企画展オープンしました!そして生きものミニサロン実施します!

5月25日朝、博物館のまわりの小学校では運動会の元気のよい放送が聞こえています。
そんな中、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」がオープンしました!

企画展の入口

入口では、夜の生きものたちの世界に入り込んでいただきます。

大きな映像で動物たちが駆け回ります!

たくさんのはく製標本や、いろいろ楽しい映像などがみなさまをお待ちしています。
さらに!こんなコーナーもあります。キッズスペースをご用意して、夜や闇を扱った絵本などをくつろぎながら読むことができます。

くつろぎながら読書できます!

5月とはいえ、外は真夏並みの暑さです。涼しい博物館でゆったりと闇の涼しさを味わってはいかがでしょうか。
企画展は7月7日(日)まで開催しており、観覧無料です。また、明日(5月26日)14時から、担当学芸員の秋山による記念講演会「ここだけの話・・・博物館のまわりには、じつはこんな動物がいます!」を実施します。企画展でご紹介している映像を解説したり、さらに、ちょうど成虫がヒラヒラと飛んでいるキアシドクガの大発生の経過についてもご紹介します。
さて、そして本日は5月第4土曜日です。恒例の生きものミニサロンを実施します。今日は「ムシムシ天国!いろいろな虫を観察しよう!」をテーマに、たくさんの虫をじっくり観察します。たとえば・・・

お尻が赤いこの虫は??

どこにいるの?・・・実はどこにでもいる虫ですが、ちょっと工夫しないと見ることができません。
こちらも参加無料、お申し込み不要ですので、お気軽にご参加ください!生きものミニサロンは12時から30分間のミニ観察会です。
お楽しみに!

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 企画展オープンしました!そして生きものミニサロン実施します! はコメントを受け付けていません。

いよいよ今週土曜日から!企画展、そして生きものミニサロンも!

準備を進めてきた企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」は大方の作業が完了し、あとはライティングなど最終の仕上げを残すのみとなりました。今日は展示業者さんが来て、看板などサイン類を設置してくれました。

特別展示室入り口のようす(まだシャッターは閉まっています)

外のサインもバッチリです。

道路に面して設置したサイン

今回の展示の目玉は、映像です。博物館周辺の樹林地で撮影された動画などをふんだんに使用しています。きっと、夜の世界に足を踏み入れたような感覚になるでしょう!

壁に大きく映した映像が2面、そのほかにも3つの映像を用意しています

そして何より、博物館の展示は実物資料が基本です。たくさんのはく製を並べています。

哺乳類、鳥類、昆虫など約80点の標本を展示します

25日は9時30分の開館とともにオープンします。入場無料です。また、12時からは毎月恒例の生きものミニサロンも実施します。たくさんの昆虫が出てきているので、たっぷり観察する予定です。ぜひご来館ください!

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | いよいよ今週土曜日から!企画展、そして生きものミニサロンも! はコメントを受け付けていません。

朝から雨が激しすぎて

5月21日は、春の嵐でした。
実は、その前日までは、次に雨が降るのを楽しみにしていたのです。なぜかと言うと、先月、存分に花を楽しませてくれたフデリンドウが、そろそろ結実してきて、こんな姿になっていたからです。

実るフデリンドウ

フデリンドウは越年草(おつねんそう:前年秋に芽生えて冬を越し、春、開花結実すると枯れる植物)で、種子は、茎の先端にがま口のような袋があり、その中にたっぷりと詰め込まれています。

雨を待つフデリンドウの種子

世代をつなぐにはしっかりと種子を散布しなくてはいけませんが、フデリンドウは、タンポポのように遠くへ種子を飛ばそうという気は無く、近場へばらまく戦略です。親植物が結実してすぐに枯れてしまうので、同じ場所にまた育てば良いということなのでしょう。どんな風に散布するのかというと、雨が降るとがま口がパカッと開き、雨粒の勢いであふれるように種子が落ちるのです。そのようすを写真に撮りたい!と思って雨を待ち構えていたのですが・・

すでに空っぽになっていました・・

思わぬ春の嵐の中、狙いをつけていたフデリンドウの株へ濡れながら駆けつけたのですが、時既に遅し。
がま口が元気よく開いて、種子はすでに残らずこぼれ落ちた後でした。来年こそは!

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 朝から雨が激しすぎて はコメントを受け付けていません。

列品作業が進行中!5/25からの企画展

5月25日(土)スタートの企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」の準備作業が佳境を迎えています。
5月18日は、オープン一週間前となり、たくさんのはく製標本を収蔵庫から移動しました。

慎重に資料を運ぶ学生さん

この作業には、相模原動物標本クラブのメンバーでもある、麻布大学動物研究会のみなさんがお手伝いしてくれました。
大きなシカの標本も、若い力で慎重に運んでくれています。

展示ケースの中は大きな資料を持つと狭い!

展示資料の中には、他館からお借りしたものもあります。こちらは、神奈川県立生命の星・地球博物館所蔵のツキノワグマのはく製です。
これは、担当学芸員が慎重に開梱、列品します。

借用資料は厳重に梱包してあります

借用してきた理由は、この標本が津久井産のものだからです。サイズは小さめですが、なかなか良い顔つきです。

開梱されたツキノワグマのはく製

あと1週間、展示準備作業もラストスパートとなります。

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 列品作業が進行中!5/25からの企画展 はコメントを受け付けていません。

またもや、珍しいキンラン

先日のブログで、市内の緑地に自生する珍しいタイプのキンランである、ツクバキンランについてご紹介しました。
今日(5月18日)、企画展の準備の合間を縫って、別の緑地へ別のタイプの珍しいキンランを見に行きました。

キンラン(アルビノ)

葉緑素を欠いて全体が白い、アルビノのキンランです。
今年は市内の緑地はどこも、キンランやギンラン、ササバギンランがたくさん開花していると情報があり、ここも、管理をされている市民の方も驚くほどの開花株が見られています。そして、その中で4株が、アルビノだったそうです。その方のご案内で、貴重なアルビノのキンランの写真を撮ることができました。
花の形は通常のキンランと同じですが、やはり色がかなり薄めです。

花は通常より淡い黄色

こちらは近くに咲いていた通常のキンランです。

キンラン(通常のタイプ)

ほとんどのキンランがすでに花が終わっているので、アルビノタイプは花期が少し遅いようです。
葉緑素を欠くということは、光合成もしないということです。キンランをはじめ多くのランは、発芽時に菌根菌(きんこんきん:植物の根について共生関係を作る菌類)の助けを借ります。キンランはもしかしたら、その後も菌根菌から栄養をもらって開花までこぎつけてしまうということでしょうか。
美しい花の野生ランですが、地面の中ではなにやら恐ろしげな搾取構造ができあがっていそうです。謎と不思議が詰まった植物ですね。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | またもや、珍しいキンラン はコメントを受け付けていません。

企画展(5/25~)はこんな夜行性の生きものも!

5月25日(土)から始まる企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」では、身近に生息する夜行性の生きものをたくさんご紹介します。今日は、動植物資料収蔵庫で、こんな作業をしました。

昆虫の標本箱

昆虫標本の取り出しです。夜行性の昆虫というとホタルが思い浮かびますが、こちらも夜行性です。

アケビコノハ

アケビコノハというガの仲間です。
ガは、チョウと比べて10倍以上の種類数がいます。そしてその多くが夜行性です。小さなものから大きなものまでたくさんいるのですが、今回は、大きくて美しいガを、お見せしたいと思っています。こんなガもいます。ギンモンスズメモドキといいます。

ギンモンスズメモドキ

翅(はね)に銀色の光沢部分がある、とても美しいガです。
ほかにも、こんなの相模原にいるの?という大きなガもご紹介します。お楽しみに!

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 企画展(5/25~)はこんな夜行性の生きものも! はコメントを受け付けていません。

地質学講座 始まりました!

今年も地質学講座が始まりました。
今年のタイトルは「相模野台地の地形と地質」です。相模野台地をテーマに地質学講座を実施するのは久しぶりです。前回、約10年前は火山灰の地層を中心に解説しましたが、今回は細かい地形にも目を向けていきます。

初回と4回目は博物館での講義、2回目と3回目は野外に出かけて地形と地質を観察します。

5月11日の初日は、博物館で日程の説明や基本的な事項の解説を行いました。

次回、5月25日は野外での観察会です。良い天気になってほしいです。

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | 地質学講座 始まりました! はコメントを受け付けていません。

富士相模川泥流調査

5月8日に山梨県都留市の柄杓流川(しゃくながれがわ)で富士相模川泥流堆積物の調査を行いました。

泥流というのは、通常の洪水よりも含まれる泥の割合が多く、1メートルを超えるような巨石も運ぶことができます。富士相模川泥流は、今から約2万年前に起きた大泥流で、相模川の下流まで流れ下りました。相模原市内でも富士相模川泥流の堆積物の地層が見られ、博物館の展示室にはその模型が展示してあります。

今回は都留市の太郎・次郎滝付近で富士相模川泥流堆積物の調査を行いました。

太郎・次郎滝。柄杓流川右岸の切り立った崖の上から勢いよく水が流れ落ちています。この崖に見られるのが富士相模川泥流堆積物です。

柄杓流川で見られる富士相模川泥流堆積物。泥や砂、礫(れき)など何層にも積み重なっています。

礫が多く集まっている場所もあります。

都留市の田んぼの中にある数メートルもある巨石。「おいしがね」と呼ばれています。富士相模川泥流によって運ばれてきたと考えられます(諸説あります)。

富士相模川泥流堆積物の上に富士山から流れ出した溶岩が積み重なっています。溶岩と富士相模川泥流堆積物の間から水が湧き出しているところもあります。

その一つ、長慶薬師霊命水源と呼ばれる湧き水です。

ここでは水の中でバイカモ(梅花藻)が繁茂しています。ちょうど花の時期でした。

好天に恵まれ、調査日和でしたが、まだ川の水は冷たく、胴長を履いていても水の冷たさを感じました。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | 富士相模川泥流調査 はコメントを受け付けていません。

コシロカネグモ

コシロカネグモ


写真のクモは銀色の腹部に縦縞状の模様が入った美しい種、コシロカネグモ。
名前(和名)の由来は銀の古い呼び名「しろかね」です。
主に雑木林やその周辺に見られ、水平円網を張ります。体長は1cm程度ですが、背側を下にした姿勢でぶらさがるので、低い位置にいると気づきにくいかもしれません。
今回はハルジオンの花にぶら下がっていてくれたので、しゃがみこんで銀色の腹部を撮影する事ができました。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , | コシロカネグモ はコメントを受け付けていません。

次の企画展のポスターデザインが完成!

5月25日(土)からスタートする企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」のポスターデザインが完成しました!

生物企画展のポスター

印刷、配布はこれからですが、ポップで楽しいポスターになりました。展示準備もこれからスパートをかけていきます。
お楽しみに!

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: | 次の企画展のポスターデザインが完成! はコメントを受け付けていません。