生きもの・地形・地質」カテゴリーアーカイブ

生きものミニサロン「真冬の木の枝に春の準備を見つけよう」を実施しました!

1月22日、毎月恒例の生きものミニサロンを実施しました。今回のテーマは「真冬の木の枝に春の準備を見つけよう」です。ズバリ、冬芽の観察です。 ただし、当館のまわりにはあまり大きな冬芽をつける樹木が無いので、ルーペを持っても … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | 生きものミニサロン「真冬の木の枝に春の準備を見つけよう」を実施しました! はコメントを受け付けていません。

博物館の今年のトップバッター

1月21日、翌日の「生きものミニサロン」の準備のために博物館前庭を歩いていたら、博物館の敷地内で今年最初の花を見つけました! ウグイスカグラです。毎年、真冬のこの時期から咲き始めるトップバッターで、春まで順番に少しずつ咲 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: | 博物館の今年のトップバッター はコメントを受け付けていません。

オシドリの銀杏羽

先月、水鳥の調査の様子をこのブログで紹介しました。1月17日にも、同じダム湖で調査を行いました。今回もオシドリがたくさんカウントされ、美しい姿に惚れ惚れしながら調査をしました。 オシドリは、特にオスが冬にきらびやかな姿に … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | オシドリの銀杏羽 はコメントを受け付けていません。

コナラの年輪

1月12日~13日のメンテナンス休館が明けて、14日から通常開館しています。 休館中は、駐輪場内のコナラとクヌギがナラ枯れ病(正式には、ブナ科樹木萎凋病:ぶなかじゅもくいちょうびょう)にかかってしまったために伐採作業が行 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | コナラの年輪 はコメントを受け付けていません。

冬の里山でバードウォッチング

1月9日、市内南区の国指定史跡「勝坂(かっさか)遺跡公園」で、「勝坂を学ぼう!冬の里山でバードウォッチング」(相模原市教育委員会文化財保護課主催)を実施しました。 お天気に恵まれて、穏やかな真冬の勝坂では、たくさんの冬の … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 冬の里山でバードウォッチング はコメントを受け付けていません。

食物連鎖

1月8日午前、博物館お隣の樹林地に設置してあるセンサーカメラのメンテナンスをしていたら、地面スレスレをタカが飛び去り、少し離れた場所の枝にとまりました。 ハイタカです。下面(胸から腹にかけて)の淡い朱色の横斑が美しいオス … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 食物連鎖 はコメントを受け付けていません。

雪の朝

1月7日、前日に降った雪が朝まで残り、博物館周辺も美しい雪景色になりました。 ミズキの冬芽も雪をまとって冷たそうですが、しっかりとカプセルに包まれているため、春の芽吹きには支障が無さそうです。 博物館の裏手の通路で、雪の … 続きを読む

カテゴリー: オカイコサマ, 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 雪の朝 はコメントを受け付けていません。

エナガとリュウキュウサンショウクイ

12月26日、本日が相模原市立博物館の年内最終開館日です(12月27日から年末年始休館となります)。新年は1月4日から開館します。 さて、博物館お隣の樹林地では、今日もエナガの群がせわしなく飛び回っていました。 チュリリ … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , | エナガとリュウキュウサンショウクイ はコメントを受け付けていません。

真冬の水鳥調査

真冬の快晴のお天気となった12月23日、緑区のダム湖で水鳥の調査を行いました。 今年はオシドリがとてもたくさん越冬しています。 100羽から200羽ほどの群れが、ダム湖内の入江にいくつも入っていて、1000羽を超えるオシ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 真冬の水鳥調査 はコメントを受け付けていません。

初“霜柱”

12月19日の朝は、相模原もこの冬一番の寒さとなりました。駐車場やお隣の樹林地には、この冬初めての霜柱が立ちました。 水たまりには氷が張りました。 じつは前日の12月18日の朝もうっすら張っていましたが、今朝は厚さ2ミリ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 初“霜柱” はコメントを受け付けていません。