クモ」タグアーカイブ

ジョロウグモの脱皮

写真は、ジョロウグモの脱皮。もう最終段階で、あとは長い脚を引き抜くだけです。 クモや昆虫など、硬い殻を持つ動物は体を大きくするために脱皮をします。 皮膚のように、体の成長とともに伸びてくれれば良いのですが、そういう仕組み … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | ジョロウグモの脱皮 はコメントを受け付けていません。

イオウイロハシリグモ

写真は、イオウイロハシリグモのオス。 水田や林の周辺で見かける、体長20-30mm程度の比較的大型で徘徊性のクモです。 博物館周辺で見かけるのは初めてですが、先日、脱皮殻を見つけたのがこの辺り。 オスだというのも一致して … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | イオウイロハシリグモ はコメントを受け付けていません。

少し似ているけど違うクモ2種

初夏から夏にかけて、林縁部などに姿を表すシロブチサラグモ。 体長5mm程度ですが、よく見ると陶器やガラスのようなつやがあり、美しい種です。 浅いドーム状の網を張って、その下にぶら下がります。 実はこの時期、似たようなクモ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , | 少し似ているけど違うクモ2種 はコメントを受け付けていません。

脱皮殻の観察(クモ)

節足動物は、体の外側を骨格で覆っているので、大きくなるためにはその骨格=殻を脱ぐ必要があります。それが脱皮です。 これはイオウイロハシリグモ(オス幼体)の脱皮殻。 とてもきれいに形が残っていたので、思わず拾ってきてしまい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 脱皮殻の観察(クモ) はコメントを受け付けていません。

今朝出会ったクモ

「朝のクモは縁起が良い」という言い伝えがありますが(因みに全く逆の言い伝えもあります)、今朝歩いていて出会ったクモを紹介します。 ササグモ。徘徊性の種で、草地などでよく見られます。なぜかコンパクトカメラでもピントが合いや … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , | 今朝出会ったクモ はコメントを受け付けていません。

コシロカネグモ

写真のクモは銀色の腹部に縦縞状の模様が入った美しい種、コシロカネグモ。 名前(和名)の由来は銀の古い呼び名「しろかね」です。 主に雑木林やその周辺に見られ、水平円網を張ります。体長は1cm程度ですが、背側を下にした姿勢で … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , | コシロカネグモ はコメントを受け付けていません。

ありふれた種(ギンメッキゴミグモ)

クモというと茶色や黒のイメージが強いかも知れませんが、この種は腹部が銀色に輝いています。 林の周辺や公園、庭先などで見かけるありふれた種ですが、体長5mm程度と小さいのであまり目立ちません。 このクモの最大の特徴は「上を … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | ありふれた種(ギンメッキゴミグモ) はコメントを受け付けていません。

ジグモ

博物館近くの公園で、ふと目に留まったのはジグモの住居。岩に袋状のものが張り付いていて、地中に続いています。 もしかしたら子どものころ、ジグモの住居を釣り上げて遊んだ記憶をお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。 釣り上げ … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ジグモ はコメントを受け付けていません。

枝?いえ、針金にも似てました(マネキグモ)

この頃急に暖かくなって、博物館周辺で見られる生き物も急に増えてきました。 写真は、マネキグモ幼体。今シーズンは初めてお目にかかります。 林の縁などで、数本の糸を張った簡単な網を張るクモですが、体の形や模様が木の枝にあまり … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , | 枝?いえ、針金にも似てました(マネキグモ) はコメントを受け付けていません。

クサグモ現る(2019)

春先に真っ先に目につくクモがクサグモ。 植え込みなどにシート状の網を張っています。 今年は「ちょっと出現が遅いのかな?」と思っていたのですが、博物館の正面入り口前にたくさんいました。 体長はまだ2mm程度の幼体です。夏に … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | クサグモ現る(2019) はコメントを受け付けていません。