよいよ最終日です。今日17時までとなりますので、まだ間に合います!ご覧になっていない方はぜひご来館ください。 そして七夕でもある今日は、1階エントラ … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 7/7、企画展最終日、そして星のストラップづくりです! はコメントを受け付けていません。

貴重な昆虫標本

6月29日、昆虫の研究者が標本の閲覧に来られました。当館の動植物資料の中で一際古く、充実した標本群である「桐生亮コレクション」の中の標本が目的です。 この中から、現在は非常に希少な昆虫であるオオアオホソゴミムシの記録を確 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 貴重な昆虫標本 はコメントを受け付けていません。

初夏の水鳥調査

6月27日、市内緑区のダム湖で行われた水鳥の調査に参加しました。 雨が心配されましたが、穏やかな天候に恵まれて、カワウやアオサギなど、大型の水鳥の生息状況を中心に調査できました。冬と違ってカモ類はほとんどいなかったのです … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 初夏の水鳥調査 はコメントを受け付けていません。

マイマイガも発生数が多いようで・・

このところ、博物館の駐車場付近が鳥の声でちょっと騒がしいことがあります。それは、ムクドリが家族で来てお食事をしているからです。 前庭や駐車場で大騒ぎしてつかまえているのは、マイマイガの幼虫です。親鳥が巣立ったヒナを連れて … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | マイマイガも発生数が多いようで・・ はコメントを受け付けていません。

お見事!クワコの忍術

6月12日、カイコに与えるクワの葉を取っていると、葉の上にクワコがいました。 クワコは、カイコに最も近いとされる野生の蛾で、祖先は同じ種類と考えられています。緑の葉の上にいるとさすがに目立ちますね。このクワコはまだ4齢く … 続きを読む

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | お見事!クワコの忍術 はコメントを受け付けていません。

ライトトラップ見学会やりました!

6月8日、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」の関連イベントとして、ライトトラップ見学会を行いました。ライトトラップとは、光に集まる虫の性質を利用してつかまえる採集調査の方法です。講師の小野広樹さん(うみね … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ライトトラップ見学会やりました! はコメントを受け付けていません。

ツバメの巣の調査

6月6日、緑区澤井方面へツバメの巣の分布調査に行きました。これは、相模原市立環境情報センターの自然環境観察員制度の全体調査の一環で、市域全域(車道の通っていない区域を除く)を対象に実施しています。本当はもっと早い時期に行 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ツバメの巣の調査 はコメントを受け付けていません。