クモ」タグアーカイブ

揺れるナガコガネグモ

すっかり成体になったナガコガネグモ。 草原や林のまわりを好み、体長2.5cm程の大柄な体と、繊細な縞模様が特徴です。 どっしりした風格ですが、ちょっと刺激すると… ものすごい勢いで網を揺らします。 捕食者に対する威嚇でし … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 揺れるナガコガネグモ はコメントを受け付けていません。

初めて見た外来種(クモ)

博物館近くの建物脇で、いつものようになんとなく壁を眺めていると、妙にふわふわとしたクモの卵のうがありました。 「おっ、これは?」と思って近くを探すと、いました。 マダラヒメグモです。 体長5mm前後で、腹部のまだら模様が … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 初めて見た外来種(クモ) はコメントを受け付けていません。

月に因んだ名前のクモ

昨日9月13日は中秋の名月、そして今日14日は満月だそうですが、今日たまたま月に関係ある名前のクモを見つけました。 その名もカグヤヒメグモ(学名:Parasteatoda culicivora)。 博物館の外柵にぶら下が … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 月に因んだ名前のクモ はコメントを受け付けていません。

ジョロウグモが繁殖期

最近、博物館周辺のジョロウグモの網でオスとメスが同居しているのをよく見かけるようになってきました。 こんな感じです(小さくて模様が地味なのがオスです)。 オスが複数いる場合もあります。 オスがメスの網に侵入して、交接(ク … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ジョロウグモが繁殖期 はコメントを受け付けていません。

ジョロウグモの脱皮

写真は、ジョロウグモの脱皮。もう最終段階で、あとは長い脚を引き抜くだけです。 クモや昆虫など、硬い殻を持つ動物は体を大きくするために脱皮をします。 皮膚のように、体の成長とともに伸びてくれれば良いのですが、そういう仕組み … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ジョロウグモの脱皮 はコメントを受け付けていません。

イオウイロハシリグモ

写真は、イオウイロハシリグモのオス。 水田や林の周辺で見かける、体長20-30mm程度の比較的大型で徘徊性のクモです。 博物館周辺で見かけるのは初めてですが、先日、脱皮殻を見つけたのがこの辺り。 オスだというのも一致して … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | イオウイロハシリグモ はコメントを受け付けていません。

少し似ているけど違うクモ2種

初夏から夏にかけて、林縁部などに姿を表すシロブチサラグモ。 体長5mm程度ですが、よく見ると陶器やガラスのようなつやがあり、美しい種です。 浅いドーム状の網を張って、その下にぶら下がります。 実はこの時期、似たようなクモ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , | 少し似ているけど違うクモ2種 はコメントを受け付けていません。

脱皮殻の観察(クモ)

節足動物は、体の外側を骨格で覆っているので、大きくなるためにはその骨格=殻を脱ぐ必要があります。それが脱皮です。 これはイオウイロハシリグモ(オス幼体)の脱皮殻。 とてもきれいに形が残っていたので、思わず拾ってきてしまい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 脱皮殻の観察(クモ) はコメントを受け付けていません。

今朝出会ったクモ

「朝のクモは縁起が良い」という言い伝えがありますが(因みに全く逆の言い伝えもあります)、今朝歩いていて出会ったクモを紹介します。 ササグモ。徘徊性の種で、草地などでよく見られます。なぜかコンパクトカメラでもピントが合いや … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , | 今朝出会ったクモ はコメントを受け付けていません。

コシロカネグモ

写真のクモは銀色の腹部に縦縞状の模様が入った美しい種、コシロカネグモ。 名前(和名)の由来は銀の古い呼び名「しろかね」です。 主に雑木林やその周辺に見られ、水平円網を張ります。体長は1cm程度ですが、背側を下にした姿勢で … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , | コシロカネグモ はコメントを受け付けていません。