地質学講座 第3回 原当麻〜当麻山公園

6月8日に地質学講座の3回目を開催しました。
5月25日に実施した2回目の続きで、今回は相模原市南区のJR原当麻駅から当麻山公園まで歩きました。

最初に、田名原面(中段)の端で段丘地形を観察しました。この場所では急な段丘崖(だんきゅうがい)や沖積(ちゅうせき)低地などが見られます。沖積低地は今の河原の領域になります。

田名原面(中段)と陽原(みなはら)面(下段)の間の急な段丘崖の坂道の途中で、関東ローム層と田名原段丘の礫層(れきそう)が見られます。この坂道は「あずま坂」と呼ばれています。

陽原面まで下りて、左手に田名原段丘の段丘崖を見ながら陽原面上を歩きました。木が茂っている部分が段丘崖です。写真左下端のガードレールの左側(写真に写っていない部分)は陽原段丘を刻む谷になります。

陽原段丘を刻む谷の谷底は当麻山公園になっています。公園を整備する時に人の手が加えられていますが、はっきりと谷地形が残っています。右側の崖の上に一つ前の写真に写っている道が通っています。左側の崖の上が無量光寺です。

この谷の崖の下の方では、数カ所から水が湧いています。一番湧水(ゆうすい)量の多い湧き水を観察しました。一つ一つの湧き水の水量は多くはありませんが、集まると相当な水量になるようです。公園の下が暗渠のようになっていて、マンホールからはゴウゴウと水が流れる音が聞こえてきます。

無量光寺の山門付近で陽原段丘をつくっている礫層を観察しました。

心配されていた雨も全く降らず、無事野外観察を終えることができました。2回に分けて、相模野台地の上段から下段、さらにその下の沖積低地まで地形と地層を観察しながら歩きました。

地質学講座は次回、6月22日が最終回です。博物館で野外観察のまとめと相模野台地のでき方などを解説します。

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 地質学講座 第3回 原当麻〜当麻山公園 はコメントを受け付けていません。

マイマイガも発生数が多いようで・・

このところ、博物館の駐車場付近が鳥の声でちょっと騒がしいことがあります。それは、ムクドリが家族で来てお食事をしているからです。

マイマイガの幼虫を食べようとするムクドリ

前庭や駐車場で大騒ぎしてつかまえているのは、マイマイガの幼虫です。親鳥が巣立ったヒナを連れてくるので、結構な数になります。

マイマイガの幼虫

マイマイガはいろいろな植物の葉を食べる種類で、今年は大発生というほどではないものの、よく目立ちます。先日のライトトラップ見学会や、生きものミニサロンの時にも登場して注目を集めました。
ムクドリの嘴(くちばし)には、マイマイガのトレードマークである頭部の「ハの字」模様がしっかりと見えています。

嘴にはマイマイガの頭がガッチリくわえられています

今年はいろいろなムシの発生量が多いので、鳥たちの子育ても少し楽なのかな?と考えたりしています。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | マイマイガも発生数が多いようで・・ はコメントを受け付けていません。

お見事!クワコの忍術

6月12日、カイコに与えるクワの葉を取っていると、葉の上にクワコがいました。

クワコ(おそらく4齢幼虫)

クワコは、カイコに最も近いとされる野生の蛾で、祖先は同じ種類と考えられています。緑の葉の上にいるとさすがに目立ちますね。このクワコはまだ4齢くらいなので、5齢幼虫の見事な忍術(擬態)がまだうまくないのかもしれません。近くにいた5齢のクワコは・・どこにいるのかわかりますか?

この写真の中にクワコがいます

答えは、赤い丸の中です。実際に見ても、かなり顔を近づけて見ないとわからないほど、クワの枝に同化しています。

クワの枝にそっくりなクワコ

こちらにもいるのですが、さらにわかりにくいと思います。

こちらにもクワコがいます!

答えはこちらです。

赤い丸の中にクワコがいます!

おもしろいのは、こうして擬態しているクワコの頭をちょっとつつくと、頭をぐっと下げて、胸部の背面にある眼状紋(がんじょうもん=眼に似せた模様)を突き出します。

眼状紋を見せるクワコ

これで外敵の攻撃をどれだけ防げるのか不明ですが、それなりに効果があるので進化してきたはずです。一度、これに驚く鳥の姿を見てみたいものです。
博物館に、カイコについて質問に来られた親子連れの方とクワコを観察していたら、お母さんが繭を見つけてくれました。黄色っぽくて小さな繭です。

クワコの繭

クワコはとてもおとなしく、きれいな蛾なので、クワを食べるという点でカイコのライバルなのに、つい楽しみにして見守ってしまいます。

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | お見事!クワコの忍術 はコメントを受け付けていません。

ライトトラップ見学会やりました!

6月8日、企画展「闇に生きる 相模原にすむ夜行性の生きもの」の関連イベントとして、ライトトラップ見学会を行いました。ライトトラップとは、光に集まる虫の性質を利用してつかまえる採集調査の方法です。講師の小野広樹さん(うみねこ博物堂店主)が、まだ明るいうちから駐車場にライトトラップを設置しています。

ライトトラップの準備中

開始は午後6時、やはりまだ明るいので、トラップの説明や、なぜ虫が光に集まるのかといった説明をしていただきました。

トラップのしくみを説明する講師の小野さん

実はこの日、サプライズゲストとして阪本優介さんが来てくれました。阪本さんは、最近出されたテントウムシの図鑑の著者で、蛾にも詳しい方です。開始前にハラグロオオテントウを見つけてきて、参加者に見せてくれました。その大きさに歓声が上がりました。

最近分布を広げてきたテントウムシです

さらに、マイマイガの幼虫(毛虫)を手に乗せて見せてくれてみなさんビックリ!蛾を好きな人には毛虫もかわいい存在のようです。

手の上に毛虫が!

暗くなってからが本番のライトトラップ。曇っていて湿度が高く、条件は良かったのですが虫は少なめでした。それでも、小さな蛾や甲虫にもいちいち種名を言ってくれる講師のお二人の知識にも驚きました。

専門家の解説に興味津々の参加者たち

たくさんの虫好きのお子さんたちが来てくれたので、またライトトラップ見学会をやってみたいと考えています。

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ライトトラップ見学会やりました! はコメントを受け付けていません。

カイコの授業

博物館で飼育しているカイコは6月8日現在、多くが3齢から眠(みん=脱皮前の休眠期間)に入りました。明日までには多くのカイコが4齢になっているでしょう。

3齢の眠に入っているカイコ

でも、これくらいになってくると少し成長もばらついていて、すでに4齢に脱皮しているカイコもいます。

4齢に脱皮したばかりのカイコ

頭が大きいですね。これは相対的なもので、2日もすると頭が小さく見えるくらいに体(胸部と腹部)が大きく成長します。
下の写真は左が4齢に脱皮直後、右が3齢の眠のカイコで、もう頭部は抜けかかり、新しい頭が見えています。

左が4齢、右が3齢(眠)のカイコ

さて、博物館では希望する学校へ蚕種(さんしゅ=カイコの卵)を配布していますが、学芸員が出張授業へ行くことを配布の条件にしています。それは、ペットのようなつもりで飼ってしまうと、繭を収穫するという農業としての目的を忘れがちになってしまうためです。それをしっかり理解してもらうための授業をします。今週は5校の3年生に対して授業を行いました。

カイコの授業の様子

はじめ、普段と違う先生が前に立っているので落ち着かない児童のみなさんも、カイコを飼うのは、人間が生きていくための「衣食住」に関わる農業であることや、繭の中身の蛹(さなぎ)の命について考える話題になると、目が真剣になってきます。
これからカイコを飼いながら、たくさんの発見やハテナを感じていって欲しいですね。
そして、6月7日は上溝南高校でホタル観察会(同校地域連携委員会主催)のお手伝いをしてきました。
学校で、生物多様性から考えるホタルについての講義をして、そのあと、田名の相模川沿いの水田地帯でゲンジボタルを観察しました。

ゲンジボタル(田名で撮影)

計数カウンターを持ってもらい、数をかぞえながらの観察です。この日はちょっと少なめだったものの、だいたい80頭前後のホタルが光っていました。若い人たちが見守ってくれるだけでも、ホタルの保全には大きな力になります。夜の校外活動に尽力いただいている先生方にも頭が下がります。これからもこうした活動が続いてほしいと心から思いました。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | カイコの授業 はコメントを受け付けていません。

地質学講座 第2回 麻溝公園〜原当麻

5月25日に地質学講座の2回目を開催しました。
相模原市南区の麻溝公園からJR原当麻駅付近まで、地形や地層を見ながら歩きました。

まずは麻溝公園で相模原面(上段)上にある谷状の地形の観察です。谷ではなく、実際は細長い凹地(おうち)です。一番低い部分で地形を観察している様子です。写真右手に見える高まりは人工的に埋め立てたられた部分です。

凹地の東側から一番へこんでいるところを見るとこんな感じです。中央に見える橋のあたりが一番低い部分です。

段丘をつくっている地層が見られる大正坂です。相模原面(上段)と田名原面(中段)の間の急な崖で、関東ローム層が見られます。

大正坂を下りきって、道保川を渡ったあたりには中世の豪族館の堀跡が残っています。この堀は道保川の旧河道を利用したと言われています。ちょうど堀跡を歩いているところです。

最後に姥川の河床(かしょう)を観察しました。姥川の河床にある礫(れき)は姥川が上流から運んできたものではなく、約3万年前に当時の相模川が運んできた礫です。約3万年前の相模川の川原が姥川によって洗い出されて顔を見せています。

当日は、よく晴れて暑いくらいでしたが、風は爽やかで、気持ちよく観察をすることができました。3回目は6月8日、JR原当麻駅から当麻山公園までを歩きます。

カテゴリー: 報告, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 地質学講座 第2回 麻溝公園〜原当麻 はコメントを受け付けていません。

約10万年前の遠くからの火山灰

5月22日、相模原市緑区青根で約10万年前の地層の調査を行いました。

この地層は湖に堆積したと考えられる泥、砂、砂利が積み重なってできています。

この地層には、九州にある火山と中部地方にある火山から噴出された火山灰が挟まっています。

白い層は鬼界葛原(きかいとずらはら)火山灰と呼ばれている火山灰です。鹿児島県の薩摩半島と屋久島の間にある鬼界カルデラから、約9万5千年前に噴出された火山灰です。鬼界カルデラは現在の硫黄島や竹島のあたりです。

こちらは長野県と岐阜県の県境にある木曾御嶽山(きそおんたけさん)から約9万年前に噴出された御岳伊那(おんたけいな)火山灰です。

山間部にどうして湖ができたのか、また、湖がどれくらいの規模だったのかは、わかっていません。しかし、相模原から遠く離れた火山の噴火の様子を伝える重要な地層です。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 約10万年前の遠くからの火山灰 はコメントを受け付けていません。

ツバメの巣の調査

6月6日、緑区澤井方面へツバメの巣の分布調査に行きました。これは、相模原市立環境情報センターの自然環境観察員制度の全体調査の一環で、市域全域(車道の通っていない区域を除く)を対象に実施しています。本当はもっと早い時期に行きたかったのですが、企画展の準備などで6月に入ってしまいました。行ってみるとやはり、一両日中に巣立ちそうなヒナがギュウギュウで巣内に・・

ギュウギュウに巣内で給餌を待つツバメのヒナ

藤野北小学校を訪ねると、ここは校舎の1階と2階に営巣中。こちらはまだふ化から1週間くらいでした。親鳥は給餌(きゅうじ)と同時に、ヒナが排泄するフンを巣外へ捨てます。ヒナがおしりを上に向けたところを逃さずに・・

親鳥がヒナのおしりから出たフンをくわえています

サッとくわえて巣外へ持ち出したところです。

そのままくわえて飛び去る親

こうして巣内の衛生環境を保ちます。
ところで、今日の藤野北小周辺では、あるチョウが大量に飛んでいました。尋常ではない数だったので校長先生に尋ねると、今朝から!とのことでした。

テングチョウ

時折大発生するテングチョウですが、ここまでたくさん飛んでいるところは初めて見ました。
場所によってはキアシドクガもたくさん飛んでいて、昆虫大発生の初夏の様相でした。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ツバメの巣の調査 はコメントを受け付けていません。

吉野宿ふじや「懐かしのレコード鑑賞会」開催されました

吉野宿ふじやでは現在、「昭和の娯楽」展が開催されています。

6月2日に「懐かしのレコード鑑賞会」が行われました。

「白い花の咲く頃」(岡本敦郎)や「君の名は」(織井茂子)、「港町十三番地」(美空ひばり)など18曲が流れました。
レコード独特のノイズ音が耳に心地よく、みなさん懐かしみながら音楽を楽しみました。
また、曲や歌手についての解説もあり、なじみの曲の知らなかった一面に驚く一幕も。

想い出のある曲が、当時と同じようにレコードで聴ける機会はそうそうありません。昔の事を思い出して涙が出そうになった、という感想を述べられた方もいました。

レコード鑑賞会は終わってしまいましたが、展示は6月9日まで開催されています。
「昭和の娯楽」展、ぜひご来館いただければ幸いです。

カテゴリー: 吉野宿ふじや, 報告 | タグ: , | 吉野宿ふじや「懐かしのレコード鑑賞会」開催されました はコメントを受け付けていません。

クワと似たもの

5月29日から給桑を開始したカイコは順調に育ち、すでに1回脱皮をして2齢になっています。もうすっかりカイコらしい姿です。

2齢のカイコ

その2齢も6 月4日で3日目に入り、またそろそろ眠(脱皮前の休眠期間)となって、明後日までには多くのカイコが3齢になるでしょう。3齢になると、それまで黒かった頭部がベージュ色になります。頭が真っ黒なカイコは、この1日か2日で見納めとなります。
さて、こんな小さなカイコでも、何百頭も育てているとそれなりにクワの葉が必要になります。毎日クワの葉を採っているのですが、今、クワの木は果実がたわわに実っています。

右の黒紫色の果実が熟したもの

大木のクワにはスズメやムクドリなどが食べに来て、お祭りのようになっています。
ところで、クワの葉はいろいろな形がある上に、違う種類の植物に、よく似た葉がたくさんあります。見慣れてくるとすぐに見分けがつくのですが、例えばこちら。オオブタクサです。

オオブタクサの葉

花粉症の原因植物としても名が知られている外来植物ですが、かつて、クワモドキとも呼ばれていただけに、ちょっと似ていますね。
さらに酷似しているのがこちら、ヒメコウゾです。

ヒメコウゾの葉

オオブタクサはキク科でクワと縁遠い植物ですが、ヒメコウゾはクワと近縁なので、葉がそっくりです。色が少し濃い(深緑に近い)のと、切れ込みが左右非対称で大きく丸く切れ込むのが特徴ですが・・見慣れないと本当にわかりにくいですね。ちなみにこちらの果実はオレンジ色から赤色に熟すので、黒紫色に熟すクワとは違いがはっきりしています。

ヒメコウゾの果実

クワの葉自体にもかなり変化があり、切れ込むもの、まったく切れ込まないものなどいろいろあるので、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

カテゴリー: オカイコサマ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | クワと似たもの はコメントを受け付けていません。