地面の上の茶色いバラ

今日は12月28日、博物館の今年最後の開館日です。
お隣の樹林地の一画では今年も地面の上に、こんなバラの花のようなものがたくさん落ちています。

バラの花にそっくりです

もちろんこれはバラではありません。周りにはこんなものがたくさん散らばっています。

1枚だけ拾うと、なにやらエイリアン的なものに見えます

このバラの花のようなものは、ヒマラヤスギの球果(松ぼっくり)から種子と、種子を支える鱗状の部分(上の写真)が落ちて、付け根だけが残ったものです。

かわいらしい形をしています

付け根だけでこれだけの大きさなので、松ぼっくりはとても大きなものです。
今年は特にたくさん散らばっているので、なり年だったのでしょう。
来年はこんな芽生えがたくさん見られるのではないかと期待しています。

こちらは春先の写真です

新年は1月4日(木)から通常開館します。来年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | 地面の上の茶色いバラ はコメントを受け付けていません。

大きな作品

今日(12月26日)、博物館バックヤードの搬入口に大きなトラック入っていました。中はなにも入っていないように見えますが、じつは、とても大きな作品が入ってきたのです。

美術品専用の運搬車の中です

特大の絵画作品なので、真後ろから見るとよく見えませんでしたが、出して横から見ると本当に大きい!

大きな絵画作品です

博物館には、美術品の収蔵庫があります。市内には大きな作品を収める市の美術施設が無いため、当館に収蔵庫があるのです。今日はほかの美術館へ貸し出していた作品が戻ってきたところです。写真は開梱作業です。こうした作業は、委託された運送業者の中の美術品専門運搬部門(美専と呼ばれています)の技術者が行います。無駄なく丁寧な動きと、絶えずコミュニケーションをとって確認をしながらの作業です。

開梱作業

開梱されると、貸出先の学芸員と、相模原市の担当者が収蔵エリアの一画で検品をします。検品とは、貸し出した時の状態が保たれているか、汚損などが無いかをチェックする作業です。ピリッとした空気が流れます。

検品作業

今回も無事に検品、収蔵作業が完了しました。
来館者の目に触れないエリアでの作業ですが、資料の搬出入は、博物館施設の専門性がもっとも感じられる光景だと思います。

カテゴリー: 今日の博物館 | 大きな作品 はコメントを受け付けていません。

自然の素材でオリジナルリースづくり 今日のミニサロン

今日(12月23日)は毎月恒例の生きものミニサロンを行いました。今回の素材はコレ!

1年で10メートル以上も伸びるクズのつる

葉を落とした後のクズ(葛)のつるです。
博物館お隣の樹林地へみんなで入り、クズのつるをぐいぐい引っ張って取ります。

クズのつるは取っても取ってもなくなりません

そして絡ませながらわっかをつくります。

自分の好きな大きさにわっかを作ります

わっかを作りながら、つるの途中に遠くを見るお顔を見つけてくれたお子さんがいました!

葉痕(ようこん)が顔に見えますね!

このわっかに、まわりの植物でデコレーションしていくと・・

思い思いにデコレーション

オリジナルリースができました!

センス抜群のリースです!

わずか20分ほどでこんな素敵なリースができました

森の中でちょっと増えすぎて困ってしまうクズ、アオキ、アケビ、そして外来種のセイタカアワダチソウや咲き終わったススキなど、どれだけ使っても構わない素材が素敵なリースとなりました!

リースと一緒に記念撮影!

これから年越しまでみなさんのお家に飾っていただけそうですね!
次回は1月27日(土)12時からです。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | 自然の素材でオリジナルリースづくり 今日のミニサロン はコメントを受け付けていません。

☆「しきさい」「つばめ」応援パブリックビューイング開催しました☆この後のイベントといえば・・・

12/17の金井宇宙飛行士の打ち上げパブリックビューイングに続き、12/23には「しきさい」「つばめ」の打ち上げパブリックビューイングを開催しました。

博物館スタッフも、ご来館のみなさんも「しきさい」帽子をかぶってカウントダウン!

約80名のみなさんと一緒にパブリックビューイングを楽しみました。

参加のみなさんには記念品もお渡ししました。ぜひご活用ください。

これからの「しきさい」と「つばめ」の成果が楽しみですね!

さて、博物館では12/23から1/8まではプラネタリウム冬休み特別上映期間です。(期間中の休館日は12/25と12/29〜1/3)

12/28は本来は博物館の休館日にあたりますが、今年度は冬休み特別上映中ということもあり、ぜひ博物館に足を運んでいただきたく、臨時開館しています。(詳しいスケジュールはこちらをご覧下さい)

冬休み期間の主な予定としては、プラネタリウム冬休み特別上映のほか、
特別展示室では学習資料展を開催中ですし、
エントランスだけでも見どころ満載!
・博物館ボランティアさんたちの成果の発表の展示(展示期間を1月8日まで延長します
・大西宇宙飛行士来館記念展示(宇宙に実際に行った「はやぶさ2」の模型は必見ですね!一度は宇宙に行って、戻ってきたものが目の前にあるって不思議な気持ちになりませんか?)
・宇宙の日作文絵画コンテスト入賞作品の展示(展示期間を1月8日まで延長します
・常設展示室出口あたりには学習資料展関連のミニ展示(まもなく模様替えを予定しています)

そして12/24は毎回大人気の考古学講座を開催しますし、
1/4からはプラネタリウムの新番組(別のサイトにリンクしています)投影開始
1/7には、こちらも毎回好評の学習資料展関連事業のチャレンジ体験コーナー

ああ、本当に盛りだくさん~!

みなさんの冬の一日、ぜひ博物館でお楽しみくださいね!

※1/9〜11は臨時休館します。どうぞお気をつけ下さい。

※赤字部分を修正しました(12/27)

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館, 報告, 天文 | タグ: , , , , | ☆「しきさい」「つばめ」応援パブリックビューイング開催しました☆この後のイベントといえば・・・ はコメントを受け付けていません。

冬至の日に

今日は博物館を拠点に活動するボランティアグループの一つ、相模原植物調査会の活動日です。そして、二十四節気の冬至でもあります。会員のお一人がお庭の柚子を取ってきてくれました。

柚子の香りが部屋に広がりました

柚子の香りのする実習実験室で、作業用の棚を大掃除。仮置きしていた不要な文献や資料などを片付けて、殺菌作用のあるウエットタオルで拭き掃除をします。
さらに、収蔵庫も。

動植物資料収蔵庫のお掃除

今年は特に、『神奈川県植物誌』編さんのために、執筆者の閲覧が多くあったので、床を定期的にお掃除しています。今日も今年最後の閲覧があったので、しっかり拭き掃除をしていただきました。終了後、恒例の忘年お茶会で調査会の今年の活動を締めくくります。
こうして博物館も年末モードに入ります。明日からはプラネタリウムも冬休みの投影スケジュールです!

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | 冬至の日に はコメントを受け付けていません。

☆「宇宙の日」作文絵画コンテスト入賞作品展示中です☆

毎年、開催されている「宇宙の日」作文絵画コンテスト。今年度も相模原市立博物館あてにたくさんの作品を応募していただきました。

当博物館の中の最優秀賞となった作品が、全国から集まった作品とともに審査され、その結果、すばらしい入賞作が出ました。

絵画の部、グランプリ・文部科学大臣賞及びメディアパートナー賞・朝日新聞デジタル賞に相模原市立内郷小学校 6年生 中条 匠晴さん

作文の部、日本宇宙フォーラム 理事長賞及びメディアパートナー賞・朝日新聞デジタル賞に国立学園小学校 2年生 山中 由宇さん

という2作品です。

賞の概要はこちらそれぞれの作品はこちらからご覧いただけます。

この2作品に加え、当館の優秀賞および佳作に輝いた作品を博物館エントランスに展示しています。

当初は年内いっぱいの展示を予定していましたが、好評につき、1月8日まで展示期間を延長することになりました。

この機会に、ぜひ力作の数々をご覧ください。

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館, 報告, 天文 | ☆「宇宙の日」作文絵画コンテスト入賞作品展示中です☆ はコメントを受け付けていません。

☆年末年始の臨時開館、臨時休館等にお気をつけください☆(最後にちょっと予告あり)

何かと気ぜわしい12月ですね。年末年始、みなさんもいろいろご予定されているのではないでしょうか。

博物館と博物館が所管している2施設の年末年始の予定をお知らせします。

まず一覧表は下記のとおり。(クリックで拡大します)

博物館は12/28は本来は休館日なのですが、プラネタリウムの冬休み特別上映期間であることから、みなさまにぜひご来館いただきたく、臨時開館することとなりました。

全天周映画「名探偵コナン 星影の魔術師」は上映期間が短いのでお見逃しなく!

年明けは博物館・尾崎咢堂記念館ともに1月4日から開館しています。

ただし、その翌週、1月9日から11日までは施設点検等を実施するため博物館のみ臨時休館いたします。

また、表にはありませんが、2月にはプラネタリウム休映日があります。

2月6日・7日(いずれも終日)と、2月11日の第3回目と4回目です。2月11日にはプラネタリウムドーム内で、とあるイベントを実施しようと企画中です。詳細が決まり次第お知らせしたいと思いますのでこちらもどうぞお楽しみに。

カテゴリー: おしらせ, 吉野宿ふじや, 天文, 尾崎咢堂記念館 | ☆年末年始の臨時開館、臨時休館等にお気をつけください☆(最後にちょっと予告あり) はコメントを受け付けていません。

ノゲシとオニノゲシ

ノゲシ、オニノゲシという二つの植物は、市内でもごくふつうに見られ、春から秋まで長く咲くキク科の植物です。名前も似ていますが、姿はそれ以上によく似ています。でも、春から夏にかけてであれば、見慣れてくると全体の色合いや雰囲気でもすぐにわかります。ところが、秋の終わり頃に咲いているものはちょっと迷います。先日もこんな美しい綿毛につられて写真を撮ったのですが・・

美しい綿毛

近づくと、隣同士に大きな株が二つ並んでいます。よく見たら、片方は明らかにオニノゲシです。葉の基部が丸く茎を抱き、縁の刺がとても鋭い特徴がわかります。

オニノゲシの特徴が出ている葉の付け根

しかし、もう一つの株は葉の基部が細長く伸びて茎を抱いているので、ノゲシの特徴です。でも、なんだか刺がしっかり長く、刺だけ見るとオニノゲシのようです。

ノゲシと思われる株の葉

全体的にちょっといかめしく、ノゲシとすんなりと言えない株でした。じつはノゲシとオニノゲシには「アイノゲシ」という雑種が知られていて、もしやそいつでは!?と思い、一部を切り取って博物館へ持ち帰り、種子を見てみました。こちらはオニノゲシの種子です。縦縞のみです。

オニノゲシの種子

こちらは問題の株の種子です。縦縞に細かい横縞が入る、ノゲシの種子の特徴が出ています。

ノゲシの特徴が出ている種子

アイノゲシは雑種なのでうまく実らないのも特徴なのですが、残念ながらこの株はしっかり実った種子がほとんどでした。
どんな花でも時期はずれに咲く株は、典型的な特徴ではないものが多く見られます。今回もそんな株にちょっと騙されてしまったようです。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | ノゲシとオニノゲシ はコメントを受け付けていません。

☆プラネタリウムほしぞらコンサート開催しました☆この後も冬のお楽しみ満載ですよ~!

12/16はプラネタリウムを会場に、プラネタリウムほしぞらコンサートを開催しました。

昨年度に引き続き開催されたプラネタリウムコンサート、観覧券は当日の開館と同時に販売開始、としたところ…

開館前には行列が!

観覧券は最終的には午後4時過ぎには満席となりました。ご来館いただいたのにご覧いただけなかったみなさん、ごめんなさい!

コンサートは妹尾美穂さんのオリジナル作品から、定番のクリスマスメドレー、「道化師のギャロップ」そしてアンコールには「情熱大陸」のテーマ曲など。

鍵盤ハーモニカを中心とした編成で、しっとりした演奏から元気いっぱいの演奏・・・観客を巻き込むエネルギーにドーム内も大いに沸きました。

プラネタリウムの満天の星のもと、ステキな時間を過ごすことができました。

出演者のみなさん、スタッフのみなさん、そしてご観覧のみなさま、本当にありがとうございました。

さて、今週末12/23からはいよいよ冬休み特別上映も始まります。

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996  「無断転載を禁止します」

また、12/23の午前には「しきさい」と「つばめ」の打ち上げパブリックビューイングも実施する予定です!(参加の方には記念品のプレゼントの予定も・・・ただし数量限定ですので希望の方はどうぞお早めにお越しくださいね)

冬休み、イベント盛りだくさんですね!

もちろん、開催中の学習資料展もおすすめですよ。

ぜひ博物館でみなさんの冬休み、お楽しみくださいね。

 

 

 

 

カテゴリー: おしらせ, 今日の博物館, 報告, 天文, 未分類 | ☆プラネタリウムほしぞらコンサート開催しました☆この後も冬のお楽しみ満載ですよ~! はコメントを受け付けていません。

なぜそこを歩くのか?

先日、相模原市緑区と愛川町、清川村にまたがる宮ヶ瀬ダム周辺で調査を行いました。
この付近は野生の哺乳類が多く、特にホンシュウジカとニホンザルは必ずと言って良いほど姿を見ることができます。ダム堤体下の橋を歩いていたら、こんなところにサルの足跡が・・

欄干に白くついたニホンザルの足跡

写真ではわかりにくいのですが、欄干の上を歩いたようです。しかしこの欄干、丸い円柱形で、しかもつるつるです。橋の下は10メートル以上ある川面・・「猿も木から落ちる」ということわざを出すまでもなく、木よりもっと歩きにくい、そして危険なところをなぜ歩くのか?不思議ですね。
少し後には、群れを見ました。こちらはだいぶお歳を召しているようです。

日なたぼっこをしながらお食事中

妙にポーズを決めている若者もいました。

反射板に手を置いてキメポーズ・・

こちらもガードレールの上を難なく歩いていたので、サルにとっては細いところを歩くのは別に難しいことじゃないのかもしれませんね。余計な心配をしたようです。

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | なぜそこを歩くのか? はコメントを受け付けていません。