越冬」タグアーカイブ

樹名板の裏のクモ

樹木の名前を表示した「樹名板」。冬にはこれをめくって裏側を見るのがちょっとした楽しみになります。 一面についている白いものは越冬中のクモが紡ぎだした糸。中にいるのは大抵フクログモの仲間やアリグモなどです。 薄いシートの下 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 樹名板の裏のクモ はコメントを受け付けていません。

春を待つシロカネイソウロウグモ

立春を過ぎたのを見計らったかのように、2月だというのに時々暖かい日があります。 この日(2月6日)もそういう日で、草木の間をよーく見ると、クモの糸が張り渡されているのがかすかに見えます。おそらく徘徊性の種が移動した後でし … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | 春を待つシロカネイソウロウグモ はコメントを受け付けていません。

樹名板の裏でみつけました

博物館での冬の生き物観察の定番、「樹名板めくり」。 大抵はこんなふうに白いふわふわしたものがついています。 この中にはアリグモやハエトリグモ、フクログモの仲間などが潜んでいて、寒さをしのいでいます。 今年目につくのはこの … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , , , , , | 樹名板の裏でみつけました はコメントを受け付けていません。

寒さに耐えるジョロウグモ

今年は暖冬と言われているようですが、昨日(12月11日)には急に冷え込んで、すっかり冬らしい寒さとなりました。 博物館周辺のジョロウグモもすっかり数が減りましたが、今朝はこんな様子が見られました。 昨晩からの雨に打たれて … 続きを読む

カテゴリー: 学芸員のひとりごと, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | 寒さに耐えるジョロウグモ はコメントを受け付けていません。