相模原市・安全・安心メール【不審者情報について】

【安全・安心】麻溝地区、大野中地区、大野南地区、新磯地区、相模台地区、相武台地区、東林地区

《不審者情報》
 9月26日(月)午前7時40分頃、相模原市南区相模大野5丁目付近において、外出中の女子児童が、見知らぬ男に「こんにちは。」などと声を掛けられ、つきまとわれる事案が発生しました。

男は、年齢30~35歳位、身長は175cm位、体格は中肉、茶色の短髪、赤色のTシャツ、黒色のズボンを着用していました。

〇不審者を見かけたら、速やかに110番通報をお願いします。
〇身の危険を感じたら、防犯ブザーを鳴らし、無い場合は大声を出して助けを求めましょう。

相模原南警察署

ひばり放送(ダム放流)

城山ダム管理事務所より、ダムからの放流量が本日午前2時15分に毎秒500立方メートルに達したと連絡がありました。
危険ですので、相模川の付近には絶対に近づかないように十分注意してください。

相模原市消費生活総合センターからのお知らせ

高齢者悪質商法被害防止月間!【サポート詐欺】

9月は、高齢者悪質商法被害防止月間です。
悪質業者の手口を知って、トラブルを回避する知識を身につけましょう!!

【サポート詐欺】
パソコンやスマートフォンでインターネットを使用中に突然「ウイルスに感染している」等の偽の警告画面や警告音が出て、それらをきっかけに電話をかけさせ、有償サポートやセキュリティソフト等の契約を迫る手口です。最近は電子決済などで支払いを求められる場合もあるので安易に支払い情報を入力しないようにしましょう。

【アドバイス】
・警告画面や警告音が出ても慌てず、自分でパソコン等の状態を確認しましょう。
・警告画面に掲載されている連絡先に電話しないようにしましょう。
・自分で判断できない場合は周りの人に相談しましょう。
・不安に思った場合やトラブルが生じた場合は、すぐに最寄りの消費生活センター等へ相談しましょう。

☆詳しく知りたい
https://e.bme.jp/18/1744/440/426
(国民生活センターHP)
相模原市消費生活総合センター相談専用(042-775-1770)

相模原市消費生活総合センターからのお知らせ

高齢者悪質商法被害防止月間!【次々販売】

9月は、高齢者悪質商法被害防止月間です。
悪質業者の手口を知って、トラブルを回避する知識を身につけましょう!!

【次々販売】
一度商品やサービスを契約してくれた消費者をターゲットに、一人の消費者に対し、業者が商品やサービスを次々と販売し契約させる手口です。高齢者や一人暮らしの人が狙われやすく、一度契約すると「お得意様」となり、別の業者にその情報が流れ複数の業者が入れ代わり販売するケースもあります。

【事例】
「給湯器を点検する」と訪問され、ガス給湯器交換を契約した。続いて水漏れ工事、配管工事と次々に契約したが不審なのでやめたい。

【アドバイス】
・おかしいと感じたら、その場では契約せず、不要な契約はきっぱり断りましょう。
・家族や周りの人に相談したり、複数の業者から見積もりを取って検討しましょう。
・困ったことがありましたら消費生活総合センターへご相談ください。

☆詳しく知りたい
https://e.bme.jp/18/1744/439/426
(国民生活センターHP)
相模原市消費生活総合センター相談専用(042-775-1770)

相模原市消費生活総合センターからのお知らせ

高齢者悪質商法被害防止月間!【点検商法】

9月は、高齢者悪質商法被害防止月間です。
悪質業者の手口を知って、トラブルを回避する知識を身につけましょう!!

【点検商法】
家の屋根や床下を無料と言って点検を行い、その結果「危険だからすぐに修理をした方がよい」などと不安をあおって、必要のない高額なリフォームを行ったり、商品やサービスを契約させる手口です。今の時期に多い台風などの災害のあとは点検商法が増加するため特に注意が必要です。

【アドバイス】
・点検後に修理を勧められてもその場で契約しないようにしましょう。
・専門家に確認を依頼したり、複数の業者から見積もりを取りましょう。
・家族や周囲の人は、不審な人物が来ていないか、見慣れない書面がないかなど高齢者の様子に気を配りましょう。
・工事終了後でも、クーリング・オフできる場合があります。困ったときは消費生活総合センターへご相談ください。

☆詳しく知りたい
(国民生活センターHP)
https://e.bme.jp/18/1744/436/426
相模原市消費生活総合センター相談専用(042-775-1770)

相模原市消費生活総合センターからのお知らせ

高齢者悪質商法被害防止月間!【催眠商法】

9月は、高齢者悪質商法被害防止月間です。
悪質業者の手口を知って、トラブルを回避する知識を身につけましょう!!

【催眠商法】
会場に人を集め、日用品等をほとんど無料で配り、雰囲気を盛り上げた後、冷静な判断ができなくなった来場者に高額な商品を契約させる手口です。販売員が来場者に親切な態度で接し、信頼関係を築くことで、来場者自身は被害に気づきにくく、気づいても解決が難しい場合があります。

【アドバイス】
・無料の配布のみが目当てでも、安易に会場に近づかないようにしましょう。
・勧誘されても必要がなければ、その場できっぱり断りましょう。
・契約をしてしまっても、クーリング・オフできる場合があります。困ったことがありましたら消費生活総合センターへご相談ください。

☆詳しく知りたい
(国民生活センターHP)
https://e.bme.jp/18/1744/435/426
相模原市消費生活総合センター相談専用(042-775-1770)

相模原市消費生活総合センターからのお知らせ

子ども服の安全性を意識して選んでいますか?

子どもが着る服を選ぶとき、その服を着て行動する様子をイメージしていますか?保育園などではフード等引っ掛かる可能性のある服装を禁止しているところもあり、幼い子どもに対しては、注意を払っている保護者も多いと思いますが、比較的年齢の高い子どもが着ている服でもけがをした事故が発生しており、注意が必要です。

〈事例1〉
木登りをしているときに、パーカーのフードが引っ掛かり首が絞まって失神した。その後、病院を受診して経過観察のため入院した。(7歳)
〈事例2〉
エスカレーターの手すりに寄りかかっていたところ、吊り広告に上着のフードが引っ掛かり、首が絞まった。首回りが赤くなり、指と腕を傷めた。(10歳)

〈アドバイス〉
・引っ掛かりやすいひもやリボン等に注意し、体格に合った服を選びましょう。
・激しく動き回ることが予想される場所ではひもやフードがない服を着せましょう。

困ったこと、不安なことがありましたら消費生活相談センターへご相談ください。

☆詳しく知りたい
(消費者庁HP)
https://e.bme.jp/18/1744/430/426
相模原市消費生活総合センター相談専用(042-775-1770)

相模原市・ひばり放送(熱中症警戒アラート)

相模原市役所ひばり放送からお知らせします。
本日は、国から熱中症警戒アラートが発表され、熱中症の危険性が高まっています。
外出や運動を控える、こまめに水分を補給する、屋外ではマスクを外すなど、健康管理に注意してください。
こちらは、防災さがみはらです。