月別アーカイブ: 2019年7月

蝿毒草

生物学では、種名は通常カタカナで表記します。漢字の方が意味が分かりやすいし読みやすい、とも言われますが、漢字には複数の読み方があり混乱しやすいことと、読みが先で漢字は後から充てたものがほとんどなので、漢字の表記そのものが … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 蝿毒草 はコメントを受け付けていません。

セミはあまりいなかったけど・・生きものミニサロン実施しました!

7月27日、生きものミニサロン「セミの抜け殻、見つかるかな?」を実施しました。 今年はセミの発生がとても遅く、博物館の周りではやっとニイニイゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシが鳴き始めました。ニイニイゼミの声のする中、参加者全 … 続きを読む

カテゴリー: 今日の博物館, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | セミはあまりいなかったけど・・生きものミニサロン実施しました! はコメントを受け付けていません。

真夏の植物調査

7月25日、博物館を拠点に活動するボランティアグループである相模原植物調査会のみなさんと、緑区の陣馬山へ植物調査に行きました。天気図の上ではもう梅雨が明けた状態なので、猛暑を覚悟して山道を登りました。 風が吹くと気持ち良 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 真夏の植物調査 はコメントを受け付けていません。

今週末は生きものミニサロン!セミの抜け殻、見つかるかな?

今週土曜日(7月27日)は、毎月第四土曜日恒例の生きものミニサロンを実施します。 今回のテーマは、「セミの抜け殻、見つかるかな?」と題して、みんなでセミの抜け殻探しをします。 「え?そんなの簡単すぎない?」という声が聞こ … 続きを読む

カテゴリー: おしらせ, 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | 今週末は生きものミニサロン!セミの抜け殻、見つかるかな? はコメントを受け付けていません。

コガタコガネグモの「X」

円網(えんもう)を張るクモの中には、網に「隠れ帯」または「白帯(はくたい)」と呼ばれる装飾をつけるものがいます。コガネグモ類はその代表格ですが、今朝、コガタコガネグモがあまりにも見事な隠れ帯をつけているのを見かけて、思わ … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , , | コガタコガネグモの「X」 はコメントを受け付けていません。

一人たたずむ白いモジャモジャ

午後から強い日差しが照りつける7月23日。天気図を見ると、関東地方は一両日中に梅雨明けが発表されそうです。 さて、お隣の樹林地の柵の上に、白いものがぽつんとたたずんでいました。 一見、虫には見えないのですが、よーく見ると … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , | 一人たたずむ白いモジャモジャ はコメントを受け付けていません。

イオウイロハシリグモ

写真は、イオウイロハシリグモのオス。 水田や林の周辺で見かける、体長20-30mm程度の比較的大型で徘徊性のクモです。 博物館周辺で見かけるのは初めてですが、先日、脱皮殻を見つけたのがこの辺り。 オスだというのも一致して … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , , | イオウイロハシリグモ はコメントを受け付けていません。

吉野宿ふじや「藤野ー相模川と人々の暮らし展」

博物館の所管施設 吉野宿ふじやでは、7月20日(土)から8月25日(日)まで「藤野ー相模川と人々の暮らし展」を開催します。 展示の様子を少しだけ紹介します。         相模湖 … 続きを読む

カテゴリー: 吉野宿ふじや | タグ: , | 吉野宿ふじや「藤野ー相模川と人々の暮らし展」 はコメントを受け付けていません。

ヤマユリ開花

博物館の前庭で今、ヤマユリが開花しています。今年は花が少ないのでちょっと目立たないのですが、それでも15センチ以上もある大きな花は圧巻です。 ところで、博物館のように平らなところで咲いていると花が大きすぎて茎が支えきれず … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | ヤマユリ開花 はコメントを受け付けていません。

フェンス際の劇場

博物館周辺の樹林地はフェンスで囲われています。当然、樹林の切れ目にあるので、陽当たりが林内よりも良いのです。そこではびこるのが、つる植物。 歩道の安全確保のために、遠からず抜き取られる運命にあるはずですが、とりあえず威勢 … 続きを読む

カテゴリー: 生きもの・地形・地質 | タグ: , , | フェンス際の劇場 はコメントを受け付けていません。