卵のう」タグアーカイブ

お団子状に連なるのは(クモ)

植え込みの上に丸いゴミのようなものが連なって浮いています。 よく見ると、ゴミのようなものはクモの網にぶら下がるようについていて、その先頭には、丸っこいクモがいます。 その名もマルゴミグモ。体調5mm程度。ここ10年くらい … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | お団子状に連なるのは(クモ) はコメントを受け付けていません。

樹名板の裏でみつけました

博物館での冬の生き物観察の定番、「樹名板めくり」。 大抵はこんなふうに白いふわふわしたものがついています。 この中にはアリグモやハエトリグモ、フクログモの仲間などが潜んでいて、寒さをしのいでいます。 今年目につくのはこの … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , , , | 樹名板の裏でみつけました はコメントを受け付けていません。

枯れ葉の中の卵のう(クモ)

通勤路でいつも見かけていた枯れ葉。寒くなる以前にクモが卵のうをつけた葉が残っているのだろうと、確認もせずに通り過ぎていました。 今日ふと気が付くと、昨日の強風で落ちかかっていたはずの葉が、元の位置に戻っています。 葉の内 … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 枯れ葉の中の卵のう(クモ) はコメントを受け付けていません。

クサグモの卵のう

博物館の入口前にあるクモの住居をのぞくと、こんなものがありました。 クサグモの卵のうです。 一辺2-3cmの幾何学的な形をしています。こんな形の卵のうをつくるクモは他にありません。材質はもちろんクモの糸で、丈夫で分厚いシ … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | クサグモの卵のう はコメントを受け付けていません。