野外調査」タグアーカイブ

紅葉真っ盛り 雨上がりの仙洞寺山

11月27日、相模原市緑区の仙洞寺山へ相模原植物調査会のみなさんと植物調査へ行きました。林道沿いは先月の台風19号によりあちらこちらで崩落が起きました。比較写真が無いのでわかりにくいのですが、この場所は地形が大きく変わる … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 紅葉真っ盛り 雨上がりの仙洞寺山 はコメントを受け付けていません。

特定外来生物の野鳥

先週、博物館お隣の樹林地で、鳥類標識調査を実施しました。これは、標識調査の資格を持った人(バンダー)がカスミ網で野鳥を捕獲し、足環(あしわ)を付けて放鳥するものです。その足環が今後、どこかで回収されると、その野鳥の移動や … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 特定外来生物の野鳥 はコメントを受け付けていません。

まだ暑い中の植物調査

9月25日、相模原植物調査会のみなさんと植物調査に出かけました。 季節はもうすっかり秋。栗が丸々トゲトゲに実っていました。 市内緑区のとある谷戸(やと)で、絶滅危惧種の確認調査を行いましたが、目的の植物はなかなか見つから … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | まだ暑い中の植物調査 はコメントを受け付けていません。

白露を過ぎても猛暑・・植物野外調査(9月11日)

季節的には秋なのですが、今週は連日猛暑が続いています。そんな中、相模原植物調査会のみなさんと緑区の奈良本峠方面へ調査へ行きました。目的は、県内ではほとんど確認例の無い樹木がこの地域で見つかったという情報があるからです。 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 白露を過ぎても猛暑・・植物野外調査(9月11日) はコメントを受け付けていません。

(歴史分野)実習生報告  探訪の下見にて

今回は歴史分野の博物館学芸員実習生が書いています。 来月8日に行われる「中世さがみはら探訪ブラリタイマ~無量光寺文書特別見学~」に向けて、歴史担当の学芸員さんと、歴史分野の実習生4人で、ルートの確認に行ってきました。 強 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 考古・歴史・民俗 | タグ: , | (歴史分野)実習生報告  探訪の下見にて はコメントを受け付けていません。

真夏の植物調査

7月25日、博物館を拠点に活動するボランティアグループである相模原植物調査会のみなさんと、緑区の陣馬山へ植物調査に行きました。天気図の上ではもう梅雨が明けた状態なので、猛暑を覚悟して山道を登りました。 風が吹くと気持ち良 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 真夏の植物調査 はコメントを受け付けていません。

約10万年前の遠くからの火山灰

5月22日、相模原市緑区青根で約10万年前の地層の調査を行いました。 この地層は湖に堆積したと考えられる泥、砂、砂利が積み重なってできています。 この地層には、九州にある火山と中部地方にある火山から噴出された火山灰が挟ま … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 約10万年前の遠くからの火山灰 はコメントを受け付けていません。

希少植物の、珍しいタイプの花

大型連休が終わった5月7日、市内緑区の保全緑地へ希少植物の調査に出かけました。目的はこちらです。 キンラン(ラン科)です。よく管理された雑木林に咲く野生ランの一種ですが、近年は生育環境の激減に加えて園芸目的の盗掘が重なり … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 希少植物の、珍しいタイプの花 はコメントを受け付けていません。

雨の相模湖

4月30日、天気予報どおり朝からバッチリ雨の中、相模原市立環境情報センターのスタッフと野鳥調査の下見に相模湖へ行きました。 途中、ずいぶんたくさんのエナガに出会いました。 巣立ちビナが群で行動しているためですが、エナガは … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 雨の相模湖 はコメントを受け付けていません。

小雨に際立つ新緑

4月24日、緑区の仙洞寺山(せんとうじさん)で相模原植物調査会のみなさんと植物相調査を行いました。この調査は、仙洞寺山の中腹に位置する「フォレスト21さがみの森」を管理するNPO法人森づくりフォーラムと合同で行っているも … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 小雨に際立つ新緑 はコメントを受け付けていません。